カテゴリ:●日々の生活( 259 )

漆の力・金継ぎ2

その他の金継ぎ

フッチェンロイターの小皿に絵付けしたもの
真二つに割れましたが
漆と金で修復

f0229759_00503088.jpg


イギリスのMason's のアンティーク壺
これは表面の釉薬に貫入が入ってしまい
釉がはがれたりひびが入ったりしています
漆と金で修復


f0229759_01241004.jpg



又 焼成温度が低いので生地の焼き締めが足りず
壺の底の釉の隙間から水が漏れていました
これは漆を染み込ませただけで水漏れが止まります


f0229759_00501859.jpg


こちらは自作のピッチャーですが
ハンドルが3つに割れてしまいました

これは和紙に漆を染み込ませてバンドエイドのように
巻き付けることで修復しました

和紙の繊維と相まって強度はかなりのものです


f0229759_00502574.jpg


漆パワーもさることながら
昔の人がこの漆の力を知っていて利用し
かつまた芸術として楽しんでいたことに
驚きます

今 外国人にも大人気の金継ぎ
…もっと割れたもの無いかしらん?



*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓




[PR]
by Art-de-vivre | 2018-10-06 01:21 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(0)

金継ぎ・日々是好日

黒天目茶碗を割ってしまい
大好きなお抹茶が頂けなくなりました

勿論国宝級!(うそうそ)


f0229759_15205484.jpg

そこで金継ぎを行いました
(正確にはこの天目茶碗には銀を使いました)

金継ぎは日本伝統の陶磁器修復術です



f0229759_15222422.jpg


植物の漆の木から採れる樹液
その漆液を使い 割れたものを接着し
最終的には継ぎ目に金を施し
その景色を楽しむというオツなものです


f0229759_15210269.jpg

アロンアルファーなどは及びもしない
強力な接着力

しかしながらその工程は複雑です

湿気がないと固まらないので
ムロに入れながら
15工程ほどでやっと仕上がります



f0229759_15210503.jpg

漆は漆の木を傷つけた時に
傷を治そうとして出るほんの僅かな樹液です

人間で言えば白血球のようなもの
だから特別なパワーがあるのです

治したもので再びお茶が飲めます


f0229759_15221526.jpg


そして今日は樹木希林さんのお葬式でした
最後の映画となった「日々是好日」→★」
お茶の世界を描いたものです
樹木さんがお亡くなりになったということで
1週間繰り上げ上映となりました
10月6日より各地の映画館にて上映です


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓



[PR]
by Art-de-vivre | 2018-10-01 15:53 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(1)
野口さんから購入した
昔のトマトの品種「世界一」と
食用ほおずきの種が届きました~


f0229759_23222707.jpg


昔 私が小さかった頃トマトは美味しいおやつでした

学校から帰って冷蔵庫を開け
良く冷えた赤いトマトを取り出して
塩をかかけて食べるのが日課でした

トマトの中の種の周りのゼリー状の液を
じゅるじゅるすすり
果肉は柔らかくサクサクしており
 とても美味しかったのです

しかし時代は代わり もはやあの頃のような
いびつな完熟のトマトが出回ることは無くなりました

畑で自分で育てればよいのだとやってみましたが
それでも二度とあのようなトマトを
口にすることはできませんでした
何故なら世の中に出回っているトマトの
品種そのものが変わってしまっていたのです

作物の種はもはや農家が管理するものではなく
F1という不稔で優秀な種を
種苗業者から毎年買う時代になり
輸送に耐え ほどよい大きさで形の整った品種が
栽培されるようになりました

昔の品種の種はもう何処にも無いのです!

何時の間にか誰かに生活を
コントロールされている気がして
恐ろしい話だわ~と一人背筋を凍らせていたところ
発見したのがこの野口さんの種→★ でした

この方は唯一昔のトマトの種を販売している方なのです

政府さえも農家さえもやってくれていない種の保存

勿論考えてみれば昔のトマトも
原種から長きに渡る品種改良でできたものであって

たまたま昭和時代はその品種がブームだった
ということにすぎませんから
保存すべきは原種であって
昭和のトマトではないのかもしれません。。。

ですが昭和のおばさんとしては
野口さんのような人がいてくれて本当に助かりました

来年は子供の頃に戻ってじゅるじゅると
トマトの汁をすすれる夏が来るのでしょうか?

そして
9月12日のテレビ東京ワールドビジネスサテライトにて
この野口さんの事が紹介されるそうです~
どんな風に紹介されるのか楽しみです!


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓


[PR]
by Art-de-vivre | 2018-09-12 00:20 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(0)

山ガールデビュー

この年になって
ついに山ガールデビュー!!

f0229759_02264965.jpg

登山靴を買い
ストックを買い
リュックにおやつや水筒を詰め
カメラも置いてはいけません


f0229759_02270870.jpg

そうして上ったのはあの「谷川岳」

一番死者が多いという事で
ギネスに登録されている山です

そんな山にこの筆しか握ったことがない私が登って大丈夫なのか?
しかし夫は「大丈夫 初心者コースだし 5時間ぐらいだから」と簡単そうに言う

ロープーウェイで途中まで登り
そこから登る初心者コース
・・・のはずが
登ってみて驚いた
どこが初心者コース???
岩をよじ登るハイレベルの登りが延々と続く

ロープや鎖を頼りに自分の体を引き上げながらよじ登る感じ
ストックなんて使うところなし

おまけに地獄の暑さ
汗が滝のように流れます

運動不足は自覚していたものの
まだまだ山ぐらい軽く登れるつもりでいたのですが
やはり本格的な山登りはレベルが違っていました

登り慣れた60歳代や70歳代と思しき年配に
追い越される事たびたび


f0229759_02202061.jpg

何とか岩山を克服し森林限界に達し
後は尾根を行くだけとなった時
向こうから黒雲が押し寄せてきました
その日は雷注意報が出ていたのです

これには怖がりの夫のほうが根を上げて
しかも私の余りの歩みの遅さに
帰路が心配になったのでしょう
登頂は簡単にあきらめて一目散に山を降りました

しかし下山は楽かと思いきや
登るのが大変だった岩場は降りるのはもっと大変!

へとへとになって おしまいには
「もう山なんて二度と来るものかーーーっ!」
とまで叫ぶおばさんと化してました

やはり山ガールぶりっ子は無理という事で。。。


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓


[PR]
by Art-de-vivre | 2018-08-26 02:31 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(0)

夏の高原の花屋さん



f0229759_14132041.jpg




八ヶ岳のお友達の別荘の帰りに寄ったお花屋さん




f0229759_00262010.jpg

夏がすごく似合うお店でした



f0229759_00263574.jpg

ところで 西日本の豪雨被害から1か月
まだまだ助けが必要に思います。
少しでもできることがあれば協力したいものです。

宜しくお願いいたします。


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓








[PR]
by Art-de-vivre | 2018-08-10 14:14 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(0)

植物の形には意味がある

今読んでいる本


f0229759_14143862.jpg



「植物の形には意味がある」
植物の事を知れば知るほど
不思議な探求心が生まれます


ところで 西日本の豪雨被害から1か月
まだまだ助けが必要に思います。
少しでもできることがあれば協力したいものです。

宜しくお願いいたします。


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓





[PR]
by Art-de-vivre | 2018-08-06 14:26 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(0)

絵具作り



f0229759_00100162.jpg


透明水彩絵の具は自分で作れます

クサカベさんでは
ワークショップにて実際に絵具を作らせてくれます

顔料とメディウムを足して

f0229759_23511039.jpg


板の上でガラスで擂る
結構力仕事~

すりすり~~すること数十分
でき上がったらチューブのお尻からたらっし入れます


f0229759_00383929.jpg



それから万力のような機械に挟み込んで
3回ほど折ると
出来上がりです



f0229759_00283947.jpg


同じ顔料に何を混ぜるかで
様々な絵の具が出来上がります


f0229759_23525018.jpg



クサカベさんの絵の具は
中間色が日本的な色だなと思います
とても綺麗です


f0229759_00161666.jpg



ラウニーというイギリスのメーカーの紙ラングトン紙の
輸入代理も行っているため
初めてラングトン紙も買ってみました

使い心地はまたご報告します~


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓





[PR]
by Art-de-vivre | 2018-08-04 00:33 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(0)

絵の具メーカー見学&WS

日本の絵の具メーカーさんの中で
唯一関東にあるのがクサカベさんです

工場見学と絵の具を自分で作るワークショップに行ってきました

夏休みはお客さんが一杯なのですが
通常は結構空いていて
私が行った時もお客様は2人だけでした

f0229759_16121252.jpg

写真は絵の具を入れる前の
チューブの筒です

水彩絵の具は主に
①顔料
②体質絵具
③アラビアゴム
の3つで出来ています

これはアラビアゴム
水に溶けます


f0229759_16561886.jpg

体質絵の具は量を増すものですが
炭酸カルシウムなどが使われます



f0229759_16543123.jpg
それらの材料を合わせて攪拌します


f0229759_16122720.jpg



もっと滑らかにするために
3本ロールミルと言う機械で
練ります




f0229759_16123186.jpg


出来た絵の具は数週間寝かせてから
チューブに詰めてシールを貼って出荷

何と人が高い所から手で絵の具を入れるのね~
下の機械がチューブのお尻から絵具を詰めています

お尻部分は折りたたまれて充填終わり

この後手作業でシールを貼ります


f0229759_16361469.jpg


品質検査も緻密に行います

この後は自分で絵の具を作り
チューブに入れるワークショップに参加しました
(続く)



*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓

[PR]
by Art-de-vivre | 2018-07-27 17:09 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(0)

ロイヤルベイビー?

娘がベイビーを出産しました

f0229759_17075522.jpg


勿論
可愛いモデルになってもらって
お写真を撮りまくりたい私!!

早速洋服を買いに走りまして

ゲットしたのは
このビクトリア調のドレス~~~



f0229759_17074378.jpg


しかし生まれたのは純和風顔の男の子~~~

驚いたことに 着せてみたら全く似合わず('◇')ゞ
 
しかもフリルがチクチクするのか 嫌がって大泣き!!!(爆笑)

「自分本位のイメージで遊ばないで!」

と娘におしかりを受け

確かにロイヤルウェディングの見過ぎだったかしら?💦

と反省…


今メルカリのやり方研究中です


f0229759_17080206.jpg



*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓

[PR]
by Art-de-vivre | 2018-06-19 00:16 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(2)

カッコウの鳴く朝に

ここ数年の事ですが

初夏になると近所の森に

カッコウの鳴く声が響き渡るようになりました


f0229759_14455972.jpg


まるで軽井沢の別荘に居るような気分に

させてくれるので

毎年この季節に期待するようになりました

今年も鳴いてくれるかなー?

f0229759_14461174.jpg


すると気持ちの良い天気のある朝

「カッコウ~♫カッコウ~♫」と鳴きはじめまして

やった!!今年も来た~💕

と大いに喜んで嬉しい気分でゴミ出しに行くと 

犬の散歩をする見知らぬマダムとすれ違いました


f0229759_14463038.jpg


するとその方がすれ違いざまに満面の笑みを浮かべて

私にこう言いました

「さっきウグイスが鳴いてましたよね!♪」

「そ、そうですね!」驚いて咄嗟に返した私

その直後

え?ウグイス???それ、カッコウでしょう!!

と気付きました・・・


鳥だけにトリ違えた?


ま、いっか~

この町に自分以外にカッコウの到来を

喜んでいる人がいたなんて

それだけで嬉しい~

*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓




[PR]
by Art-de-vivre | 2018-06-12 12:13 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(2)

藤井紀子のブログ。爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre