今年もアーティチョーク

今年もアーティチョークの花が咲きました
苞を入れると直径20センチ

f0229759_17362432.jpg


もはや描く事はあきらめて
観察するためと
食べるために育てているようなもの

花糸の真ん中付近で白い粉を吹いたようになり
この後下部が膨らんで花糸のなものが出てくる
最終的に秋になると
秋には巨大なタンポポの綿毛のようなタネが出来ます

f0229759_17362859.jpg
今年はつぼみを食べました
蕾上部を三分の一ほどカットしてゆがきます

その後 苞の部分を一枚一枚剥がして
付け根の白い僅かな部分を食べ
残りの茎中心部の白い所を食べます

私はホクホクとして美味しいと思いますが

あまりにも食べれる部分が少ないので
家族には大変不評です


f0229759_00514632.jpg

ヨーロッパでなぜあんなに人気なのか
分かりませんが
日本のタケノコ同様季節の味なのでしょうね



*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓

[PR]
トラックバックURL : https://botaniqart.exblog.jp/tb/29896765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Art-de-vivre | 2018-06-26 00:53 | ●季節のお花 | Trackback | Comments(0)

藤井紀子のブログ。爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre