人気ブログランキング |

JWS展覧会終了


f0229759_12165456.jpg




皆さま昨日無事にJWS日本透明水彩会が終了いたしました

会期中ご多忙にもかかわらず
足をお運びいただきまして
誠にありがとうございました!

在廊していたにもかかわらず
お会いできなかった方もいらして
申し訳ありませんでした

皆さんこのつたないブログを
いつも見ていますとおっしゃっていただいて
励みになりました
本当に感謝しております

気が付くと
野放しの庭に宿根草や
植えっぱなしのチューリップが花を咲かせ
薔薇の蕾が今にも咲きそうになっています

来年こそはちゃんと庭を手入れして花を咲かせたいと思いながら
いつも春はジタバタしています(笑)




*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ



# by Art-de-vivre | 2019-04-24 11:33 | ●レッスンと展覧会のお知らせ | Trackback | Comments(0)
水曜日から日本透明水彩会が始まりました~

毎日大勢のお客さんで会場は一杯です

遠方からも沢山お越しいただいております

有難い事でございます


f0229759_02025158.jpg


今年から始まった小作品のコーナー

f0229759_02024407.jpg


会場は水彩マニアで凄い熱気
楽しいですね

筆などの道具も沢山売られているので
ゲットしてください
f0229759_02023830.jpg


ボタニカルとはうってかわった
私の作品

f0229759_02021903.jpg

なぐり描き??



f0229759_02021007.jpg


23日までです

21日日曜日も午前中は在廊予定です




*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ





# by Art-de-vivre | 2019-04-19 02:09 | ●レッスンと展覧会のお知らせ | Trackback | Comments(0)
いよいよ本日17日水曜日から
日本透明水彩会が始まります。

4月17日(水)~23日(火)
AM:9:00~PM:9:00
東京丸の内北口 丸善本店4階ギャラリー


f0229759_00034429.jpg



今回の新しい試みは
各先生の小作品がとても手ごろな値段で即売されることです

私は小さな小さな作品ですが
「ローサ・フラゴナール」
を販売します

早いもの勝ちだそうです

宜しくどうぞ



f0229759_00114877.jpg




f0229759_00113913.jpg



明日午前と18日在廊



*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ





# by Art-de-vivre | 2019-04-17 00:13 | ●花と風景の水彩画 | Trackback | Comments(0)
そうだ京都行こう!
の続きは京都駅南側
 九条あたりの東寺です

私は学生時代このすぐ近くに住んでいたのですが
その当時はとても地味なお寺といった印象でした

だからこんなにドラマチックな東寺を見て
驚き!


f0229759_12390893.jpg



手前の信号を渡る前突然見えてくる
黄金色に輝く塔に圧倒されます


f0229759_14201631.jpg


京都という町は本当にすごい!
これが日常の風景なのだから~

寒かったけれど
五重の塔と🌸のライトアップ
なんという幻想のコラボ!



f0229759_01535818.jpg





これぞ日本の美であり
現代の演出と言えますね




f0229759_12392175.jpg



昔の人に見せてあげたかったです


そして次の日は
吉野の桜を見に行きました

こちらは下千本と中千本・上千本といって
麓から山の上まで咲きあががって行く様を
楽しむのですが
今年は例年より遅くて
まだ下千本も満開とは言い難い


f0229759_14221157.jpg


たまたま超早朝に行ったので
静かでとても風情があって良い感じでしたが

昼頃には観光客でごった返しておりました

山桜は花は地味ですし
葉っぱがすぐに出てくるので
またその楚々とした風情がたまりませんね



f0229759_14450673.jpg


ヤドリ木も沢山
一度で良いから木に登って
ゲットしてみたい


f0229759_14444594.jpg




傾斜地ですので
上から人のお弁当を覗いたりして…(笑)



f0229759_14224125.jpg


赤い折箱の弁当箱と桜が合いますね!!



*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ








# by Art-de-vivre | 2019-04-14 14:47 | ●旅 | Trackback | Comments(2)
そうだ!京都行こう!
まだ行っていない桜の名所を訪ねようと
京都・奈良を訪問することになりました

いつものように飛行機から
雪の富士山を拝みます

f0229759_11205264.jpg

行きたかったのは京都・醍醐寺
ちょっと中心部から離れたところにあるので
行ったことがありませんでした

f0229759_11212171.jpg



桜で有名ですがどんなところか?

行ってみると境内がとても広くて
様々な建物が散在しており


f0229759_11210844.jpg



ソメイヨシノは殆ど無く
枝垂れ桜がとてもたくさんあるところでした



f0229759_11213189.jpg


だから雅というか何というか
細く垂れた枝の🌸が
風にそよいでとても優雅


f0229759_00103648.jpg

まるで平安時代にタイムトリップしたかのようです

敷地が広大だし
人でごった返すということもなく
ゆったりと桜景色を眺めることができました

スイーツはもちろん
赤い毛氈の上で♪



f0229759_00102972.jpg




その後この日桜が満開なのは高台寺という情報を得て
京都 東山へ
高台寺の桜を眺めた後


f0229759_00122732.jpg



風情ある二寧坂から観光客でごったがえす三寧坂へと向かいます

この辺は着物レンタル流行で
若者は皆着物を着てそぞろ歩いてくれているので
さらに風情が醸し出されています


f0229759_00123386.jpg

古い町屋が並ぶ石堀小路



f0229759_00123929.jpg



行ったことが無かった
「三年坂美術館」に足を運んでみました



f0229759_00134130.jpg

こちらは超絶技巧の七宝や焼き物が並ぶ
小さいけれど有名な美術館で
コレクションがよくテレビに登場します

とても小さな蓋物に千個以上の蝶々が描かれているものなどは
拡大鏡が備え付けられていますが

それプラス ルーペを貸し出してくれて
各々皆さんルーペ片手に「ひえーーっ す、凄い!」
と感嘆しながら見て回ります

昔はルーペも照明もなかったはずなのに
どうやって描いたのでしょうねえ・・・
近眼の人ならできるのかな?
・・・と遠視の私は思う

そして夜は東寺のライトアップ
翌日は吉野の🌸見物に向かいました
(続く)




*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ






# by Art-de-vivre | 2019-04-12 00:40 | ●旅 | Trackback | Comments(0)
f0229759_20451088.jpg



桜満開の季節となりました

この季節にとてもお勧めの美術館が
小江戸川越にあります

それは「ヤオコー川越美術館」
ん?ヤオコー??
あのスーパーの?

そうなんですよね
ヤオコーの社長の自身のコレクションを
展示した美術館なのです

作品は全て 三栖右嗣(みす ゆうじ)
(1927~2010東京藝大卒)の油絵作品です

一般には名前はあまり知られていませんが
その作品は見事としか言いようがない素敵なものです!




f0229759_21154512.jpg


中でもしだれ桜の連作は圧巻!!
これは500号の大作


f0229759_20442044.jpg



1972年にはあのアンドリュー・ワイエスを訪ねて
アメリカを訪問している三栖氏

だから何処となく世界感がワイエスと似ている気がします
引き込まれる描写
空間と奥行きの広がりが
迫り来るのです



f0229759_20451862.jpg



私も昔から枝垂桜が大好きでした
そしてライラック
薔薇。。。

三栖氏の描く絵には花や自然が多いのですが
どれも私の好きな花ばかりで~
そして描き方がまた素敵

水彩では描きにくい花のモチーフ
やはり油絵の方が白い絵の具を上塗りできるから良いなあ~
少し羨ましく思いました

素敵な作品集やポストカードを買い込んで
美術館を出ると


f0229759_20453647.jpg


建物建築は伊東豊雄
外回りの樹木はマップで案内されており
ちゃんと木の名前が書かれていました
こういうの嬉しい



f0229759_20452442.jpg



建物のすぐ近くにはこんな桜の疎水があって



f0229759_20443917.jpg


船頭さんが漕ぐ船も行きかっており
小江戸川越らしいのどかーな風情


f0229759_20445591.jpg


すぐ傍にある氷川神社では
こんなかわいらしい「一年安鯛」という
鯛の形のおみくじが
引ける…じゃなくて…釣れます179.png179.png179.png



f0229759_20454113.jpg

*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ






# by Art-de-vivre | 2019-04-02 20:58 | ●旅 | Trackback | Comments(0)

第9回日本透明水彩会

毎年4月の東京丸善にて行われる
JWS水彩画展覧会





f0229759_23353857.jpg


30名の精鋭水彩画家達が
2点ずつの作品を出品します



f0229759_23355951.jpg


第9回日本透明水彩会
4月17日(水)~4月23日(火)
AM9:00 ~PM9:00
丸善 丸の内本店4階ギャラリー

今年はあまり風景を描かなかったので
花を出そうかと思います

今 額装奮闘中です

また今回は新しい試みとして
小作品の展示販売も行われます

こちらには薔薇の水彩画を出そうと思っておりますが
これは即売ですので
皆さま早い者勝ちです

しかも額付きたったの2万円~
殆どの作家さんが出しますので
競争ですね!


f0229759_23282906.jpg
f0229759_23281299.jpg
是非お出かけください


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ








# by Art-de-vivre | 2019-03-28 23:41 | ●花と風景の水彩画 | Trackback | Comments(0)

水彩画 薔薇

桜はもうちょっとですね

その間に水彩画の整理と作製

少し前に描いた薔薇です



f0229759_11593059.jpg


4月のIWSの出品作品を決めなくてはいけません



*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ

# by Art-de-vivre | 2019-03-21 12:03 | ●花と風景の水彩画 | Trackback | Comments(0)
ハードディスクアクシデント発生💦
PC+で撮った写真はハードディスクに早々に移動しており
SDカードのは消去してしまっていました!!

よって会場で撮った全ての写真が消えてしまいました(涙)

たまたまフォトショで補正しようとしていた2枚と
スマホに残っていた1枚の写真だけ残りました


f0229759_23450945.jpg

まあ今回物撮りは全くしていない
会場写真ばかりでしたから
写真無くても話はできますのでご勘弁を!

さてさて新作カメラの話の続きです

このPC+では各カメラメーカーごとにブースがあって
新作カメラを中心にレンズやアクセサリー類まで展示され
同時にフォトグラファー達がデモンストレーションなどを行っています

ですが新作カメラを触りたい人は
列に並んで順番を待たなくてはなりません



f0229759_23490661.jpg

今年は女子の姿がまばらでした
列に並んでいるのはほぼ男子のみ!
おじさんに挟まれながら並びます

各メーカー担当者の熱のこもった解説を聞きたいし
その方がスペック読むだけよりよく分かります

さて取りあえず
ソニーさんから見てみます


f0229759_23133685.jpg

ソニーの新作発表カメラは
APS-Cの α6400です
後はαα7RⅢのグレードアップ

APSーCというのは
センサーのサイズがフルサイズに比べて
少し小さいカメラの事です

α6400はただでさえセンサーサイズ小さいのに
ミラーレスなので本当に小さいのですよ

昔のコンデジが少し大きくなたくらいの大きさです
付けるレンズによってイメージは全く変わりますが。。。。。

入門クラスのエンドユーザーにとっては
このAPSーCサイズは実寸も価格も
とってもお手頃なので注目です

今年各社で大流行している機能は
瞳AFです
人物撮る時に大変なのが
動き回る人の目にフォーカスを追い続ける事なんですが
それを追従してくれるわけです

そして動画のリアルタイムトラッキングもすごい!
オートフォーカスもめちゃくちゃ早い~
チルトレンズで自撮りもできるということでしたが
それは今どき当前なんじゃないのかなあ~?
むしろバリアングルにしてほしかった(笑)

価格は本体のみですと10万円程度
本体重さも軽いです
今後専用レンズも沢山作られるのだそうで楽しみですが
マウントアダプターで従来のEマウントレンズも使えます

その他気になったのが
コンデジのRx100 Ⅵ
このカメラ20~200ミリと望遠域をカバーして
F2,8~4,5ととっても明るいレンズなのです!!!
C-mosセンサーですが
コンデジなのに一眼に近い感じがします

持っていたSDカードを入れて
写真を撮らせてくれました~
(一番上の花の写真)

これは他のメーカーさんではやらせてもらえなかった事
ソニーさん太っ腹~

ライティングは最悪ですがこんな感じに撮れます
ボケ感も悪くない~
は価格も10万円近くになり高いのですが
まあレンズは買わなくて良いのだから悪くないかも

このシリーズの28-70ミリなら
もっと価格も安くてレンズもF1,8~2,8と明るくなるから
そちらも気になります

さて、そうこうするうちに
時間も無くなってキャノンのブースに移動

私はゾニーのカメラを持っていますが
ずっと使っているのはキャノンですので
やはり期待は大きい

今年発売はEOS RP 
フルサイズミラーレスカメラです

これは昨年発売されたキャノン初のフルサイズミラーレス
EOSRの下位機種に当たります

これは私のような

えーーーぞこまで画素数要ります?
えーそんなに連写するんですかぁ?
ISO感度そんなに要りますかねエ?夜は撮影なんかしません~

という めちゃめちゃハイなスペック求めない人向き
つまりフルサイズミラーレスは欲しいものの
そこまでスーパープロ仕様は必要ありませんという
エントリーユーザーがターゲットというわけなのです~

じゃあ私向きだわーっ 嬉しいってなるかというと
それが不思議なことにならない。。。

何故だろう?
たまたま説明してくれた担当者があまり
情熱的ではなかったというのもあったのですが

ソニーに遅れを取ってEOS-Rを発売してからのキャノンは
今回のRPといい
EOSーMシリーズとEOSKissーMといい
なんだか紛らわしくて共食いしている感じがするのです

全然ぴんと来ないなあ💦

ロースペックという割に女子にはターゲットを全く絞っていないから
デザインや色もいまいち⤵

まあでもEOSKssMのほうは人気だと思います
新エンジン搭載 バリアングルで4K動画撮れます
連写10コマですし
かろうじて女子もターゲットに入っているから
小さいミラーレスのボディーが一番しっくりくる

でもキャノンさんはきっとこの後オリンピックまでに
フラッグシップとなるフルサイズミラーレス一眼の
すごいのを出してくることでしょう~

そして大変なことは 
世の中全てがミラーレスに移行するので
いちいちその機種に対応する
マウントレンズを作り出そうとしている事

レンズの種類が増えまくりますし
欲しいレンズが無ければマウント対応しなくてはなりません~

最後は殆ど時間切れでしたが
慌ててもう一社と列に並んだのが
パナソニックです

今回初めてミラーレスフルサイズ一眼出しました!!
LUMIX S!R と LUMIX S!

ゾニーと同じく電子工学得意そうなのに
何故フルサイズの開発遅れたのかは謎ですが

出したカメラはとっても素敵でした
ボディーはあえて小さくしていないので
つけたレンズとの全体のバランスがとっても良いのです
あえて深くしたグリップもすごく握リ易い

ソニーのα7シリーズなどはレンズが大きいと
レンズにカメラがくっついているようで
カメラ本体とのバランスが悪すぎて変なのです

そして度肝を抜く画素数4730万画素!!!

画像の精細さに自信がありますと熱のこもった解説に
社員の自信と熱意を感じ好感が持てましたけど。。。

例えば砂漠を撮影するとすると
砂が一粒一粒しっかり写るのだそうです

凄いですねえ――と思うものの
女子はあまり興味がない。。。
どうして男子は精細に撮りたがるのでしょうか???

私などどこにもピントが合っていない写真とか
結構好きなんですけれどね~(笑)

ああそういうことではありませんね~失礼

でも
ソニーのことは意識せず我が道を行くコンセプトには感動!!
私には使いこなせないけれど
きっとプロ中のプロが喜ぶカメラだと思いました

さて

ニコンのZ7やFUIFILMも見たかったのですが
私がカメラもレンズも持っていないメーカーさんは
時間の都合で省略させていtだきましたー


カメラは大人のおもちゃだと思います
次から次へと新しいのが出て欲しくなる

今年各社のミラーレスが出揃って記念すべき年となりました
これからしのぎを削ることになります

でも 私はやっぱり昔のカメラが好きだなあ~
デジタル化され精細さが高まれば高まるほど
写真から風情というものが消えていく気がするのですよね~


*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ


# by Art-de-vivre | 2019-03-15 00:20 | ●カメラの話 | Trackback | Comments(2)

カメラの話/CP+



今年もCP+というカメラの大展示会in横浜パシフィコ
今年もCP+というカメラの大展示会in横浜パシフィコ
が開催されました


私もほぼ毎年行っていますが
今年は7万人越えの最高入場者数を誇ったそうです

多分理由は 今年が結構重要な年だから~

オリンピック前に各社のフルサイズミラーレス一眼が
出揃ったのです


とうとう新作カメラはレフ板のカメラから
ミラーレスカメラにすっかり入れ替わった~
新たな時代の幕開けです


f0229759_01095369.jpg


そこで 今回は珍しくカメラの話を詳しく。。。


昔私が写真を始めた時 すでに世の中は
デジタル化されておりまして
デジタル一眼レフカメラを使っていました

その後ミラーレスカメラとういものが出て
カメラはどんどん軽量コンパクト化されていきました


その後初めてミラーレス一眼が
パナソニックやオリンパスから発売され
ミラーレス一眼の時代に突入しました

今から約10年ほど前の話です


この頃どんなカメラを買ったらよいのかと
お友達からよく聞かれました

やはり問題は レンズ交換できるとはいえ
そのレンズのバリエーションがとても少なく
私としては素敵な写真撮りたいなら
明るい短焦点レンズが使える普通の一眼レフのAPSーCなど
軽めのものをお勧めしていました


ところが皆さんいざカメラ屋さんに行ってみると
必ず店員さんに上手く丸め込まれて
LUMIXやNEX などを買わされていました

綺麗に撮れて ハンドバッグに入りますよ~
しかも一眼ですよ~と言われれば
知識も無く撮りたい写真のイメージもはっきりとしていない女子は
言いなりになってミラーレスを買ってしまうのだな~
とちょっと残念だったのですが致し方ありませんでした


初めてミラーレスのフルサイズ一眼を発売したのはソニーでした
これは衝撃的でした

フルサイズカメラは欲しい あるいは持っているが

重くて大きいのは嫌~な人が皆買いましたとも!!
ただ当時ソニーのミラーレス一眼は
レンズのバリエ―ションはとても少なくて
お話になりませんでした

だから結局本体は買ったもののレンズ待ち状態でした

ですがそれから数年経って
今やソニーのレンズのバリエーションは
40数種にも及びます

しかも2016年 G masterシリーズという
高品質レンズラインナップ9種を打ち上げ

フルサイズミラーレス本体を購入していた人々の
更なるレンズ投資を得ることになります



そしてその後訪れたのがスマホでインスタの時代です

難しい絞りだのシャッタースピードだのが理解できず
解像度なんて気にしないエンドユーザ―にとっては
スマホは十分すぎるほど十分です

何しろほぼシャッター押すだけで一見きれいな写真が撮れて
SNSに簡単に上げることができます
これで安価なコンデジの存在は全く意味が無くなりました


しかし世の中がこうなればなるほど
一眼ファンはその画像のクオリティーの高さに改めてほれ込みます

いくらスマホが便利でキレイとはいっても
やはり美しい描写 自然なボケ感 奥行き感 圧縮効果 解像度
等々においてはレンズ交換のできる一眼にかなうものではありません

そしてようやくミラーレスの時代になって
重いカメラから解放されたのですから
様々なレンズを使って
改めて撮影を楽しめる時代が来たのです



さてさて前置きが長くなってしまいましたが

全てにおいて新たな時代を感じる今日この頃
カメラ業界は今どうなっているのか?

新発売カメラは?性能は?
そろそろ何か買いたいよ~ ←今サブでコンパクトカメラが欲しい

主なメーカーさんの新作カメラをチェックしてまいりました

(続く)

f0229759_01280566.jpg

*****************
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の水彩画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★

ランキングに参加しています
ポッチッと押していただけると励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ   にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ





# by Art-de-vivre | 2019-03-07 01:10 | ●日々の生活 | Trackback | Comments(2)

藤井紀子のブログ。爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre