タグ:水彩画 ( 88 ) タグの人気記事

先週の土曜日になって編集担当Oさんが

届けてくれた原稿案

f0229759_19360551.jpg

中表紙らしきものが一番上にあったけれど

それがまさか本気の中表紙案だとは思っていませんでした

真ん中に赤いチューリップの絵があって 

上下に幅2センチくらいの和風の帯がついています

何だろうこれ?

その帯は 昔母がよく食べていた

抹茶羊羹の皮みたいな色と模様でした

「あのう これは何ですか?
まさかまさか表紙????」

「はい 中表紙です」

「こ、この抹茶色の帯は…?」

「あーそれいいでしょ 気に入っているんです」

「は?」

「渋いでしょ この本はシックにいきたいんです
中も全部タイトル頭にこの帯つけているんです
先生のイメージなんですよ」

よく見ると各タイトル上部に同じ柄で

色違いの帯がついています

赤だったり緑だったり青だったり

全て渋ーい色

f0229759_19411738.jpg

「えーーーっ 何で何で何で?
あのう…申し訳ありませんが確か
当初から私のイメージとしては
和風ではなく フランス風、ヨーロピアンな感じの
ボタニカルアートの本にしたいと言っていたはずなんですが
こ、これはどう見ても和風じゃありませんか?」

「そんなことありませんよ シックです」

「いやいやいやいや これよく社長室かなんかにある
応接セットの椅子の色って感じですよね?」

何の事やらわからない でも 

抹茶羊羹とはさすがに言いにくく

咄嗟にオブラートに包んで出た言葉もこの程度

要は「じじくさい色」 あー言っちゃった!


それから押し問答すること暫く

勿論らちがあかない

夜も更けてくる

(つづく)


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-12-15 21:25 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback | Comments(2)
前回のブログで「泡吹いて倒れました」

と書いたので数名の方から心配メールいただきました

ご心配をかけましたが息を吹き返しました


f0229759_14555897.jpg





ですが、今日の打ちあわせで再び上がってきた原稿を見て

頭を抱えてしまいました

来週の火曜日には入稿すると

Oさんは言うのですが

出来たものを見てみると

。。。。。。。。。

「違うんだけど!」の連発です

Oさんが一生懸命やってくれたのですが

これはどうしたものか

Oさんが帰った後にじっくり見てみて

直したい部分の多さに

やはり泡吹いて倒れました

「ぐぐぐ、、、む、無理や、、、」


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-12-11 00:55 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback | Comments(3)
世の中が年末モードになる中

ようやく本が出来るのかな~~~?

という形のものが現れれました

f0229759_10280776.jpg


兎に角今までになかったくらい

細かく説明された内容

植物学の話

鉛筆画の描き方から

個展に出していなかった作品のご紹介

混色の事

お道具の事

修正の仕方

ウェットオンウェットの塗り方

フランス額装の方法

今まで秘密にしてきた事全て!全て!

f0229759_10402510.jpg

よくこれだけ細かくコマ送りしてくださったものだと

感心すると同時に

これからこれにキャプションを入れて

細かく詰めなくてはならないと思うと

気が遠くなります


ちまちまやって

夜中によっしゃあできたあ!!!

と思ったらPDF保存し忘れていて

全部消えた!!!!!!!!!!!!!!!!


泡吹いて倒れましたとも...


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2016-12-07 10:44 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback | Comments(0)

絵を飾るということ

フランスに居た時

娘の通っていたパリインターナショナルスクールでは

クラスのお友達が自分の誕生日に

誕生会を開いてお友達を招待します



f0229759_21363679.jpg


あるお金持ちの子の誕生日会の話には驚きました

まず 会場がル・サンクという超高級ホテル

会場に入ると 正面に飾られていたのが

その子の巨大な肖像画だったとのこと


…日本ではありえない話でした


欧米では壁というものは

絵を飾るためにあるようなものでした


イタリアで絵の仕事をする友人も

絵の需要が日本とは全く違うと言います

アートが普通に家庭の

インテリアに取り入れられている

私も水彩画やボタニカルアートを始めたきっかけは

インテリアアートとして壁を埋めるためでした


ですが描いてみると

水彩画の紫外線ダメージを恐れて

原画は全く飾っておらず

一部のプリントと写真だけしか飾っていませんでした


本にも飾り方の提案をしたいし

額もたまりにたまっているので

本当に壁に配するしかありません


うちの玄関は毎年中身だけ変えて
いつもこの額でした

f0229759_21481811.jpg


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
by Art-de-vivre | 2016-11-19 21:55 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

出版メーキング7撮影

先週は出版社の羽生弓弦君こと
Oさんと打ち合わせ

f0229759_00521611.jpg

Oさんもさすがにおしりに火が付いた様子

ほぼエッセイ的な文章や
写真などはお渡ししてはありますが
ざっくりしたものだし
解説挿絵などいるんじゃないのかな~~~
と ずっと疑問だったのが
ここにきてやっとOさんも気が付いたのか
先生スケッチ描いてください~~~ときた
しかも沢山ある

「おかしいと思っていたんですよ
こんなんでホントに間に合うんですか?
来年2月発売なんて~」
「先生、2月ではありません、1月ですよ!」
「えーーーーーっつ」
私すっかり勘違いしておりました
出版は1月だったのです!!!

「そんなん無理でしょ!お正月あるし!」
「正月も返上してやります!」
「いやいやそんな、そんな、
奥さんかわいそうでしょ~~」

・・・なんと恐ろしい出版界
そりゃぎっくり腰にもなるわ

「来週は撮影です。先生自身の撮影もですよ」
「うん。カメラマンさんに
5歳若く撮ってもらおっと♪
 阿部先生は撮影たっぷり半日かけたんですよね?」
「はい、でも藤井先生は
15分くらいしか時間ないでしょう」
「何で~~~!!!」

続く


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-11-15 00:59 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback | Comments(0)
毎日何時間も同じ姿勢で絵を描くことが多く
花が枯れてしまうからと
3日から1週間くらい
同じ姿勢を取り続けることが多い日々です

f0229759_16135721.jpg

そうなるともう首から肩にかけてガンガンに
こってしまいます

そうなるともう何をしても治りません
1週間以上何もしないと治りますが
何もしないわけにもいかず
ベッドから起き上がるのがやっとの日もありました


f0229759_16124790.jpg

そんなことに悩みながら
ある日スーパーの前を歩いていると
「ちょっと座っていきませんか?」の声
何個かの椅子を並べて何かやっています
明らかに怪しい健康器具販売
普通この手のものはサクッとスルーできる私ですが
その日は何故が吸い寄せられるように
素直に椅子に座っていました

これが電位治療というものでした
宣伝するつもりは全くないのですが
これが結構効いたので詳しいお話を~

(続く)


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-11-02 00:21 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
昔アメリカに住んでいた時代
私達はハロウィンが大好きでした


f0229759_11164589.jpg

その頃になるとオレンジ色のゴミ袋が売り出され
ジャックオーランタンの顔が黒く印刷されていて
秋の落ち葉をかき集めてその袋に詰めるだけで
即席の大きなパンプキンのようになり
それを庭先に置きました

ご近所も窓にコウモリや蜘蛛の巣の飾りや
わらやパンプキンで作った人形に洋服を着せて
玄関先に座らせたり
骸骨をベランダにぶら下げたり
それぞれ趣向を凝らした演出を
競争のようにするのでした

f0229759_11180504.jpg



鮮やかなオレンジのパンプキンが
ホームセンターに大量に並び
いつも沢山買い込んで 夫が中をくりぬいて
私が下描きをしてまた夫が顔を彫ります

当日の夜は沢山お菓子やキャンディーを買い込んで
外のジャックオーランタンにろうそくを灯し
子供たちが来るのを待ちます
私達は仮装好きだったので
自分たちもいつも仮装していました

そうして時間になると
子供たちが近所の家を一軒一軒回り出すのです
チャイムでドアを開けると
「Trick or treat!!!」と叫んで子供達が立っています
おもてなししないと悪戯するぞ~という意味です

ハロウィンは日本のお盆のようなもので
先祖の霊(アメリカではゾンビ)が出てくる日なのです
そして自分たちを大事におもてなししろと言っているわけです

はいはいというわけで
子供達がそれぞれ手にしている大きな袋に
お菓子をたくさん入れてあげます
これでサンキューと機嫌よく帰っていきます

100人以上のゾンビと化した子供達が
一晩でやってくるので
仮装を見るだけでも楽しくて仕方がありません

このおもてなし(Tret)をしなかった家は
家に卵を投げつけられたり
庭木にトイレットペーパーを巻き付けられたりと
本当にいたずらされてしまいます

f0229759_11171281.jpg

あまりに楽しい行事だったので
私達は日本に帰ってからもこれをやりました

オレンジのパンプキンは当時どこにもなくて
わざわざ軽井沢まで買いに走りました
子供のお友達を沢山呼んで皆で仮装しました
夜になるとジャヤックオーランタンを灯して
家の前に並べました
当時日本ではハロウィンは誰もやっていなかったから
家の前を通りがかった人は気味が悪かったでしょうね
でも勿論「Trick or treat!!!」をしにくる子はいませんでした
いつか日本でも子供達が家を回るようになれば楽しいなあと思っていました

今ではハロウィンは日本で人気ですが
何だかいい大人の仮装パーティーになってしまっていて

アメリカの素敵な深まる秋の風景とともに
とても情緒ある子供のお祭りだったのにな~
と思い出されてちょっぴり残念です


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-30 11:20 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
出版用にバラを2つ描きました
ジュリアとセプタードアイル

f0229759_23235826.jpg

ジュリアは長年薔薇を育てる方々も大好きな
シックな素敵な色 秋なので春より咲き方もシックです

セプタードアイルは可愛らしいピンクのカップ咲き
沢山花びらが重なっています

描く工程を撮影できるのはどちらか一つだけ

出版社Oさんは初心者に向けた本だから
簡単に描けるほうにしましょうと言ってジュリアを指定

私は初心者はピンクのカップ咲きのような薔薇が描きたいのでは?
とセプタードアイルを押しました

一旦Oさんに押し切られて
ジュリアにすることになりましたが
やはりセプタードアイルが気になります

生徒さん達に伺うとやはり一般的なのは
ピンクの方かな~ということで
ここはわたくしの意見を通させてもらって
セプタードアイルの工程を撮影して載せることにしました~

皆さんはどちらが描きたくなるのでしょうか?


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-20 09:42 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback(2) | Comments(0)



f0229759_01245819.jpg



リンゴの描き方の動画アップします

これはボタニカルアートではありません
普通の水彩画です
描いた時間は30分ほど
それを早送りで5分ほどにまとめました


ボタニカルアートではマスキングを使ったりと
細かくリアルに描くので
もっともっと時間がかかりますが
基本的な光と影などの捉え方は同じです



今年は出版で手が付けられませんが
来年からはボタニカルも動画を手掛けていくつもりです

チャンネル登録まだの方はお願いいたします
宜しかったらイイネ!もね



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-16 01:26 | ●水彩画の描き方動画 | Trackback | Comments(0)



f0229759_21093496.jpg

リンゴの描き方の動画アップします

これはボタニカルアートではありません
普通の水彩画です
描いた時間は30分ほど
それを早送りで5分ほどにまとめました


ボタニカルアートではマスキングを使ったりと
細かくリアルに描くので
もっともっと時間がかかりますが
基本的な光と影などの捉え方は同じです

今年は出版で手が付けられませんが
来年からはボタニカルも動画を手掛けていくつもりです

チャンネル登録まだの方はお願いいたします
宜しかったらイイネ!もね



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-13 21:39 | ●水彩画の描き方動画 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre