タグ:ボタニカルアート ( 63 ) タグの人気記事

お陰様で・重版決定!


沢山の皆様にお求め頂いた結果

私の初めてのボタニカルアートの本

「自分時間を楽しむ花の細密画」は

重版されることとなりました

f0229759_23484056.jpg

「出版界では初版で終わる本が沢山あります。
初版が売れて無くなり、
重版されたら成功と言えるでしょう」

と編集者のOさんから言われて

「は~ 無理ぃ~」
と思っていましたが

早くも重版決定のお知らせを頂きました

これも応援してくださる皆様のお陰です

有難うございます

f0229759_23484910.jpg

そして、何と中国でも発売されることになりました

中国では日本で発売された本をチェックしていて

中国で売りたい本には申し出があるようです


f0229759_23485927.jpg

ただおかしなことに どんなに売れそうな本でも

初回発注しか来ないそうです

もしかして・・・?ですかね(笑)




ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-04-08 00:30 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)
「植物園があるんだー」と言えば
私が喜んでついてくると思って
夫はこの言葉をよく発します

f0229759_01494917.jpg

今回も沖縄で植物園を見に行くと言われて行ったのが
由布島植物園

そこに行くには西表島から水牛車に乗っていく
何とも素朴な風景

そして由布島はもっと素朴
はっきり言ってあまりめぼしい植物は無いので
植物園と言うには微妙だなあと不思議に思っていると
この島は昔台風でやられて何もなくなってしまい
島民が去り
一組だけ残った夫婦が一つ一つ植物を植えて
昔農業に使っていた水牛の乗り物を目玉に
観光客を迎えるまでになったそうです

1つだけ見たかった・・・というか
食べたかった植物がありました
以前から植物を勉強していて気になっていた
驚異の若返り植物です


f0229759_18030571.jpg


その植物をずっと食べている地元の人は
嘘みたいに見た目年齢が若いのです

このおじさん50歳代かな~
と思ったら70歳代だったので驚いた!
その人が食べていたのがこの
オオタニワタリの新芽です
通販で売ってもいますよ

そして蝶園では
世にも不思議な蝶のさなぎを見ました


f0229759_18032506.jpg

ピカピカの金色なのです!!!

蝶絶不思議・・あ、いや超絶不思議~
このような金属色は絵の具では出せない色です
それなのに蝶には作り出せるなんてどういう事か!?

この幼虫はオオゴマダラチョウになります


f0229759_18023717.jpg

さて、最後に沖縄と言えばやはり~~
歌が素敵ですよね!!







ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ






[PR]
by Art-de-vivre | 2017-03-27 18:54 | | Trackback | Comments(0)

ミモザの花は…

ミモザを今年も頂きました


f0229759_01553990.jpg

マメ科は空気中の窒素を取り込んで
養分を作る力があるので
どんな過酷な環境下でも
良く育ってしまいます

毎年怖いくらい大きく成長して
ついうっかり狭い場所に植えたりすると
困って切ってしまう方も多いのです



f0229759_01555009.jpg


ミモザの花の仕組みをご存知ですか?
ルーペで覗くと
長いめしべと
それを取り囲む沢山のおしべ
そのまた集合体で頭状花序となり
ポンポン状に見えるのです

初めの頃は花びらに包まれていたのですが
花弁は見えなくなってしまいます

ボタニカルアートに描く時は
この仕組みを描いてくださいね


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2017-03-20 02:11 | | Trackback | Comments(0)

2017 ロビー展


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

とてもささやかな
カルチャーの受付脇のスペースでの展示ですが
生徒さん達の日頃の力作が並びます

たまたまこの日作品をお持ち込みになった
4作品のみお写真を撮らせていただきまして
許可を得てアップいたします


f0229759_00235593.jpg

Nさんの作品
いつも額装に凝っていて
今回も渋くて素敵です~~
マットは柿渋を塗った和紙だそうです
ご自分でマットとを作っておられます


f0229759_00235743.jpg

Kさん男性
いつもながら力強い作品
根っこから先端まで
植物の全体の仕組みをきっちり説明
しようと試みておられます

f0229759_00235910.jpg
Mさん
とってもキュートで繊細な細密画
横長のレイアウトが生きた作品です


f0229759_00240111.jpg
同じくMさん
原種のシクラメンの造形の面白さ
うまく生かした魅力的な作品!
額装も良く考えてセンス良く

その他沢山の生徒さんの力作が並びます
お近くまでお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ

3月8日~21日まで池袋東武カルチャー5階受付横
9時~18時




読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-03-06 00:25 | ボタニカルアート | Trackback | Comments(0)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは




f0229759_00404282.jpg


皆様にお買い求めいただいております
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンはじめ各書店にて好評販売中ですが
ここで訂正でございます

実はこの訂正
間違っていると気づくのは私だけなので
(おかしいと思っていた方は凄い!)
心にしまっておこうと思っていたのですが
やはりお伝えしておいた方が良いと思いました

何故なら真似して描いてしまう方がいらっしゃる
そうなると大変申し訳ないのでね


f0229759_00290950.jpg


P62のデッサン(写真左)がコントラストが無く
グレーののっぺりになって印刷されてしまっているという訳で
実際の原画は右のようなものです

これはレッスンで生徒さんに描いてもらっているものなのですが
本を見ないように自分で実際の物を見て描いてね
と言って描いていただくのですが
やはり見てしまうのですよね
この間違った印刷のページを~

そして全く明るい部分の無いデッサンを描いてきてしまう!!
本を見ちゃったのね!となるわけです

これを印刷した方が悪いので
皆さんは是非実際の物を見て
光と陰が織りなすコントラストについて
考えて描いてくださいね!!

何度もコントラストがおかしいから直してくださいと
校正段階で伝えたのにもかかわらず
最後の最後まで修正されず印刷されてしまっており
「ガ~~~ン」だったのですが
回収するわけにもいかず

本が再版時には修正予定ですが
初版をお買い求めになった方には申し訳ございません

読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2017-03-04 00:32 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)
本日よりワークショップお申し込み開始いたしました~
お早めにどうぞ

お申し込みになられた方にはまずお返事を差し上げております。
一両日中に返事の来なかった方はもう一度トライしてみて下さい。


f0229759_16052963.jpg

ワークショップのお知らせです。

東京で開催してご好評いただきました
「ウェットオンウェットで描くパンジー」
そして、水彩静物画のワークショップが
大阪と名古屋に参ります!

私の加入している水彩画グループJWS(日本透明水彩会)が
大阪展を初めて開催することになりました。
その会場にてボタニカル講習も同時開催!
よって講習費もJWSで足並みそろえて決まっており、
東京でのワークショップより低料金にて受講いただけます。
この機会に関西地方の皆様ぜひお越しくださいませ!

大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月17日(水)13:00~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5000円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com




f0229759_01265829.jpg


大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月18日(木)10;00~13:00水彩静物画「ワインとブドウ」
レッスン料 5000円
先生の段階的なデモに従ってステップバイステップで描いていきましょう。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com

f0229759_01263996.jpg


名古屋会場:セントラル画材 (ホームページhttp://www.central-gazai.co.jp/
5月19日(金)13:00~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5400円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→nishimura@central-gazai.co.jp

f0229759_01265829.jpg

お申し込みは3月1日からです。
お申し込みになられた方に当日の持ち物等の詳細ご案内をいたします。
お道具はボタニカルアートや水彩画をされていらっしゃる方なら
基本お持ちのもので大丈夫です。
水彩画の経験がおありの方ならどなたでもお申込みいただけます。

各クラス20名程度

●大阪ワークショップのお申し込み先
mogura5507@aol.com

●名古屋ワークショップのお申し込み先
nishimura@central-gazai.co.jp

ワークショップ希望と書いて
お名前、ご住所、携帯番号を添えて
大阪・名古屋それぞれの申し込み先にメールでお申し込みください。
大阪は17日のボタニカルか、18日の静物画か明記してください。

ご質問等のお問い合わせもメールにてどうぞ。

また、先にお話ししたJWSのホームページがリニューアルされました
昨年までと違ってメールマガジンをお送りして
定期的に会の催しや講座等をご案内するシステムに変わりましたので
是非、ご登録のほうお願いいたします!


今年のJWS東京展 (4/19~25)丸の内オアゾ
大阪展(5/16~21)江之子島文化芸術創造センター

****************
読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
















[PR]
by Art-de-vivre | 2017-03-01 16:09 | レッスンお知らせ | Trackback | Comments(0)
ワークショップのお知らせです。

東京で開催してご好評いただきました
「ウェットオンウェットで描くパンジー」
そして、水彩静物画のワークショップが
大阪と名古屋に参ります!

私の加入している水彩画グループJWS(日本透明水彩会)が
大阪展を初めて開催することになりました。
その会場にてボタニカル講習も同時開催!
よって講習費もJWSで足並みそろえて決まっており、
東京でのワークショップより低料金にて受講いただけます。
この機会に関西地方の皆様ぜひお越しくださいませ!

大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月17日(水)13:30~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5000円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com




f0229759_01265829.jpg


大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月18日(木)10;00~13:00水彩静物画「ワインとブドウ」
レッスン料 5000円
先生の段階的なデモに従ってステップバイステップで描いていきましょう。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com

f0229759_01263996.jpg


名古屋会場:セントラル画材 (ホームページhttp://www.central-gazai.co.jp/
5月19日(金)13:00~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5400円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→nishimura@central-gazai.co.jp

f0229759_01265829.jpg

お申し込みは3月1日からです。
お申し込みになられた方に当日の持ち物等の詳細ご案内をいたします。
お道具はボタニカルアートや水彩画をされていらっしゃる方なら
基本お持ちのもので大丈夫です。
水彩画の経験がおありの方ならどなたでもお申込みいただけます。

各クラス20名程度

●大阪ワークショップのお申し込み先
mogura5507@aol.com

●名古屋ワークショップのお申し込み先
nishimura@central-gazai.co.jp

ワークショップ希望と書いて
お名前、ご住所、携帯番号を添えて
大阪・名古屋それぞれの申し込み先にメールでお申し込みください。
大阪は17日のボタニカルか、18日の静物画か明記してください。

ご質問等のお問い合わせもメールにてどうぞ。

また、先にお話ししたJWSのホームページがリニューアルされました
昨年までと違ってメールマガジンをお送りして
定期的に会の催しや講座等をご案内するシステムに変わりましたので
是非、ご登録のほうお願いいたします!


今年のJWS東京展 (4/19~25)丸の内オアゾ
大阪展(5/16~21)江之子島文化芸術創造センター

****************
読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ







[PR]
by Art-de-vivre | 2017-02-24 00:57 | レッスンお知らせ | Trackback | Comments(0)

春の準備

昨年は大変忙しかったにもかかわらず

ちゃんと春のことを考え

沢山球根を植えました!


f0229759_15105162.jpg


お店で次から次へと球根を買い求める私に

店員さんが「素敵な色ばかり選んでますね」

と声をかけてくださいました



f0229759_15112558.jpg
でしょ?

と思わず自慢したくなりました

この春はやっとゆっくり絵が描ける?!

f0229759_15214994.jpg

引き続きアマゾンにて上位獲得しております
有難いことです

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-02-05 15:18 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)
ミドリ色の絵の具の話の続きです

最近植物画をアクリル絵の具や
ガッシュで描く人が増えています

薄く塗れば透明水彩と似た感覚は得られるのかもしれませんが
やはり植物画には透明水彩のほうがふさわしいと思います

f0229759_11155703.jpg

何故なら植物は透けているのです
光を通し中の組織の色が透けて見えます

そして表面は紫外線の影響を受けています
紫外線が多ければ多いほど植物の青味は濃くなります
青い色で紫外線の影響から身を守るためでもあります

f0229759_11161606.jpg



それに対して中は薄い黄色い組織で
満たされています
これは虫に見えやすくするための色でもあります

植物全体を見た時に
まずこの黄色味を帯びた色が感じられるはずです

だから私は最初に黄色を下地として塗っているのです
それから表面に見えている青味がかった色を塗ります
下に塗った黄色が透けて見える事が大事です
上に塗った青の発色も良くする効果もあります

そんな風にして透明水彩の
透ける特性は植物を描くには不可欠なのです


[PR]
by Art-de-vivre | 2017-02-03 22:46 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(2)

緑の絵の具は使わない

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

ところで
私はミドリ色の絵の具を使いません

パレットには一応入れてありますけれどね・緑
これは赤と混ぜて
茶色を作ったりする時のために入れてあるのであって
植物を描く時には
全く使わないのです

本をお買い上げ頂いた方は
葉っぱを描くのに使っている色を見ればわかります

f0229759_17482917.jpg

ミドリ色の絵の具はどれも植物の緑を描くには
とても違和感がある色です
勿論他の色と混ぜて
思う色に近づけることはできますが
これはかなり遠回りで無駄なアプローチ

基本的に色は3色以上は混ぜません
それ以上は混ぜる意味が無いから

自然界に存在する色は
色相環の中から
3色だけ選べば大概の色は作ることが出来ます

緑の色はブルーとイエローの混色でできるもので
こちらのほうが鮮やかな美しい緑が得られます
また、植物の緑をよく観察すると
レッド系の色も見えます
アントシアニンの色です
なのでレッドも入れます
(続く)


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-02-01 17:49 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(5)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・様々なジャンルの作品・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre