タグ:グリザイユ技法 ( 2 ) タグの人気記事

最後の仕上げは

雄蕊6本雌蕊1本を描き入れます
花粉の赤がFocal pointになります




f0229759_14000369.jpg
ボタニカルアートでは
背景に色は入れませんが
花の部分は同じ描き方です


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-08-05 00:40 | ●花と風景の水彩画いろいろ | Trackback | Comments(2)
畑でユリの花が咲きました

f0229759_15032144.jpg


普通にざっくりと水彩画でやってみます

ユリの花は描くのが難しいですね
特にボタニカルでは白い紙に白い花ですから
陰のみで表現します

今回は最終的には背景も色を付けますが
こういったものはグリザイユ技法を使うと良いのです

グリザイユとは陰影を先に描いてから
彩色していくといった描き方です

いつも描いている工程を写真に撮ろうと思いますが
描く事に没頭してしまい
結局途中で忘れてしまいます

でも今回は大体カメラに収めることに成功!

まずはスケッチからです
紙は大きめにしておく事が大事

f0229759_15455021.jpg

ざっくりとバランスを計測しながら
スケッチが出来たら

f0229759_15455319.jpg

まずは暖かい色味の3色グレーを使って
陰のみを付けていきましょう
f0229759_15460052.jpg


この次は色を付けていきます
(続く)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-08-01 22:55 | ●花と風景の水彩画いろいろ | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre