まさかのガーデニング

f0229759_2143172.jpg
この4月に引っ越してから
全くボタニカルアート描いてません

何故かというとまだまだお家に関するプロジェクトが多いからです

築15年でありながら、殆ど住んでいなかったので、荒れ放題の我が家

段ボールは片付いたものの毎日やることが山積み

そんな中最も悩んでいたのがこのデッキです

メンテナンスできなかったため、木が腐ってしまい、
乗るのも怖い落とし穴状態

乗れないデッキって意味ないかも
どうするー と夫に相談
いっそのこと建ぺい率は余ってるからこじゃれたサンルームでも建て増しする?

・・・いいね~~~・・でもよく考えてみると
こんな小さなスペースにサンルームなどありえない
しかも結構なコスト

そうこうするちにバラとガーデニングショーを見てしまった私!!!

“サンルームなんていつでも建てれるし、いずれにしてもデッキは撤去
だったらいっそのこと花でも植えてみるっていうのもいいかも・・・”

この適当な一言にすぐさま反応した夫
新しいプロジェクトに燃え盛り、じゃすぐにデッキを取っ払うぞ!
と鼻の穴全開

なんとその日のうちにデッキを解体してしまったのです!!!
f0229759_21434666.jpg

ガーデニングは私の夢でありました。
なのになんでしなかったかというと坪庭じゃあるまいしこんな小さなスペースじゃあ
意味をなさないと信じ切っていたから
かといって田舎暮らしもできず、都会に庭付き一戸建てもかなわず
引越しばかりで夢はあきらめかけていました

でももしかしたらこんな小さいスペースでも何とかなるかもと思わせてくれたのは
ガーデンショーの素晴らしいブースでした

何よりボタニカルアーティストとして花を描かねばならないのに
花を入手するのにもとても苦労していたのです

引っ越し先ではガーデニングをやっている知り合いもおらず
かといってすばらしいお庭のご近所さんに はじめましてこういうものですが
このお花わけていただけませんか?・・・
から始めるのもなんだか及び腰

とするとこの坪庭の様な土地も何とか活用できればそれに越したことは無い

・・・というわけでいきなりですがBISESの藤原美智子さん初めての庭作りプロジェクトもどき

一坪イングリッシュガーデン作るぞー056.gif

取材来ないかなーないよね~
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-05-16 16:45 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(4)
f0229759_10565083.jpg

イギリスのチェルシーガーデンショーは何度か行ったことがありますが

日本の国際バラとガーデニングショーに行くのは初めて

あちらは屋外で相当広いですが こちらは後楽園球場内

天候に左右はされなくて良いですが

球場の黄色い照明で照らされて写真撮影にはちょっと不向きでした

会場は3時半ごろになってようやく花が見えるようになりました

それまでは人しか見えなかった(笑)

帰りの電車では皆お気に入りのバラを抱え おやつを取り出して食べてます

優雅なマダム達の遠足です060.gif

f0229759_0364517.jpg


f0229759_0191785.jpg


f0229759_23393545.jpg


f0229759_0231737.jpg


f0229759_23866.jpg


f0229759_2275927.jpg


f0229759_0174327.jpg


f0229759_22101946.jpg


f0229759_0223652.jpg


f0229759_2336951.jpg

[PR]
# by art-de-vivre | 2010-05-14 11:45 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(2)

藤の花

f0229759_2210668.jpg


あっという間に終わってしまいました

大好きなモーブカラーの藤の花

英語でウィステリア 仏語でグリシーヌという可愛い名前

f0229759_2213750.jpg


欧米では日本のように藤棚で見かけることはまずありません

薔薇やクレマチスの様にお家の外壁に誘引したりして咲かせるのでとても素敵なのです

もちろん日本の木造住宅でそんな事をしたら藤の繁殖力でお家がやられてしまう

石造りの家だったりするからできるのですね

f0229759_2215865.jpg


湘南のお友達とも話題にのぼりましたが

鎌倉のスタバにはテラスがあって藤棚がありGWの頃はとても素敵です

f0229759_2221358.jpg


私はどこの藤の名所にも行かなかったけれど

近くの小学校の小さな小さな藤棚で 小学生に囲まれながらパチリ!

f0229759_22102668.jpg

[PR]
# by art-de-vivre | 2010-05-11 11:10 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(0)

雑貨屋めぐり


昨日はフランス帰りのお仲間と雑貨屋巡り
f0229759_023168.jpg

なのにおバカな私はSDカードをカメラに入れ忘れ、絶句・・・

巡りとはいってもOrne de Feuilles (青山)と ECRITURE恵比寿)のみ
両方ともフランスアンティークの素敵なお店
帰国前にサントノーレのお店で見たAstier de Villageの白い陶器もありました
型を使ってはいますが量産ではなく手作り
印判の小花模様もゆがみも素敵です
f0229759_0231479.jpg

テキトーな4人はレストランも決めておらずOrne de Feuille の途中の
有名なセレブデトマトになだれ込みトマトのフルコースに舌鼓
圧巻はデザートの5品トマトスィーツ
先月帰国したばかりの一人も日本のトマトおいしー!と感動でした
f0229759_0222848.jpg

そんなわけでその写真は一枚もありませんが
最近はご近所のモッコウ薔薇が美しく 撮らせていただきました
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-05-10 01:47 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

スマイル君

f0229759_2151441.jpg


スマイル君と呼んでいるこの子
ティーストレーナーです
モンマルトルの丘のふもとのカラフルでユニークなデザインの
雑貨を売っているお店Pylones
で購入しました.パリには今5店舗あります
(パリのサイトのほうが日本のより断然カワイイ開けたらBienvenueをクリックしてね)


お茶に使うだけでなく
お客さんが見えた時にはこれにパウダーシュガーを入れ
テーブルでケーキにかけたりすると皆の顔にスマイルが・・・

このお店Pylones by Petit coquin (こちらは日本のサイト)
は吉祥寺・自由が丘・銀座・横浜など
日本にもたくさん登場しています
サイトでも商品を見れるから楽しんでみて
手に取ってみるともっと楽しいから
機会がある方はお店にもどうぞ
昨年は青山AOにもお店登場しました

使わない時もこのようにキッチンの棚ににこやかに立っている
スマイル君、メルシー
058.gif
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-05-08 22:01 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

結婚記念日

f0229759_1449795.jpg


今日は子供の日・・・ですが

実は私たちの結婚記念日

写真の様なすご~~い豪華な薔薇の花束が

・・・送られてきませんでしたが

その代わり何と1カラットのダイヤモンドの指輪

・・・もプレゼントされませんでした


というわけで今年は何もしませんでしたが

昨年はコルテオを見に行きました

そうしたら 開演前いきなり“郷ひろみ”が舞台に姿を見せました

そう、あの郷ひろみです

サーカスとは無関係の生出演にびっくり・・何で郷ひろみが???と思っていると

郷ひろみが言いました

“皆さん!なぜ今日僕が現れたかというと

今日は5月5日でGO!GO! GOひろみです!!!”


それからというもの このフレーズが頭から離れず、

5月5日は子供の日でも結婚記念日でも何でもなく

GO! GO! でGOひろみの日 と勝手に脳がメモリーしてしまいました(・・くやし涙)

郷さん、今年は何処に出没したのでしょうか?
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-05-05 22:13 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

男性化粧品

f0229759_23444043.jpg


以前テレビの路上インタビューに登場した3人の男子学生

“あなたは友達にイラッとくることがありますか?”

の問いかけに一人の男の子が

“ありますよ。こないだこいつとお風呂に行ったら

顔洗う時 石鹸クリーム状に泡だてて洗うんすよね 男のくせに、いらっときました”

と隣の男の子を指差し、そして反対隣りの子に同意を求めました

“なっ おまえもあれにはイラッときただろ?”

すると同意を求められた子は、申し訳なさそうに

“あ…じ、実は僕も泡立てる派なんだ・・・”

最初の男の子は 一瞬固まってそれから言いました

“そうか・・じゃおれもやってみようかな・・・”


とある営業マンに言わせると“皆やってますよ”というのが日本人が一番弱い言葉だそうで

こうして今は殆どの男子が洗顔フォームを泡立てて顔を洗っているのです


以前“オヤジ臭さが取れるせっけん”というのが爆発的に売れたそうですが

オヤジ臭さってセンスやイメージの問題ですから石鹸なんかで取れないのに

巧みなキャッチコピーに騙されて臭いんじゃないか、禿げてるんじゃないかって買っちゃうんですね


今やうちの旦那さんの化粧品もこーんなに増えて奥さんより多いのです

すべてに “男の”とか ”臭いをとる” とかいう言葉が入っています


・・・それにしてもうちの旦那さん買い込みすぎでは?
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-05-04 00:20 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

八重桜と新緑

八重桜が満開

ソメイヨシノに比べて絵になりにくいけど

新緑とのコントラストが見事です

しばしご覧ください

f0229759_2321124.jpg


f0229759_23414978.jpg
  

f0229759_23223534.jpg


f0229759_23225391.jpg


f0229759_2323819.jpg


f0229759_23232720.jpg


f0229759_23234122.jpg


f0229759_2324077.jpg


f0229759_23241351.jpg


f0229759_23243126.jpg


f0229759_23244312.jpg


f0229759_232559.jpg

[PR]
# by art-de-vivre | 2010-04-30 17:35 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(2)

ボタニカルアートの展示

f0229759_065712.jpg


今日また嬉しいニュースがありました
ニューヨークのAmerican Society of Botanical Art から連絡があり
私の作品が2点選抜されNY の展覧会にて9月~11月まで展示されるることになりました

以前このブログでもちら見していただいたパロットチューリップと
今日の写真のジャスミンの作品です
少し見直して手直ししておきましょう

ところがこのチューリップのほうの作品
実は5月からあの200人以上ウェイティングしているという超人気お料理教室“boa mesa"
にて展示させていただくことになっておりました

boa mesaの春のテーブルコーディネートは私の大好きなフランスの食器メーカー
“Coquet”のペパーミントグリーンの食器と白い花抜き模様のテーブルクロス
私のボタニカルアートを若林先生が気に入ってくださり壁面担当としてコラボすることに・・・

仕方がないからこのチューリップをハイクオリティー版画印刷(ジークレー印刷)に出し
boa mesaのほうはそれを展示し 原画をNYのほうに送ることにします

他にももう1点アメリカに原画が行っているものがありまして
“うずアジサイ”の絵なのですが
この絵は3年に1回開催されるピッツバーグのHUNT INSTITUTEという財団が催す
植物画家の登竜門インターナショナル植物画コンクールに選抜されました
作品はそのまま収蔵されることになっており
今秋ピッツバーグにてレセプションと展示会が行われる予定です

この絵もboa mesaでは印刷でお目にかけることにします

というわけで2点印刷が入りますが
多分6点のボタニカルアートと6点の写真(飾りたかったシダの絵6点未完成なので
花とオブジェの写真にすることにしました)
そして1点パリの水彩風景画を展示させていただく予定です


boa mesaに行っておられる皆様
何卒よろしくお願いいたします
気恥ずかしいのであまり近くで見ないでね~ 遠くから、
そう、とーーーくから見てね(笑)
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-04-27 18:36 | ●ボタニカルアート作品いろいろ | Trackback | Comments(4)
f0229759_11353415.jpg

先日の真鍮の話に銀製品に関するコメントをいただいたので
今日は銀製品のお話を詳しくします

以前フランスから帰ったお友達の家にお食事に呼ばれて行ったところ
素敵なクリストフルのカトラリーを使わせていただきました
ところがこれを彼女は食器洗い機で洗うと言います
それを聞いて椅子から転げ落ちそうになった私
“えーーっ ダメダメ 食器洗い機の洗剤は研磨剤が入っているから傷がついちゃうよ!!”
と言ったら 彼女の返事は “別にいいんじゃない? きれいになって!”
でしたので2度椅子から転げ落ちそうになりました

さて この食器洗い機の話は後でするとして・・・

銀製品は空気中の硫黄成分と反応して表面に黒ずみができます
お家に黒ずんだスプーンがあったわという方
それはシルバーですから磨けばピカピカになります
一度磨いてピカピカになったらもうあなたは銀の虜
銀磨きの快感を求めて銀製品を集めだすこと間違いなしです

さて 磨き方ですが 正しくは市販の銀専用のクリーナーを使います
ホームセンター等で様々なタイプが市販されており
何をどれくらい磨くかによって買うものが変わってきます
指輪で複雑なレリーフがあるものや ネックレスなどというなら浸けこむタイプでもいいと思いますが
大きなものや宝石が付いているものは浸せないので
液体やローションの磨くタイプを柔らかい布に含ませて磨くことにになります
このタイプが何度も使う人には一番お勧めです
磨いた後も表面を保護し黒ずみにくくなります
布製のポリッシュもありますが、すぐ真っ黒になると思われますのであまり何度も使えないでしょう
f0229759_18465237.jpg
写真右が 私が使用しているHEKEL 社のMiror Argentil
フランス製 液状でさほど磨き込まなくても綺麗になります
左がHagerty社の Silver Polish
オランダ製造の表示がありますがアメリカの会社です 
こちらはローションタイプで磨きあげる感じです

そのほかにも巷では様々な方法が言われております
重槽で磨く 歯磨き粉で磨く 
お湯と食塩とアルミホイルの中に浸ける
重槽もききますし 歯磨き粉も研磨剤が入っているので
黒ずみは取れます 歯の様なエナメル質に使われるのですから研磨剤としてちょうどいいのかもしれませんが どれほど細かいのかは判りません
後の黒ずみ防止効果もありませんから 高級な物には使わないほうが良いと思います
どうしてもというなら 歯ブラシで磨くのは傷がつくと思いますので
せめて布につけて磨いたほうが良いと思います
アルミは沸騰させた湯5食塩1の中にアルミホイルを敷きこみ浸けるだけ 
電流が流れて黒ずみがとれます
やってみましたが手で磨いたときほどは綺麗にならない気がします
微妙に食塩の量などによっても違うものなのかもしれません

また、先ほどふれた食器洗い機なののですが
いまどきの洗剤は昔のものほど研磨剤は入っていませんが
漂白剤は大概入っていますのでいずれにしても銀には良くありません
変色やくもりの原因になります
残念ながら 食器洗い機用洗剤は銀製品には使用できませんの表示ばかりです
輸入物の洗剤が銀製品にも使えますという表示がしてあるのですが
これはステンレスなどの銀色のカトラリーをさす SILVER WAREという 一般的な総称語を
直訳しただけで 本物の銀製品という意味ではありません 
別枠にちゃんと金銀製品には使えませんと書いてあります

食器は使っているとガラス製品の曇りを見れば判るように
洗ってもたんぱく質やカルシウムなどの被膜が残ります
食器洗い機で洗うとこれらのものがすっきりと取れ、手で洗えない隅々まで綺麗になります
銀はもちろん金を施したものも入れてはいけないと言われていますが
一度間違って口に金を施したコーヒーカップを食器洗い機で洗ってしまったことがあります
すると手でしか洗っていなかったので汚れが付着していたのか
出てきた時はすっきりきれいになって金の部分も輝いていました

表面の汚れが取れたのですね
では、食器洗い機で洗っても何の問題もないのかと言うとそうではありません
昔から食洗機を使っているアメリカのアンティークなどは殆どカップの口金が取れてしまっています
何度も洗ったせいと 昔のものはもっと研磨剤が入っていたのかもしれんません
漂白剤は金属に黒ずみやくもりを作ってしまうこともあります
クリストフルを洗ってしまった彼女も 見た目には細かい傷もくもりも見えなかったのでしょう
すっきりよと思ったかもしれませんがカトラリー同士がぶつかっても傷は付きます
これらのことから食器洗い機に入れるのはとてもリスキーです

f0229759_16172669.jpg


なお しまっておくときは空気に触れないように工夫します
銀のカトラリーセットを購入すると 箱の中に布が張ってあったりまた布をかぶせてあったリしますが
これは少しでも空気に触れないためと傷予防のためです
また、輪ゴムを使うのは厳禁です 輪ゴムは天然ゴムに硫黄を用いて弾性を持たせてあるので
この硫黄のせいですぐ黒ずんでしまいます
もちろん温泉に銀のアクセサリーを身につけて入ると真っ黒になります
湯に入らなくても空気で結構黒くなります
温泉旅行にはシルバーは厳禁ですね


最後に傷の話
兎に角銀製品は傷がついてはいけないと言われます
これはシルバーを材料として何かを作ったことがある人ならわかるのですが
鏡のように美しく仕上げるのに大変努力して磨きあげているからなのです
また、メッキの場合は傷から損傷が広がることも多いのです

でも新車の車と一緒で 最初はピカピカでも使えば使うほど傷は付く
車の細かーい傷も コンパウンドなどで磨くなどして大切にする人からワックスどまりの人まで 
思い入れの違いやどれだけ貴重な車かにもよっても扱いが変わります
銀製品も一緒です 傷は確かにつくけどどんどん使う人
飾っておき磨きあげ輝きを楽しむ人

あなたはどちらのタイプ?

ま とにかくひとつ試しに磨いてみましょう!

結構達成感があって銀製品にはまるかも・・・
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-04-23 13:48 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre