Yumi Karasumaru

この前キッザニアの話で登場したイタリア在住友人は
同じ大学同じ下宿で毎晩のように青春語り合った仲

実は彼女は今イタリアで新進気鋭のアーティストです

渋谷原宿が作品の題材で撮影をするので
先日も渋谷で落ち合いました
ゆっくりする暇ないから
撮影しながら近況報告し合う感じ


こんな作風です サイズは巨大
HPはこちら
f0229759_1933949.jpg

若かりし頃下宿のコタツでごはん食べながら
将来は何になるの?
・・とバカな質問したら
「日本の輝く星になりたい、つまりスターやな。。。」と言っていた
私は心の中でこの人ならなれるな と強く確信したのを覚えています

時々日本で個展をしますが
昨年個展の時に値段が付いていないのでこれいくら?
と気軽に絵の値段を聞いたら*百万と教えられました あはっすごい

今年はフランスリヨンの250平米の広大なギャラリーで個展をすることになっていて
作品足りるかとか大変らしい
f0229759_194478.jpg

でもこの作品コンピューターで作成されているように見えますが
手描きなのですよ!

そんな多忙な彼女ですが愛息のK君の教育には手を抜きません
アシスタントを雇って絵の制作を手伝ってもらい
K君の世話や家事を彼女がきちんとやります
私も何度かイタリアの彼女の家に行ったのですが
私の役目はもっぱらK君の遊び相手
複雑なパズルや図形のカードで遊び ちゃんとピアノのお稽古も・・・

このK君がまた可愛いのなんのって
お許しを頂いてお写真公開~
あまりの可愛さに 「ユミさんホントに生んだの?」
と聞く失礼な私 だってユミさんは純和風顔
「あれ?いつもそっくりやねって言われるけど?ワハハ」と爆笑

f0229759_1951169.jpg


Yumiさんにはきらっ きら輝く日本の星になってほしいなぁーーー
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-07-16 19:51 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

今日は7月14日フランス革命記念日
パリでは色々なイベントが行われているはず
f0229759_22175171.jpg

夜は花火があります
エッフェル塔をシルエットにした花火の美しい写真一度は見たことがあるはず
確か夜10時すぎから開始
サマータイムで7時間時差を考えるとWEBCAMで見えるはず072.gif
つまり日本の朝5時とかに・・

パリに居てもこの日はエッフェル塔には近づけなかった
窓からエッフェル塔の見える人はいいけど
ふつうセーヌ川まで出てごった返す橋の上とかで見る羽目になるのです

・・・でもどうせ時間通りには始まらない

花火の開始時間は1時間ほど遅れることはざらだったから
朝6時とかでもひょっとしてライブで見れるかもしれない

ネットでどんなふうに見えるのかしら?
私もまだ見たことが無い

++++++++++
追記 朝6時WEBCOM つながらず・・・
どうして?アクセス集中?
それとも花火までは見せられない?
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-07-14 21:50 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
フランスのお城を訪ねると必ずお庭にPotagerがあります
Potagerはキッチンガーデン、平たく言うと野菜畑
ベルサイユ宮殿傍にも広大なPotager du Roi(王様の菜園)がありました
フランスの宮殿のお庭はあまりお花など無いので物足りなく
結局Potagerのほうに足を向けるのです
f0229759_2391620.jpg


そんな名前のPotagerベジスイーツのケーキ
ずっと食べたかったんだ~
やっと最寄りに用事が出来てお土産に・・・

アボガドレアチーズ
f0229759_2348559.jpg

牛蒡のショコラ
f0229759_23492546.jpg

グリーンショートトマト
f0229759_2350044.jpg

キュウリとキーウィのゼリー
f0229759_23502398.jpg

お野菜の香りがプーン
砂糖大根甜菜糖の甘みが結構あって
そのギャップが不思議でした 
マイウ~~(^@^)
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-07-11 23:14 | ●レストランやカフェなどのグルメ | Trackback | Comments(0)

キッザニアでニート?

f0229759_22203312.jpg


イタリアに住んでいる友達から電話があった

今日本に帰ってきてんねん!
昨日息子連れてキッザニア行ってきてん むっちゃ面白かったでーっ!

はあ?キッザニア

うちの息子な 弁護士なりたいゆうて それから銀行マンなって
それから外科医にもなって執刀医になりやってん
そしたらなんとなー 手術中に胃を取り出して それ床に落としやってん!
むっちゃ面白かったわーーーワハハハハハ

最初何のことかさっぱり判らなかったこの話
キッザニアというのは 子供向けの職業体験シュミレーションランドで
子供が様々な希望の職業についてちゃんと仕事をし
給料をもらい銀行に預け カードも作れ
そのお金を使って買い物なんかもでき
完全なる大人社会のマネっこができるというもの

彼女の息子K君は情熱的英才教育ママと株ディーラーのイタリア人パパに
仕込まれて育ったおかげでセレブなお仕事を総なめにしてたくさんお金を稼ぎ
意気揚々だったらしい

でもなー 中には何の仕事にも就かないニートみたいな子もいたよー

もうすでに幼くして格差社会
親に色々やらされてそれなりの世渡りと 食べていく力が身に付き始めている子とそうでない子

私の周りには優秀なお子様をお育てになった方々もたくさんいらっしゃいますが
やはり話を聞くと幼い頃からきっちりとした教育をやり遂げた方々がほとんど

なるほど英才教育はやはり効果があるんだーと周りの結果見て初めて気ついたけど
自分の子育て中は結果が見えず中途半端なものになってしまった

我が子は社会でちゃんとやっていけるのかしら?
キッザニア連れてくには大きいしなー・・・
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-07-09 23:06 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)
f0229759_17381729.jpg

パリにフラワーアレンジメントのツアーで行った方が
その時レッスンで作ったアレンジメントはシャンぺトル風だったと言っていました

シャンぺトルとは田舎・野原などの意味があります

そして すごくオシャレだから絶対行ってね!
と友人に言われて車飛ばして行ったHANG cafeさん
まさにフランスシャンぺトルの朽ち果てたイメージ

こわいほど使い込まれたアンティークのシャビーブルーの家具が素敵でした
(写真はテーブル上のみ許可されていたのでこれしかありませんが)
f0229759_17411228.jpg


このカフェが野原の向こうにあって
開け放たれた窓から
風が吹きわたり

窓辺の朽ちたような花瓶に
シャンぺトルブーケがあったらどんなにか素敵でしょうね・・・


ふと 何年か前のチェルシーフラワーショーを思い出しました

f0229759_23442279.jpg

コンテストではカンパーニュ風のガーデンが
いつも一番人気

このショーの為にだけ作ったとは思えない
素晴らしい雰囲気のお庭 煉瓦の塀と朽ちた感じの扉

でも背後には黒山の人だかり
群がるイギリス人てめずらしい感じ
f0229759_2338406.jpg

ガーデニングの国ですねぇ
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-07-07 17:50 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

花を求めて

f0229759_224329.jpg


1坪ガーデンに少し花を植えたので
やっと自前の花で写真を撮ることができました

でもやはり限度があります
S玉県に引っ越して3カ月
植物園も素敵なナーサリーもガーデニングやっていそうな人も見つからず・・・
里山も遠く雑木林も無く

わざわざ鎌倉の馴染みの花屋さんに行ってしまったりする

描きたい花が手に入らないのです。。。

何処か近くに 
描くんだったらうちの広大なお庭の花をいつでもあげるわよ
なんて素敵な方はいらっしゃらないものか?

いたらぜひ教えていただきたい
お友達になっていただきたい

...勝手な願望ですが。。。

f0229759_22232117.jpg

[PR]
# by art-de-vivre | 2010-07-04 22:24 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(2)
本塗り以降もうとっくに花は枯れてしまったものの
最後の仕上げで荒っぽい塗りの部分を丁寧に仕上げます
この工程で、雑だった絵がいきなり深いものになり
本格的なボタニカルアートとなります
f0229759_18403078.jpg

そしてここから額装です
額装はフランス語でENCADREMENTアンキャードルモンと言います
CADREキャードルが額なので
額に入れるという意味です


f0229759_1841299.jpg


まず断面斜めカットの窓を開けたマットを用意します
そこに彩色を施したりラインを入れたりたりと装飾します
このような装飾を LAVIS ラビといいます
絵が締まることもありますが
やりすぎると絵の邪魔になるので気をつけて

f0229759_18423424.jpg



ラビのサンプルを何個か用意しておくと良いでしょう


f0229759_9303746.jpg


日本の家は残念なことにあまり額絵を飾りませんが
家の中にアートを取り入れるととても住まいのグレードが
アップして素敵になります
あまり季節的なものを飾りたくない時はモノクロ写真や
ポストカードでも十分ですよね

f0229759_18455100.jpg

[PR]
# by art-de-vivre | 2010-07-01 19:01 | ●ボタニカルアート作品いろいろ | Trackback | Comments(2)
f0229759_23211322.jpg

フランス、ブーローニュの森のバガテル公園にはよく行きました
薔薇で有名なジャルダンです

人のあまり行かない奥のほうに素敵なあずま屋があります
f0229759_23222497.jpg


天井画は鳥の絵
f0229759_23264332.jpg


その日は先客がいました
f0229759_23271771.jpg


天井画から抜け出てきたのかしら?

私とあずま屋とくじゃく

他には誰もいませんでした
f0229759_2343421.jpg


時間が止まったかのように感じました
日本には存在しない

美しい時間
[PR]
# by art-de-vivre | 2010-06-27 23:38 | ●フランスにまつわる話 | Trackback | Comments(4)

アナベル

time2009さん一押しのアナベルが1坪ガーデンのお仲間になりました

f0229759_0444973.jpg


いつのまにかアジサイが増えて今4株
まだ スペースはあるけどね
f0229759_18475297.jpg

[PR]
# by art-de-vivre | 2010-06-24 19:02 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(2)

エーデルワイスを探して

暑いのでマッターホルンの写真で涼みましょう
見事な逆さマッターホルンでしょ

f0229759_21442487.jpg


だいぶ前の話ですが
アルプスの花のスケッチをしようとスイスに行きました
一番のお目当ては
大好きなエーデルワイスの花
簡単に見つけられると思ったら
結局出会えませんでした
少し時期が遅かったのかしら?

でも山の麓の花屋さんにはたくさん売られていました
そして日本では近所の店先にもありました
f0229759_22382979.jpg


ハイキングコースは宝石をちりばめたような花と緑の絨毯
でも何となく見たことある花が多い
f0229759_22374383.jpg

アルプスの愛らしい野の花から園芸種がたくさん生まれたので
見覚えがあるのですね
有難いような そうでもないような グローバル化ってこういう事?
f0229759_22372861.jpg


ウシ君どう思う?



それにしてもスイスは美しかった・・・ため息~~



当時の簡単なスケッチが見つかりました
f0229759_23135824.jpg

[PR]
# by art-de-vivre | 2010-06-22 22:45 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(4)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre