ワークショップのお知らせです。

東京で開催してご好評いただきました
「ウェットオンウェットで描くパンジー」
そして、水彩静物画のワークショップが
大阪と名古屋に参ります!

私の加入している水彩画グループJWS(日本透明水彩会)が
大阪展を初めて開催することになりました。
その会場にてボタニカル講習も同時開催!
よって講習費もJWSで足並みそろえて決まっており、
東京でのワークショップより低料金にて受講いただけます。
この機会に関西地方の皆様ぜひお越しくださいませ!

大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月17日(水)13:00~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5000円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com




f0229759_01265829.jpg


大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月18日(木)10;00~13:00水彩静物画「ワインとブドウ」
レッスン料 5000円
先生の段階的なデモに従ってステップバイステップで描いていきましょう。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com

f0229759_01263996.jpg


名古屋会場:セントラル画材 (ホームページhttp://www.central-gazai.co.jp/
5月19日(金)13:00~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5400円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→nishimura@central-gazai.co.jp

f0229759_01265829.jpg

お申し込みは3月1日からです。
お申し込みになられた方に当日の持ち物等の詳細ご案内をいたします。
お道具はボタニカルアートや水彩画をされていらっしゃる方なら
基本お持ちのもので大丈夫です。
水彩画の経験がおありの方ならどなたでもお申込みいただけます。

各クラス20名程度

●大阪ワークショップのお申し込み先
mogura5507@aol.com

●名古屋ワークショップのお申し込み先
nishimura@central-gazai.co.jp

ワークショップ希望と書いて
お名前、ご住所、携帯番号を添えて
大阪・名古屋それぞれの申し込み先にメールでお申し込みください。
大阪は17日のボタニカルか、18日の静物画か明記してください。

ご質問等のお問い合わせもメールにてどうぞ。

また、先にお話ししたJWSのホームページがリニューアルされました
昨年までと違ってメールマガジンをお送りして
定期的に会の催しや講座等をご案内するシステムに変わりましたので
是非、ご登録のほうお願いいたします!


今年のJWS東京展 (4/19~25)丸の内オアゾ
大阪展(5/16~21)江之子島文化芸術創造センター

****************
読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ







[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-24 00:57 | レッスンお知らせ | Comments(0)
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

f0229759_15555969.jpg

入院生活が快適になった頃
FB友達からメールを頂きました
その方とはお会いしたこともお話したこともなかったのですが
入院と聞いてご連絡を頂きました
驚いたことに
その方は癌で余命1年と宣告されてから
今年で9年経ったのだそうです!!

何か特別な方法があるのかと聞いてみると
「癌と闘うのではなく、癌を受け入れて仲良くしようと思った」
とおっしゃるのです

なるほど
だから癌も彼女の体を奪おうとはしなかったのでしょう

たまに余命宣告を受けたけれど
長く生きているというのは聞きますが
実際にそういう方とお話したのは初めてで
とても心動かされました

癌になっても柔軟な心の持ち主の方達は
癌と喧嘩せず仲良く暮らしていけるのですね


f0229759_16025201.jpg


その他にも次々とメールを頂き
乳癌はじめ色々な癌の経験を
皆さんがされていることを知りました

皆さんの体験からすると
私の癌はほんのかすり傷程度です

同じ病室には再建手術する方もおられました
いつも小さなポシェットをたすき掛けにしているのですが
これが体液がたまる袋
つまり癌を取った後も傷口に管がつながっていて
水袋が胸に詰められており、皮膚が伸びた頃
再度手術したところを切ってシリコンパックに入れ替える
とのこと
入院期間も長くなるし
何度も切るのはつらいですね

あ~やっぱり入院生活天国だなんて言ってる場合じゃない!
早くここを脱出しなきゃ!!!
「先生早く退院させて~~」と懇願して
5泊6日でめでたく退院

皆様にはご心配頂きましたが本当に軽くて済みました
有難うございました

次回はワークショップのご案内です。
お見逃しなく~

読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-20 16:10 | フォト&エッセイ | Comments(0)

入院 その4手術

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

それから入院の荷物をまとめました
お絵かき道具一式と
DVDとふりかけとおやつと。。。
あん?
なんか変だな 私何しに行くのかな?(笑)

手術は麻酔など全部入れて2時間ほど

初めての手術
麻酔をかけられてすぐ
頭上から「血圧を下げるお薬を飲んでいるんですよね?」
と若い男性の声
「いいえ!?」
わー誰かほかの人とカルテ間違えてんじゃないの?
と 思った瞬間から記憶が無い

気が付くと手術は終わっていました
色々なチューブに繋がれて
口には酸素マスク
こういうのよくドラマにあるよなーと思いながら
でも身動きが取れないことが一番つらく
ただただ早く時間が過ぎることを祈りました

でも右胸を少し切っただけの私は
翌日にはすべてのチューブから解放されて
階段ダッシュするほど元気になり

病気の方々には申し訳なく、
不謹慎ではありますが
それからは運動してご飯食べてお絵かきするという
天国のような数日を過ごしました

心配していた黄金の?右腕は何の問題もなく
すぐにベッド周りはアトリエと化しました

写真はその時に描いた薔薇達

そんな中ある方から驚くべきメールが届きました
(続く)

お知らせ:
1月に行う予定でした名古屋ワークショップは
入院で延期となっておりましたが、5月19日に改めて行われる予定です。
また、同じく5月17.18は大阪にてボタニカルと水彩画ワークショップ予定でおります。
3月初めにはお申し込み開始予定です。
詳細ブログにて掲載いたしますのでお見逃しのないようお願いいたします。
      
****************
読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-17 02:00 | フォト&エッセイ | Comments(4)
ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

f0229759_00533803.jpg


さて、入院前日にレッスンに出かけました

そこで 1年ぶりに偶然知人と再会しました
顔を見るとショートヘアーのウィッグを被っています

あ!・・と思っていると その人が耳元で囁きました
「私 乳癌で入院していたんです」
私も彼女の耳元で囁きました
「私 明日から乳癌で入院するんです」

まだ若いその方は
以前から乳腺炎で医者にもかかっていたのに・・・
発見が遅れ 抗がん剤治療中でした
転移もあったとのこと…

何とも言えない気分になりながら
次に別のカルチャーに行くと
なんとそこでもまた いつもお世話になっていた方が
乳癌だと知りました
そして その方は男性!

男性でも乳癌になるんだ!と驚き 
「自分も、男性でもなるって知らなかったから
しこりを見つけても結構放置してしまっていたんです」 
とのこと

入院前日に偶然今までお知り合いだった方々が
乳癌と闘っていたことを知って
ショックを受けました~

落ち込んだ気分で
可愛いパジャマでも買って気分を上げようと
写真のパジャマを買ったら
娘に年相応の物を買いなさいと怒られました

何でかな?(笑)

さて,入院したらすぐ手術です

(続く)

読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-14 02:00 | フォト&エッセイ | Comments(2)
お知らせ:1月に行う予定でした名古屋ワークショップは
     入院で延期となっておりましたが、5月19日に改めて行われる予定です。
     また、同じく5月17.18は大阪にてボタニカルと水彩画ワークショップ予定でおります。
     3月初めにはお申し込み開始予定です。
     詳細ブログにて掲載いたしますのでお見逃しのないようお願いいたします。
      
****************

2週間後に検査結果を聞きに行くと

「はい 乳癌です」
とあっさり
「あーやっぱりですね」
とこちらもさっぱり


f0229759_22353052.jpg


結局 数ミリほどの初期の乳癌で
リンパへの転移は無いものと思われる
非浸潤性・抗がん剤の必要なし
温存手術と放射線治療のみ というものでした

非浸潤というのは
癌が乳腺の外に漏れ出ていない状態の事だそうです
幸いにも早期発見で
ステージもゼロという事でした

癌があると言われて触っても
何もわかりません
触って分かる大きさになっていたら
ステージは進んでいるという事なのでしょうね

ところで 早期発見できたことには
こういった経緯もありました

貧乳の私はマンモグラフィーにとても疑問を持っていました
欧米人のような巨乳なら全体を挟めるが
私のおっぱいではいくらお肉を寄せて強引に挟んだところで
全ての乳線が写るとはとても思えない

そうお医者さんに訴えても
「男性だって挟めるんですよ」と一笑されてしまう
・・・いやいや 挟めばよいというわけではないはず…
余りにも腑に落ちないので
勝手にマンモを却下してエコーのみ受けていました

そのエコーで癌を発見してもらい
後にお医者さんの指示でマンモも頑張って受けましたが
結果何も写りませんでした

マンモだけ受けていれば
この乳癌は発見されないまま進行してしまっていたでしょう

先日もその事に関するテレビ放送をやっていました
マンモのほうが石灰化したものが映りやすいという性質はあるものの
日本人の多くが癌が写りにくい乳腺だということで
超音波(エコー)との併用が理想的ということでした

どうぞご参考くださいね

そしてまたどんなに忙しくても 
1年に一回同じ時期に必ず健康診断を受けた
という事が良かったのです

幸いなことに入院日もとんとん拍子で決まり
そしていよいよ明日入院という日のでき事でした・・・
(続く)


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-11 02:30 | フォト&エッセイ | Comments(2)

入院 その1健康診断で

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは


出版で忙しくしていた年末の事でした

毎年12月に受けていた健康診断
今年はさすがに出版の大詰めのタイミングと重なり
凄く迷ったもののやっぱり受けておこう
と病院に行きました


f0229759_22212420.jpg


病院の待合室で待っている間も編集者Oさんからの
打ち合わせの電話がたびたび来ます
こんな忙しい時に健康診断なんて受けてと
申し訳なく思ったくらいでした

しかし胸のエコーを受けている時に
「あ…何かあったのだな」と感じました

検査の後お医者さんの説明で
「胸のしこりがグレーゾーンだから生検しましょう」
となって 針で組織を取って検査に回されました

これはたぶん乳癌だ ~とすぐにピンときましたが
余りにも忙しすぎたせいか 自分の事だからか
不思議と驚きは全くありませんでした
そしてその後…

(続く)

読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-08 02:00 | フォト&エッセイ | Comments(0)

春の準備

昨年は大変忙しかったにもかかわらず

ちゃんと春のことを考え

沢山球根を植えました!


f0229759_15105162.jpg


お店で次から次へと球根を買い求める私に

店員さんが「素敵な色ばかり選んでますね」

と声をかけてくださいました



f0229759_15112558.jpg
でしょ?

と思わず自慢したくなりました

この春はやっとゆっくり絵が描ける?!

f0229759_15214994.jpg

引き続きアマゾンにて上位獲得しております
有難いことです

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-05 15:18 | フォト&エッセイ | Comments(0)
ミドリ色の絵の具の話の続きです

最近植物画をアクリル絵の具や
ガッシュで描く人が増えています

薄く塗れば透明水彩と似た感覚は得られるのかもしれませんが
やはり植物画には透明水彩のほうがふさわしいと思います

f0229759_11155703.jpg

何故なら植物は透けているのです
光を通し中の組織の色が透けて見えます

そして表面は紫外線の影響を受けています
紫外線が多ければ多いほど植物の青味は濃くなります
青い色で紫外線の影響から身を守るためでもあります

f0229759_11161606.jpg



それに対して中は薄い黄色い組織で
満たされています
これは虫に見えやすくするための色でもあります

植物全体を見た時に
まずこの黄色味を帯びた色が感じられるはずです

だから私は最初に黄色を下地として塗っているのです
それから表面に見えている青味がかった色を塗ります
下に塗った黄色が透けて見える事が大事です
上に塗った青の発色も良くする効果もあります

そんな風にして透明水彩の
透ける特性は植物を描くには不可欠なのです


[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-03 22:46 | ボタニカルアートの描き方 | Comments(2)

緑の絵の具は使わない

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

ところで
私はミドリ色の絵の具を使いません

パレットには一応入れてありますけれどね・緑
これは赤と混ぜて
茶色を作ったりする時のために入れてあるのであって
植物を描く時には
全く使わないのです

本をお買い上げ頂いた方は
葉っぱを描くのに使っている色を見ればわかります

f0229759_17482917.jpg

ミドリ色の絵の具はどれも植物の緑を描くには
とても違和感がある色です
勿論他の色と混ぜて
思う色に近づけることはできますが
これはかなり遠回りで無駄なアプローチ

基本的に色は3色以上は混ぜません
それ以上は混ぜる意味が無いから

自然界に存在する色は
色相環の中から
3色だけ選べば大概の色は作ることが出来ます

緑の色はブルーとイエローの混色でできるもので
こちらのほうが鮮やかな美しい緑が得られます
また、植物の緑をよく観察すると
レッド系の色も見えます
アントシアニンの色です
なのでレッドも入れます
(続く)


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-02-01 17:49 | ボタニカルアートの描き方 | Comments(5)

色が濁る人は・・・

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

色がどうしても濁ってしまう方は
いつまでも筆でいじってしまう人です

f0229759_02081680.jpg
乾きかけているところを
筆でいじったりすると
水分の無い絵の具がよれて
絵具の粉が乱れたまま乾燥じます

そうすると光が当たった時に
乱反射が起きて
濁った色に見えます

一旦さっと色を塗ったら
そのままいじらず乾かしてください

いじらず乾かすためには
綺麗に塗れている必要fがあります

綺麗に塗れていないといじりたくなるからです
ウェットオンウェットで綺麗に塗ってください

♡さっと塗って乾かす♡
♡乾きかけはいじらない♡
♡乾いてから塗り重ねる♡

を守って塗り重ねていくと
透明度のあるきれいな色に塗れます


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-01-28 02:09 | ボタニカルアートの描き方 | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・様々なジャンルの作品・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre