<   2017年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

立山アルプスの草紅葉


10月はじめ
草紅葉というものが見られるということで
立山に向かいました

f0229759_18570454.jpg

着いた日は丁度小雨で
霧に包まれ良い感じ

f0229759_18572446.jpg

草紅葉は少し遅かったかという感じでしたが
まだ良い色が残っていました

この辺りは氷河活動と火山活動があったところで
そのおかげで高い木があまりありません

なので一面草が生えており
標高が高いのに湿地になって
池も沢山あるくらいなのです

f0229759_18571140.jpg

先週大好きな番組「ブラタモリ」
の立山シリーズを見て
本当に地学的な事が良く分かりました
そして勿論植物はその環境に応じて
育つものですから とても参考になります


泊ったのは「星に一番近いリゾート」と言われる
ホテル立山
標高2450メートルと
日本で一番高い所にあるホテルです

ホテルの夕食はこんな山の上とは思えない
正統派フレンチ!

VIPな登山客を迎えるためでしょうか?


f0229759_18580024.jpg


翌朝ホテルの部屋からの眺めは
これでした
3000メートル級立山のてっぺんが目の前に!

f0229759_18580640.jpg


快晴になってカルデラ湖も美しい~


f0229759_18575352.jpg


これから山歩きに最適な季節
雨が止んだらもっと出かけたい!!



ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-29 19:20 | ●旅の話 | Trackback | Comments(2)

触らないように描くなんて
不思議な事言いますが

透明水彩の美しい部分は
水の力で自然に広がった部分だと思っています


f0229759_18324695.jpg


粒子が綺麗に並んだ時に
光の入射角と
反射角が一致することによって
乱反射が無く
色の発色は最高に綺麗になります

だから
深いエメラルドグリーンの色を見た時に
垂らしこみしかないと思いました

計算されていないようで
計算ずくの絵です

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-27 00:33 | ●花と風景の水彩画いろいろ | Trackback | Comments(0)
f0229759_20542850.jpg


そして外せないのがレストラン選び
150年?前のお屋敷をリニューアルしたものです
門構えそして 中もとっても素敵です


f0229759_21031599.jpg



中庭に面した大広間にゆったりとした
テーブル席が設けられていて


f0229759_22134329.jpg



フランス料理が食べれます


f0229759_21021894.jpg


何と税抜き2900円でこのコーヒー紅茶付きの
ランチが頂けます
しかもとても美味しい!

是非お出かけくださいませ

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-25 00:10 | ●レストランやカフェなどのグルメ | Trackback | Comments(0)
久々にお友達と川越散歩です


f0229759_01403977.jpg


横浜からでも
乗り換えなしで来れる川越

我が家から近い小江戸川越は
昔より整備されて綺麗になっています

まずは喜多院へ向かいます

f0229759_01323628.jpg

こちらは中の日本庭園が見事
紅葉の時期に行けたら最高です
500羅漢もユニークな表情に圧巻です

f0229759_01322961.jpg

蔵造りの建物は
火事を防ぐための窓の鎧戸が何重にもなっていて
瓦屋根も趣きたっぷり

f0229759_01324969.jpg

昔ながらのお店が軒を連ねるので
暖簾を見るだけでも楽しい





f0229759_02192182.jpg

そして大切なのが
レストラン選び

(つづく)



ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ






[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-22 01:40 | ●レストランやカフェなどのグルメ | Trackback | Comments(0)
生徒さんが2人展をされますので
お知らせいたします



f0229759_00595494.jpg



「花愛でる二人展」
来月11月15日(水)~21日(火)
11:00AM~6:00PM(最終日4:00PM)
東京芸術劇場 アトリエイースト(地下1階)
最寄り駅:池袋 西口出口より徒歩2分




f0229759_01021973.jpg


お二人ともとても長く
ボタニカルアートに携わっており

その情熱 そして作品の数たるや
凄いものがあります

何しろひと月に1作は仕上げるスピードの速さ
よって私より遥かに作品点数も多いのです

自由でエレガントな構図が素晴らしい
木内さんの作品と
クオリティーの高い
山本さんの作品

35点ほど展示予定です

どうぞご高覧くださいませ

私も1点だけ出品させていただく予定でおります


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ






[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-19 00:54 | ●レッスンなどのお知らせ | Trackback | Comments(0)
私達晴れ男晴れ女ですから大丈夫!
両家の両親が互いに胸を張って
宣言しただけあって
昨日までの雨が嘘のように
良いお天気に恵まれ
結婚式の朝が始まりました

久々の日差しに
湘南の海にはヨットが沢山浮かび
ビーチは賑わっています

結婚式場は海を借景にしています
新郎新婦の後ろに窓越しに
広がっていた風景がこれです

f0229759_00591735.jpg


思えば長い道のり
昨年突然婚約をしてから1年余り
ようやく無事にこの日を迎えられました
(婚約秘話はこちら→★

でも 滞りなく式を終えられるのか?
来ていただいた方々に失礼の無いように
喜んでお帰り頂けるのか?

夫:「ヴァレンタインンの日に必死で作って
そっと箱に入れたチョコを
玄関でつまずいてぶちまけていたよなあ・・・」

私:「そうそう、ミラノの高級ホテルの
フロントでパンツ落としたり・・・」

天然エピソードの尽きない娘なら
ウェディングドレスの裾踏んづけて
ウェディングケーキに顔突っ込む
ぐらいの事が起こっても全然不思議じゃない

つわりも酷いらしく
式の途中で吐いちゃうんじゃないか?

・・・なんてもう心配は尽きない


f0229759_01205706.jpg





でも沢山の華やかなお客様を迎えて
ご挨拶したり
親族紹介
挙式リハーサル
挙式本番
披露宴と式は滞ることなく
進んで行きました


f0229759_00112143.jpg


つわりも不思議と治まっているよう

パリからの同級生 高校バスケット部メンバー 
会社同僚 ゼミ仲間 クラスメートなどなど
お友達は皆とても聡明で美しく元気一杯です

職場だったANAの皆さんが
大勢で駆けつけて下さり
替え歌ならぬ 替え機内アナウンス
を披露してくださいました

「ただ今より皆様を
愛のチャーターフライトへご招待いたします

皆様~本日はANAをご利用いただきまして有難うございます

当機は予定刻通り離陸後 甘い甘い新婚生活 夫婦喧嘩 
仲直りを通過し 限りない幸せに向かってまいります

予報によりますと到着地の天候は極めて快晴
気温はご覧の通り熱々
湿度はべったべたの為測定不可能となっております♪

新郎がお持ち込み頂ける手荷物は新婦への
溢れる愛情と給料袋のみとなっております・・・
…・略」

会場は大盛り上がり


そしてお色直しの間披露されたのは
娘を溺愛する夫が精魂込めて制作した
幼少期からのビデオ
本当なら私が作ったほうが慣れていると思うのですが
夫はこの仕事を私に奪われまいと必死でした
でも、毎日必死で作って最後に仕上がった時に悲劇が・・・
データーを保存しようとしたら
何故か全部消えちゃった!!!
私は哀れな夫にかける言葉もなく
ドアの陰から見守りました
「がんばれ~パパ!」

結果出来栄えは上々!
だってパパの汗と涙の結晶~

そして新婦の持つブーケは
関西で生花業を営む私の兄が作ってくれたものです



f0229759_00293408.jpg

スタッフの皆さんと制作 
車で7時間かけ運び
更に当日の朝生のお花を組んでリボン掛け
ブーケとブートニアとお色直し用のブーケ
そしてブーケトス用のブーケを別に用意してくれました

白いドレスにもお色直しのドレスにも
清楚でよく合いました


f0229759_01223807.jpg


新郎新婦は終始明るくて元気一杯
幸せな笑顔で溢れています

そして新郎がサプライズ報告
「僕たちに赤ちゃんが出来ました!」
「オーーーーーーーッ」歓声!1
娘は涙103.png

これでも母親ですから
娘の笑顔と涙でわかります
娘の言う通り
賢くて優しい素敵な旦那様と結ばれて
心から嬉しい 幸せと感じていることを!

本当に 本当によかったね

終わった後の親族の感想は
「若いって・・・いいね!!!」でした


f0229759_00164001.jpg


参列していただいた皆様
遠方よりお越しいただき
式を盛り上げていただいてありがとうございました

そしてこの長文のブログを
最後まで読んでいただいた皆様
心より感謝いたします


f0229759_15492682.jpg


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-16 00:18 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(4)
結婚式1週間前

普段LINEばかりで
全く電話をかけてくることの無い
娘からの突然の電話に
いやな予感が脳裏をよぎります

f0229759_02181244.jpg


今まで身の回りで
結婚式1週間前に結婚を取りやめたカップルを
2組ほど知っています

結婚式前に交通事故や
病気やそういったこともよく耳にします

こわごわ電話に出ると
シリアスな感じの娘の声

「ママ あのね
今病院なんだけど・・・」

「・・・赤ちゃんが出来たの!」

「えーーーーーーー
ーーーーーっ!!!」

大きなサプライズ

結婚するだけでも嬉しいのに
赤ちゃんを授かるなんて
嬉しすぎます

勿論この事は
結婚式までは他の皆には内緒です
ビッグサプライズですからね~

(続く)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-13 02:26 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
f0229759_21432444.jpg


結婚式の母の装いと言えば黒留袖
...という印象が
何故か私にはありませんでした

外国映画の見すぎだったのか?
結婚式のお母さんの衣装は
エレガントなひざ丈のドレスに
大きなつばの帽子

確か映画「マグノリアの花たち」
の中でそんな母親の姿を見た様な気がする
(ホントか?)

兎に角自分の娘の結婚式には
そういう格好をしようと思っていました

でも、いざ結婚式が近づいてくると
皆から当然のように聞かれました
「黒留袖着るんでしょ?」

そうかそうなのか・・・
でも今どきはそんなに着物着ないよね?
と思って
Youtubeで色々な結婚式動画を見て驚いた!
ほぼ全員黒留袖だった!!!

ありえへん事だわと心折れながらも
フォーマルドレス売り場に行ったら
店員さんは口をそろえて
旦那さんがモーニングなら
奥様は黒留袖かロングドレスが同格です
とおっしゃる

何で男性は紋付羽織袴でなくてモーニングで
女性だけが着物なのかが不思議で仕方がない

昔と違って今では式場も洋風が多く
招待客に着物を着る人もいない
動画で見たお式でもすべてお母さんだけが
着物なのです
着物文化を冒瀆するようで申し訳ないけれど
私は着物を着るのが苦手です

結局黒のShibiraのドレスか
紫勲章の授章式にも着ていけるという
ウンガロのピンクベージュのツーピースにするか
すごく悩んで

普段から黒ばかり着ている私は
明るいピンクベージュを選びました

f0229759_21433563.jpg


予算の2倍の値段でしたので
ネックレスや
コサージュは手作りです

これで準備オッケー!
と思ったウェディング1週間前
思わぬ電話が娘からかかってきました

(続く)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-11 22:07 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

海外出版へ

今年一月に発売開始した
私の著書
「自分時間を楽しむ花の細密画」は
引き続き好評でアマゾンンランキングにて
ずっと上位をキープしております!!
カスタマーレビューも本当に
沢山頂いておりまして感謝感激です💕

f0229759_00120794.jpg
更には
海外からの引き合いも多く
中国・タイで出版契約を済ませ
韓国でも発売の予定でおります

一昨日は立山登山をしていたら
出版社担当O編集者からお電話を頂き
タイの出版社との契約を済ませましたよとの
ご連絡

何故か日本の倍の初版部数なんですよね~とのこと

そんなにタイにボタニカル愛好者がいるのか?
…謎です(笑)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-08 00:13 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

秋のカラメルの香り

秋が来たなと感じるのは
散歩していて
この香りをかいだ時です

黄色く色づく
かつらの木の葉
f0229759_01013719.jpg
香りは甘いカラメルのようです

沢山集めて
お部屋に置いておくと
焼き菓子のような匂いが漂います

可愛いハート型の葉
こおばしい香りの木を見つけたら
それがかつらの木です


カレンダーは完売で
ブログにて販売分は残りませんでした
申し訳ございません

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-06 01:04 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

藤井紀子のブログ。爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre