<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昔アメリカに住んでいた時代
私達はハロウィンが大好きでした


f0229759_11164589.jpg

その頃になるとオレンジ色のゴミ袋が売り出され
ジャックオーランタンの顔が黒く印刷されていて
秋の落ち葉をかき集めてその袋に詰めるだけで
即席の大きなパンプキンのようになり
それを庭先に置きました

ご近所も窓にコウモリや蜘蛛の巣の飾りや
わらやパンプキンで作った人形に洋服を着せて
玄関先に座らせたり
骸骨をベランダにぶら下げたり
それぞれ趣向を凝らした演出を
競争のようにするのでした

f0229759_11180504.jpg



鮮やかなオレンジのパンプキンが
ホームセンターに大量に並び
いつも沢山買い込んで 夫が中をくりぬいて
私が下描きをしてまた夫が顔を彫ります

当日の夜は沢山お菓子やキャンディーを買い込んで
外のジャックオーランタンにろうそくを灯し
子供たちが来るのを待ちます
私達は仮装好きだったので
自分たちもいつも仮装していました

そうして時間になると
子供たちが近所の家を一軒一軒回り出すのです
チャイムでドアを開けると
「Trick or treat!!!」と叫んで子供達が立っています
おもてなししないと悪戯するぞ~という意味です

ハロウィンは日本のお盆のようなもので
先祖の霊(アメリカではゾンビ)が出てくる日なのです
そして自分たちを大事におもてなししろと言っているわけです

はいはいというわけで
子供達がそれぞれ手にしている大きな袋に
お菓子をたくさん入れてあげます
これでサンキューと機嫌よく帰っていきます

100人以上のゾンビと化した子供達が
一晩でやってくるので
仮装を見るだけでも楽しくて仕方がありません

このおもてなし(Tret)をしなかった家は
家に卵を投げつけられたり
庭木にトイレットペーパーを巻き付けられたりと
本当にいたずらされてしまいます

f0229759_11171281.jpg

あまりに楽しい行事だったので
私達は日本に帰ってからもこれをやりました

オレンジのパンプキンは当時どこにもなくて
わざわざ軽井沢まで買いに走りました
子供のお友達を沢山呼んで皆で仮装しました
夜になるとジャヤックオーランタンを灯して
家の前に並べました
当時日本ではハロウィンは誰もやっていなかったから
家の前を通りがかった人は気味が悪かったでしょうね
でも勿論「Trick or treat!!!」をしにくる子はいませんでした
いつか日本でも子供達が家を回るようになれば楽しいなあと思っていました

今ではハロウィンは日本で人気ですが
何だかいい大人の仮装パーティーになってしまっていて

アメリカの素敵な深まる秋の風景とともに
とても情緒ある子供のお祭りだったのにな~
と思い出されてちょっぴり残念です


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-30 11:20 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

出版メイキング6イチゴ

例えばイチゴの描き方

これは意外にも難しいのです
まず、このように透き通るような
ルビーのような鮮やかな赤の出し方

ツヤツヤ光っているハイライト
種(本当は植物学的にはこれが実なのですが)
があるし その周辺はへこんでいる
f0229759_21472978.jpg
この色を出すには6回の違う色を塗り重ねています
色など詳細はまだ内緒ですが
もし、出版されたらちゃんと色名や
赤の絵の具の秘密や
塗り重ね方もしっかりご紹介します
(まだ本当に出版されるか疑っている・笑)

種やハイライトはマスキングでカバーしておきます
マスキングは細かく入れるのは難しいので
苦手な人は後からハイライトを
ホワイトで入れるのもありかもしれません
普段は白は使いませんが
やむを得ない時にはどうぞ

種の部分には陰も入っていますよ~


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-28 00:01 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback | Comments(0)

出版メイキング5 

先週末は2回目の撮影でした

撮影は編集者さんとカメラマンさんが見ている前で
私が作品をどんどん描いて
途中撮影していくという風に行われます

本のページでは色や塗り方の説明が詳しく入ります
絵はもっと細かく追っていきますが
大雑把にはこんな感じ

f0229759_22371923.jpg

出版社のOさんは 
何とあの羽生結弦君にそっくりです!
どんなに椅子を勧めても絶対に座りません
ずっとフロアに正座して
私の筆さばきを見つめています

…何故ならぎっくり腰だから(笑)

でも正直言うと。。。
宮藤官九郎のほうがもっと似ている

ま そんな風に
カメラマンさんと男性2人が見つめる中 
お待たせしては悪いので 私は必死で手を動かし
おしゃべりでOさんをいじくります
「ちゃんと何でも食べて太ってくださいね~」
うるさいおばちゃんです
でも静かだと描きずらいので 致し方ない

この花びら程度ならまだその場で描けますが
複雑なものはもの凄く時間がかかるので
その場で描き上げるのは不可能~
そこであらかじめある程度描いたものを用意しておくことに~~

次回はそんな風にして撮影したイチゴをお見せします~


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-24 01:10 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback | Comments(0)
出版用にバラを2つ描きました
ジュリアとセプタードアイル

f0229759_23235826.jpg

ジュリアは長年薔薇を育てる方々も大好きな
シックな素敵な色 秋なので春より咲き方もシックです

セプタードアイルは可愛らしいピンクのカップ咲き
沢山花びらが重なっています

描く工程を撮影できるのはどちらか一つだけ

出版社Oさんは初心者に向けた本だから
簡単に描けるほうにしましょうと言ってジュリアを指定

私は初心者はピンクのカップ咲きのような薔薇が描きたいのでは?
とセプタードアイルを押しました

一旦Oさんに押し切られて
ジュリアにすることになりましたが
やはりセプタードアイルが気になります

生徒さん達に伺うとやはり一般的なのは
ピンクの方かな~ということで
ここはわたくしの意見を通させてもらって
セプタードアイルの工程を撮影して載せることにしました~

皆さんはどちらが描きたくなるのでしょうか?


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-20 09:42 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback(2) | Comments(0)

血行改善

明日は・・あ、もう今日ですがまた撮影です

あべとしゆき先生の3冊目の出版が押してきて
私の撮影が始まったのは
予定より一か月以上遅れていました
ちょっと。。。いやかなり心配!

f0229759_23515219.jpg

今日はたくさん描きました
描くのは大好きですが
たくさん描きすぎると
翌日すさまじい肩こりと全身疲労に襲われます

でも今はアスモケアという電子治療のお陰でかなり好調~

f0229759_23474426.jpg

ただ20分電気の流れる椅子に座るだけで
全身の血行が良くなるというものです~
これは楽ちん
座って携帯でメールテェックしているだけで
血行改善
次の日も肩が軽い!!


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-19 00:40 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)



f0229759_01245819.jpg



リンゴの描き方の動画アップします

これはボタニカルアートではありません
普通の水彩画です
描いた時間は30分ほど
それを早送りで5分ほどにまとめました


ボタニカルアートではマスキングを使ったりと
細かくリアルに描くので
もっともっと時間がかかりますが
基本的な光と影などの捉え方は同じです



今年は出版で手が付けられませんが
来年からはボタニカルも動画を手掛けていくつもりです

チャンネル登録まだの方はお願いいたします
宜しかったらイイネ!もね



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-16 01:26 | Trackback | Comments(0)



f0229759_21093496.jpg

リンゴの描き方の動画アップします

これはボタニカルアートではありません
普通の水彩画です
描いた時間は30分ほど
それを早送りで5分ほどにまとめました


ボタニカルアートではマスキングを使ったりと
細かくリアルに描くので
もっともっと時間がかかりますが
基本的な光と影などの捉え方は同じです

今年は出版で手が付けられませんが
来年からはボタニカルも動画を手掛けていくつもりです

チャンネル登録まだの方はお願いいたします
宜しかったらイイネ!もね



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-13 21:39 | Trackback | Comments(0)

小さい世界

今 基本に戻って
パンジー
f0229759_14043924.jpg

いつも
どアップで撮るから
皆さん大きいと思っているでしょうが

本当はこんな小さい小さい世界です

f0229759_11403484.jpg



大きさが分かる様に筆先や手を入れていますが
それでも
イメージは大きいようです



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-11 00:05 | ●ボタニカルアート作品いろいろ | Trackback | Comments(0)

cafe KAIKADO in 京都

実家に帰ったついでにいつも寄るのは京都
f0229759_22092195.jpg
今回もほんの少しだけ京都散歩

寄ったカフェが素敵でした

f0229759_22132730.jpg

コーヒー大好き人間

こちらのコーヒーは勿論一杯一杯丁寧に


f0229759_22101069.jpg

こちらはあの海外でも人気の茶筒

ほらあの 蓋が重力ですーーっと落ちるやつです

の出したカフェ

f0229759_22080452.jpg


レトロな建物内はとても素敵な空間

勿論あの茶筒も売られています

まるで美術品のようですね~

f0229759_22125311.jpg


京都にお立ち寄りの際は是非どうぞ



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-08 11:18 | ●レストランやカフェなどのグルメ | Trackback | Comments(0)
先日出版社のOさんと
描くための花を買いに行きました

f0229759_22503706.jpg


今はちょうど花があまりない時期
薔薇はもう少し先、チューリップなど春の花は勿論ない
パンジーなどは出はじめたばかりです

それでもホームセンターの片隅に薔薇が少しありました

あまりポピュラーでない名前の薔薇ばかり
見た目にもあまりぱっとしない感じ

「私が知らないだけかもしれませんが
あまりポピュラーな品種や描きたい品種が無いですね」

するとOさん
「え、品種?スマップみたいじゃないんですか?」
「は?スマップ???」

「世界に一つだけの花~、オンリーワン♪?」

言いたいことはわかります
どれでも同じじゃないですかということ

ここで私はOさんがボタニカルアートの世界を
あまり知らないということに気がつきました

ボタニカルアートとは、品種の区別を描くもので
何を描くかはとても大切です
人間が勝手に交配して作り出した花も
勿論スマップの歌のようにすべて良しですが
神様が作り出した原種に比べると
その価値は如何なものでしょうか?
・・・・・みたいなことをつらつらと説明したのですが
あまりピンとこない様子のOさん

結局それでも何かを描かなくてはいけなく
気に入ったものを探す時間も無く
やむなくゲットしたのがこのジュリアでした

モーブのようなブラウンのようなグレーのようなピンク
中心部は黄色

不思議な素敵な色ですが
飛びついて買ったわけではないので
何だか筆が乗りません(汗)

読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-10-05 00:17 | ●ボタニカル出版メーキングストーリ | Trackback | Comments(2)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre