<   2016年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

出版メイキング3花びら

花びらを描くように言われていました

小さいものから始めてみます
f0229759_23160208.jpg

もっともっと塗ります

でも

ご飯を食べている間に花びらがしおれた~

f0229759_23193443.jpg





読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ







[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-28 06:09 | ボタニカル出版メーキング | Trackback | Comments(0)
ユリの葉

f0229759_16154724.jpg


単子葉植物の葉は描き易いと思うのですが

側面のうねりや巻き込み具合

縦に流れる葉脈など

流れを大切に

葉の厚みも表現しよう


読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-26 00:33 | ボタニカル出版メーキング | Trackback | Comments(0)
出版用に葉を描いています

葉の中でも最も質問の多い
椿の葉っぱ
ツヤがある葉っぱは照りがあるので難しい

f0229759_00430952.jpg





読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-24 00:49 | ボタニカル出版メーキング | Trackback | Comments(0)

撮影開始とお礼

昨日から本の撮影に入りました♪


f0229759_00344394.jpg

カメラマンさんに撮ってもらいながら
出版社担当のOさんとあーでもない
こーでもない
ボヤキとツッコミを繰り返しながら(笑)
これで本当に本が出来るのでしょうか?

面白いから本が一冊できるまでの
メーキングをブログにアップしていきますね~

ところで娘の婚約話を読んで
各方面からお祝いのお言葉を
沢山いただきました
有難うございました

また、姑の病状に関しても
皆さんから沢山の経験談を頂きました
こういう口コミが一番有り難いですね

中でもすごかったのが90歳のおばあちゃんが
うちと同じく圧迫骨折で歩けなくなったが
フランス人と結婚するお孫さんの結婚式に出るため 
頑張って治してフランスに行ったという話~

孫?フランス?とにかく両方で
90歳でもテンションアップするよね~

・・・・うちも今年90歳
ほぼ歩けそうになってきましたよ
娘の結婚式歩いて出れるのかもです~

本当に皆さま有難うございました💕



読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-23 00:30 | Trackback | Comments(0)
f0229759_22451943.jpg

色々と心配は述べたものの

勿論結婚に反対なわけではありません

結局私達のこの心配は

私達がきちんと娘を教育して送り出せば良いだけのこと


それに気付いた夫が

「2人で力を合わせて協力してやっていって下さい

こんな娘ですが宜しくお願いいたします」

と言い2人で頭を下げました・・・

f0229759_22451277.jpg




・・・さてさて結婚の話はひと段落着いたところで

私が早速手にしたものは 姑のレントゲン写真

それをT君に見てもらいます

何故ならT君はお医者さんの卵

まだ研修医ですが

整形外科医を目指しているという話を聞いて

私は運命的なものを感じました


考えてみれば姑が圧迫骨折になったのも

夫がずっと行きたがっていたマチュピチュから

8月末帰ってきて3日後でした

旅行中だったらと思うとぞっとします

きっと息子の楽しい旅行を邪魔しないよう待っていてくれたのでしょう

そして途方にくれていたら 娘がT君を連れてきてくれた!

T君は 私達にはさっぱり何が映っているかわからないレントゲン写真を見るなり

「ああ これはかなり潰れていますねえ~」

と言って詳しく説明してくれました

実際に診てもらっている年配の先生と全く同じ診断で

でも丁寧に教えてもらい、年配の先生が言っていることが正しい事が良くわかりました

同じ内容でもセカンドオピニオンがあるとなお安心です



ハプニングが色々と起こり

だけれどもその不安が不思議な運命に導かれて解消されてゆく

この日T君に来てもらって 不思議な気分に満たされました

娘のこと おばあちゃんのこと 不安の種が不思議と心強い安心に変わっていました


高校生の時からお付き合いしていたのに

一度も彼と会った事が無くて 仁王立ちするなどと息巻いていた夫も

「とても明るい子だね」とT君のことを気に入りました

神様から何かを頂いた そんな気がします

f0229759_22453597.jpg


この後 和気あいあいとお食事をしました

一緒に鍋をつついていたら

何かの拍子にT君が「○○ですよ~おかあさん!」

と私に言ったのでびっくりしました

「お、・・・おか、おか、おかあさん??!!」


そっか~~~私息子が出来るんだーーーっ💕

・・・・母は一人赤面するのでありました



私的な秋の長話読んでいただいて有難うございました

読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ









[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-20 23:59 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)
T君は 律儀にも私のグループ展や個展にも

必ず足を運んでくれていました

そんな今までのお礼を述べていると

仁王立ちするはずだった夫も

しおらしく2階から降りてきて

初めましてのご挨拶~

f0229759_13433155.jpg


そしてまずは突然ほぼ寝たきりになってしまった姑に会ってもらいました

歩けない事以外は元気そのものですが

やはりずっと一緒に暮らしていた孫が結婚するというのですから

会える時に会っておいてもらわないと不安な気がします

結局会ってもらって何だかほっとしました


それからリビングでお話をしました

T君はきちんと居ずまいを正して

結婚をしたいのですがという話をしてくれました

娘も神妙そのもの。。。


私なんて本当は結婚なんて どうぞお好きにご自由にという感じで

親だからって何の権限も無い気がするのですが

けなげに許しを請いに来た2人を見ていると

それだけでも何だか感慨深い。。。


さて、夫は何を言うのか???


すると意外にも色々と考えていたようで

とうとうと語り出しました

要約すると「不安で一杯ですが大丈夫なんでしょうか?」というようなこと

そうだそうだ不安だ!!大丈夫なの?!!!

私も全く同じ意見

何が不安かというと

そりゃあもう頼りない娘に対する不安です

私達の責任なのですが

要は結婚はまだまだ先だと油断していたので

何の心構えも準備も教育もしておらず

不意を突かれてうろたえているということなんですね

f0229759_01114582.jpg

いつまでも子供扱いしていた

学生の頃は習い事や勉強が優先されていて

大切な事を伝える時間も無かった

しかも誰に似たのか ど天然キャラ(…ん?、私ですか??)

こんなことで火事を出さずゴミは出すという風な

きちんとしたことが出来るのかぁー?

語れば語るほど心配が募る私達


T君も そんな私たちを見て困惑顔になっています 



<次回part3赤面する母 に続く>



読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-17 01:21 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)

娘が婚約すると言いだしたのは

丁度姑が歩けなくなった直後でした


まもなく彼氏であるT君が挨拶に来ることになり

当日 初めて彼に会う夫は私に言いました

「ねえ。君が駅まで迎えに行ってね」

「は?何で?」

「だって僕は玄関で仁王立ちしてなきゃいけないから。。。」

「・・・???

仁王立ちでも逆立ちでも好きなようにしなはれ~」



f0229759_01310644.jpg



ドラマでしか見たことなかったこういう瞬間

そわそわして落ち着かない夫はどんなリアクションをするのだろう~

こちらもそわそわして出版の仕事も手につかず

筆が持てないでいました


そして現れたT君

スーツ姿でいつものように爽やかな笑顔~


<次回 part2募る不安 に続く>

読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-14 01:36 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(4)
20年以上同居している姑

突然圧迫骨折で歩けなくなりました


まあ勿論時は流れるから

致し方ない

だけどどうなるんだろうと

思いながら

介護用品買いに出かけようとしたら

玄関のドアにナナホシテントウ発見
f0229759_16522040.jpg
「おお~」

「そうだ!写真でも撮ろう」

長らくカメラを持っていなかったことに気づく

ナナホシなんてなんだかラッキー

何でもポジティブに解釈する私

・・・・・

その夜おばあちゃんはちょっと歩けるようになって

お風呂に入った~♪

f0229759_16530437.jpg


読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-13 01:01 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)

デッサンから始める

出版するにあたって

心配な事がいっぱいある

f0229759_17342872.jpg


こんなデッサンの工程など

全ての工程を写真で説明していくわけですが

こんなものを描くのでも 

とても時間がかかるので


「カメラマンさんの前でちゃちゃっと描いてくだされば

工程撮っていきますから~」

と言われても困る

こんな小さなモチーフでも一日かかります

…と説明してもあまり通じていない気がする

素敵なモチーフが目の前にないと描けません

…と説明してもあまり通じてない気がする




ただ単に私が心配性なのだあろうか???

いや、まさか!!!



読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-09 17:42 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(0)
毎月行っていた水彩画クラスを
無期限で辞めることにしました
当日はとても寂しかったな~
もう何年?
5年くらい?

f0229759_12150445.jpg

初回からずっと来てくださった方もいらっしゃいましたし
私がお勧めしたばかりの筆を早速買って
握りしめとても楽しみにしてくださっていた方々
また、秋には戻ってくるから先生その間に辞めたりしないですよね?
といって夏のバカンスに行った方もいらっしゃったのに
すみません戻って来たら無くなっていた!!になってしまい

でも、理由はこうなのです
来年早々にボタニカルの本を出版することになり
それが決まったのが約1月ちょっと前
8月は勿論旅予定で一杯でしたから
10月までに入稿なんて
絶対無理!だったのです
何かを諦めて時間を作らないと無理

そこで少しばかり準備に時間のかかる
この水彩画クラスが犠牲に。。。
そしてまた少し 本当に自分が描きたいものとは違う
生徒さんのためのネタ作りというのにも
少し違和感というか
もっと自分しか描けない自分ワールドの絵を
展開する時間を設けたいという気持ちもありました

そんなかんやでしばらくお休みをということになってしまったのです
最後のレッスンは皆さん放心状態
私も寂しく誠に申し訳無く思いました

不思議なことに私のクラスに来てくださり
長く在籍してくださる方々はとても素敵な方たちばかりです
この人好きだなあと思える人は不思議と
辞めずにずっと来てくださっていました

私自身はこれから水彩画の風景や花の絵は
辞めるどころかバンバン描いていこうと思っています
出版のお仕事が終わるまでは
そちらにかかりきりになるかもしれませんが
今後もたくさん水彩画をお見せしていきますので
このブログをチェックしてくださいませ

そして勿論ボタニカル出版情報も
沢山アップしていきますね
今年の秋は楽しみです♪

読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-08 00:43 | 花と風景の水彩画 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre