<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

6月4日(木)2時~月に一度の水彩画「優しく描こう花と風景」

今月のテーマはアジサイのある風景

描いたのは鎌倉「明月院」です
f0229759_00455391.jpg

このシーズンはは人でごった返す明月院
奇跡的に人がいないタイミングで写真を撮れました

かの有名な極楽寺の海の見えるアジサイ切通し、長谷寺などなどの
鎌倉お写真もご用意しています
バラもアジサイも風景の中に溶け込むように描けるのが好きです

f0229759_00382164.jpg

お申し込みは池袋コミュニティーカレッジ 03-5949-5486 まで
水彩画・「優しく描こう花と風景」藤井クラス


ポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村



[PR]
by Art-de-vivre | 2015-05-30 00:41 | 花と風景の水彩画 | Trackback | Comments(0)

淡路花博

この季節、月日は爆早く流れ
まだゴールデンウィークの写真を全然アップできておりません

まあ、クリスマスまでにはアップしたいな~
ゆっくりお付き合いくださいね

GWに行った場所の一つがこの淡路花博
大昔ここで花万博があったのですよ
まだ娘が小さかったので、花というより遊園地感覚でしたが、
温室だけは印象に残っていていました

今回その懐かしの会場へ
温室は変わっていなかったけれど
もちろんラフレシアの花はもう無い

温室といえば蘭
まるで動物の顔みたい
背萼片・側花弁・側萼片・唇弁
そしてコラム(蕊柱部分)
葯帽とその中の花粉塊まではいじることは許されませんが
蘭はそれぞれの形状がかなり異なるので
じっくり観察してしまいます

レリアウンドゥラタ
手足を伸ばしたクモみたい

f0229759_12410542.jpg

フラグシペディウム メモリアディッククレメンツ
見事なリップ
まるで食虫花のようだわ
虫をおびき寄せる何か香りのする液体でもたまっていそうな形
色は蘭にしては鮮度高い


f0229759_00130940.jpg


バルボフィラムファルカタム
本当に小さな花 3ミリくらいかな
f0229759_12413243.jpg

ランの王様
パフィオペディラムアルプトニアナム
いかにも光の届かない湿気のある場所に咲いていそうな色


f0229759_00182293.jpg



アガぺ スキディゲラ
カーリーヘアーがとても魅力的
この日一番のお気に入り



f0229759_12420919.jpg

名前見失いましたが
いわゆるサボテン
なんでこんな色なのか 理由が知りたいな

f0229759_12422898.jpg

メコノプシスシェルドニー
最近は色々なところで見られるようになってきた
メコノプシス、青いけしですが
これはベトノキフォリアとグランディスの種間交雑種
でも、かなり色が紫がかっており、花弁もくるくるとねじれており
同じシェルドニーでも今まで見たのと少し違う感じ


f0229759_12424397.jpg


こちらはヒスイカズラ
どこの植物園でも人の目を引き付ける人気アイテムです
植物画を描く人も多いけれど
写真だけでは描けるものではないから
私はいつも断念

f0229759_12425221.jpg

何とも言えない色、
絵具だったら何色を使うかなあ
コウモリによる虫媒花ということはやはり
夜見えやすいように僅かに蛍光色を放っているのかしら
暗い所で見てみたいものです


f0229759_12430134.jpg
沢山の花が下に落ちているので
拾わせていただいて 中を観察
長くてしなやかな蕊一本雄蕊10本が隠れている
奥に蜜
ルーペは必携です

でも、植物園の物は例え下に落ちているものでも
持ち帰ってはいけないのでご注意くださいね

しかし、いつも思うのが、誰か解説してくれる人はいないものか
分かるのは、現物と名前、学名、属、科ぐらいのものですから
何故なぜだらけ
色々知りたくてうずうずしてしまいます
解説ツアーをやってくれる植物園もありますけれどね

まあ仕方なく、眺めて写真を撮って、気になるものは
後でゆっくり自分で調べるしかありません

そういえばシンガポールの植物園は人の目の高さに来るように
少し高い位置に植えられていたような気がします
こちらのは普通に下のほうに植えられているので
タグを見るのも大変
きっと植物園も展示にはかなり気を使ってはいるのでしょうね。



薔薇が咲いてきましたね!ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-05-25 00:45 | Trackback | Comments(0)

ガーデン訪問

ボタニカルレッスンでSさんが今描いている花は
ご自宅の薔薇アンジェラ

f0229759_01102702.jpg


薔薇の愛育家でいらっしゃるので
きっといつも我が家の悲惨なまでに放置された薔薇の状況に
心を痛めておられたことでしょう

剪定さえままならない自堕落な私の代わりに
葉っぱを描きますから切ってきて と鋏をお渡ししたら 
ちゃっちゃとうちのバラを切り戻しておいてくださった
ほんと行動力ある方なのです

そんなSさん邸のガーデン訪問~~
キャーすごい!!!
皆声が上がります

f0229759_01143777.jpg


通りがかりの人も思わず見せてくださーいとやってきてしまいます


f0229759_01363691.jpg

駐車場だった場所にとても立体的なアーチが何個もできています
旦那さんの手を借りず全部自分で針金張り巡らして誘引するそうです
根性!


f0229759_01113458.jpg

薔薇に囲まれたとっても素敵な空間
何より花がとても幸せそうでした~

この後手打ちのおいしいおうどんまでいただきました
ここまでバラを育てられる方はさすが何でもこだわっていらっしゃいます

もう頭の中には来年の計画があるとか…
すごい!!!そして楽しみ!
訪問させていただき有難うございました







薔薇が咲いてきましたね!ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村

[PR]
by Art-de-vivre | 2015-05-19 00:53 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)
今年も華麗なガーデナー達の共演
バラとガーデニングショーに行ってきました

f0229759_08560843.jpg


今年はおなじみ上野さゆきさんの
風のガーデンの素朴な北海道らしい花々に魅了されました
2年前訪れた時は未完成だった大雪山のガーデンもだいぶ拡張したそうで
ますます北海道ガーデン街道の人気は上昇でしょうか?

吉谷圭子さんのアンデルセンの庭もいつもの通り
花の数とクオリティーに圧倒!
f0229759_00425625.jpg


でもやっぱり一番私が好きなのはローラン・ボーニッシュの世界


f0229759_00412612.jpg

独特のエレガンスとクラシックラグジュアリー感

まるで洋書の中から抜け出てきたようなインテリアが
そこここに配置されたラウンドブーケと見事に調和して
何とも日本人には表現できないテイストです

f0229759_00411573.jpg


薔薇のお持ち帰りはバルニのアカデミア
ロクにお世話しないくせに買っていいものかしら~~?
最近はバルニ社がお気に入り
イタリアらしいバロックな感じが好きです





薔薇が咲いてきましたね!ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村

[PR]
by Art-de-vivre | 2015-05-16 00:52 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)

クレマチス 白万重

大きな作品を描く時間が無い時は
日頃描いてあげれていない小さな作品を描きます
f0229759_23115962.jpg

白万重は咲始めの頃が好きです
こういう小さい花ははさくっと描けていいですね





薔薇が咲いてきましたね!ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村

[PR]
by Art-de-vivre | 2015-05-13 23:14 | ボタニカルアート | Trackback | Comments(0)

大塚美術館

ゴールデンウィークに出かけた中で一番印象に残ったのがこの美術館
日本で一番入館料と人気が高い美術館 
徳島県にある大塚美術館です

入館料は3240円 「高い!」
でも行った人は皆口をそろえて言う「安い!」

そうはいっても全部偽物なんだから
大したことはないに違いないとたかをくくっていた私も
行ってみて結局思いました 「これは安い!」

何故なら偽物とはいえ 現物大の絵の完成度は高く 
私が苦労してヨーロッパを巡って尋ねた
殆どの美術館の有名な作品がここに勢ぞろい!!!
まさにモナリザからゲルニカまで約1000点の絵画が揃うのです

入り口を飾るのは、システィーナ礼拝堂天井画
バチカンまで行って並んで見た時の感動が蘇ります

f0229759_00261947.jpg


館内を案内してくれるのはキュートなロボット
自分で各部屋を移動しててわかり易く説明してくれます

f0229759_00271871.jpg
絵はシルクスクリーンで写真をもとに巨大な陶板に焼き付けてあるので
紫外線の影響なし、写真撮り放題
日本の窯業技術は素晴らしすぎる

モネの作品などは屋外の自然光の下で見られます

f0229759_00280913.jpg

モネの作品の外取り巻くように
スイレンの咲く池と素敵なカフェがあります


f0229759_00283235.jpg


惜しむらくは、陶板のつなぎ目に線が入ること
しかし不思議とそれは気にならないのです


f0229759_00292508.jpg

そして額が本物とは違うことも一寸残念
それなりにいい額を使っていますが
オリジナルを再現はしなかったようです

だからモノによっては印象が違います
例えば私の大好きなモネの日傘の女のオリジナルは金の額だったのに
こちらでは木の額に入れられていました

モナリザの額も違ったものでした

f0229759_00310021.jpg

でも面白いことに本物ではできないことをやってのけるのです
最後の晩餐は修復前後が同じ部屋に並びます


f0229759_00320700.jpg

大好きなセガンティー二は私も現物を見たことがないものもありました
なかなか行けないところにあるものが此処で見られるのが有難いです


f0229759_00363228.jpg

ルーブルに行ったら必ずこの絵の前に立っていた
ラ・トゥ—ルの「ポンパドール夫人の肖像画」に再会

f0229759_00552124.jpg


巨大な絵なのですが何とパステルで描かれており
いつも楽譜の音符に見とれていました
パステルでどうしてここまで細密に描けるのか?と驚嘆して…

オリジナルがパステル画と知りつつ見る陶板画
不思議と違和感なし


f0229759_00554404.jpg

お金をかけ 世界を巡って見てきた人には
偽物とはいえ全部ここに揃えられているので
とても安く感じるのですね~~~

当たり前ですが 自販機は大塚製薬のドリンクオンリー~^^

儲かっている企業はこれに見習って文化芸術に貢献してほしいなあ~~~

************
スケッチツアーもお早目のお申し込みを~
7月10日(金)バスで行く日帰りの
「藤井紀子先生と行く軽井沢レイクガーデンスケッチツアー」
開催されます
ご一緒しませんか?
詳細はセブン旅ネット
ブログ内案内ページはこちら
f0229759_01061306.jpg




薔薇が咲いてきましたね!ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村


[PR]
by Art-de-vivre | 2015-05-08 01:00 | | Trackback | Comments(0)
月に一度の水彩画教室「やさしく描こう花と風景」

5月7日(木)2:00^のテーマはリクエストにお応えして「薔薇」です


f0229759_18541997.jpg


何だかんだ、毎年1回は取り組んでいるこのテーマ

しかしブーケはやったことが無かったので

描いてみましょう

時間が足りなくなる可能性がありますから

お家で描き続けられるよう写真で押さえておいてくださいね

初めての方は、1輪から描く手順をお教えいたします



ポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-05-01 00:38 | 花と風景の水彩画 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre