<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本植物画倶楽部展

f0229759_00485234.jpg

火曜日より日本植物画倶楽部展が開催されています

日本全国からの135点もの植物画の作品が見られます

今回は韓国からの色鉛筆画も多数展示されており

搬入日は韓国からの作家さんも沢山来られて

たくさんお話を聞くことができました

色鉛筆といえば日本では初心者向けの画材というイメージですが

慣れの必要な透明水彩に比べて使い方は非常に簡単ですし

水を使って溶かし描くこともできますが

韓国の方たちは水を使わずに描いています

紙を選び丹念に塗り重ねる事でここまで描けるのだなと感心いたしました

細い線の抜きも道具を使って絵の具よりシャープにできたり

ちょっとやってみたい気分になりました


開催は3月1日15時まで
中央区京橋2-7-11ギャラリークボタ2F3F 4F

金曜午後に在廊しておりますのでお声掛けくださいませ

会期中お声がけ頂いたり、お便り頂いた皆様有難うございました
皆さまにお会いできて心より嬉しく思いました

なお、3月9日~28日まで
池袋東武カルチャー5階にて「ロビー展」行います
ボタニカルアート生徒さん作品展でカフェスペースの
小さな壁面となりますが、私も作品2点ほど出す予定です
池袋にお立ち寄りの際は覗いてみてください


今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村







[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-25 00:46 | ●ボタニカルアート作品いろいろ | Trackback | Comments(0)
マルシェに行くのは楽しみでした

果物やチーズを買う時はいつも

「いつ食べるの?」と聞かれた
f0229759_01574240.jpg

最初は・・?だったけれど

そのうち食べる日に合わせてちょうど熟れるものや

熟成度が合うものを勧めてくれているとわかって驚いた

食べごろが大事

一日でも違うと一番美味しい状態ではない

美食の国のこだわりデス



今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村




[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-20 02:00 | ●フランスにまつわる話 | Trackback | Comments(0)
パリの街は上を見て歩くと綺麗ですが

足元に気をつけないとワンちゃんの落とし物を踏んでしまうこともよくありました

f0229759_21093777.jpg


ちょうど私達が住みはじめた頃に

ワンちゃんのフンに罰金183ユーロという条例が出来まして

その時街を埋め尽くした衝撃的なポスターがこれです

f0229759_21105037.jpg


刺激が強すぎるのでモザイクかけさせていただきましたが

真ん中にあるものがワンちゃんのOOちのリアルなお写真です
(お食事中の方スミマセン!!)


クリエーターの方なら御分かりと思いますが

このポスターを制作するために

カメラマンは町中のフンの写真を撮って歩いたことでしょう

そして 形がどうの色がどうのとフンだけにクソまじめに
(アッすみません御下品で、汗)

パリ市役所の職員も頭つきあわせて検討を重ねたことでしょう

それを想像するだけで可笑しすぎました


日本でもお祭りのポスターの男の人の胸毛がどうのこうのという話題がありましたが

んなもんじゃあございません!

エレガントなのに大胆…まったく不思議な国です



今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村




[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-16 21:20 | Trackback | Comments(2)

フランスの思い出3

日本からいらしたフラワーアレンジメントの先生方に

パリで一番好きなお花屋さんをご案内しようとお連れしたところ

そのお店は閉店してしまっていたということがありました 


お客様にお見せできなくて残念と同時に 

とても好きだったそのお店の存在が無くなったことにショックを受けました

残されたのはi以前に撮っていたこの写真だけ

f0229759_23494899.jpg

そのお店のショーウィンドウのバラがとても大きくて丸くて

日本ではこんな素晴らしい品種の切り花は無いと驚いて撮ったものです

今思えば シャクヤクだったのかもしれません

背後の街並みや空(ついでに自分)も映り込んでいて懐かしい写真です



このことがあってから

それまであまり写真を撮っていなかった私も

写真を撮り始めました

今の瞬間はずっと続かない すぐに変化し 多くは無くなっていくもの

写真があれば その時の感情さえリアルに蘇ります


写真ばかり撮っている人を呆れていた時期もあったのに

今はどんな写真も撮っておいて本当に良かったと思っています




今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-11 23:18 | ●フランスにまつわる話 | Trackback | Comments(0)

フランスの思い出

パリではペットのワンちゃんを連れて歩いているのは殆ど男性でした

ご主人様が カフェでお茶する間も 立ち話の間も

いつもじっと足元で待っていました

パリで犬の鳴き声を聞いたことはありません

f0229759_23324098.jpg

そして 子供も同じでした

大人の話が終わるまでじっと待っていて

子供が騒ぐのを聞いたことがありません



今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-08 14:24 | ●フランスにまつわる話 | Trackback | Comments(2)

フランスの思い出1

フランスの思い出はだんだん遠のいていく

住んでいた頃は

殆ど写真を撮らなかった

何故なら日常の風景だったから

またいつでも撮れると思っていた


何故か雪の降るような日に 

残されたわずかな写真を懐かしんで開いてみることがある

f0229759_23212479.jpg

好きだったのは らせん階段

日本には存在しない曲線

巻貝の中にいるような

不思議な感覚




今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-05 16:55 | ●フランスにまつわる話 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre