<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アントニオ・ロペス展

Tさんから「アントニオ・ロペス展」に行ってきました、と
ポストカードをいただきました

一瞬誰だっけ?と思いましたが
思い出しました
f0229759_013432.jpg

アントニオ・ロペスは 私の敬愛する磯江毅さんが
スペイン時代とても影響を受けた画家です

磯江さんは空気が描ける人でしたが
アントニオロペスしかり
リアルを超えたものが描けるすごい人達です
(渋谷東急文化村・16日まで)


そういえば私の絵も 今スペインにて展示されています
スペイン カスティーリャ州バリャドリッド市ラ・パシオン美術館
「スペイン美術賞展」に推挙していただきました
5月10日~6月16日まで
愚作ですが桜の木の水彩画です
次回はもっとレベルアップしないといけません


バラも終わりかけ。ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-30 00:17 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

バラのボタ二カルアート

片親はルイーズオディエ
ブルボン系クライミングオールドローズ
少しうなだれ気味の小さく可愛らしいカップ型
ライラックピンク
葉は艶なし鮮緑 少し波うち
先端が尖っている
小さな刺多し

バラ好きの方はこの品種お分かりでしょう^^
f0229759_2148475.jpg

描き終わってからいつも思う
あ、失敗だったな
このバラの良さが出ていない
それにどうして・・・なんて色々ね

また来年描きましょう

バラも終わりかけ。ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-27 23:51 | ●ボタニカルアート作品いろいろ | Trackback | Comments(0)

Rose Week

先週から
私の部屋にバラがあふれています

バラを育てている生徒さんが持って来てくださいました

丹精込めて育てられたバラ達です

なんと幸せなことでしょうか・・・ため息
f0229759_22401584.jpg


バラが満開。ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-22 22:41 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(2)

カモミール

古くからハーブとして利用されてきたカモミール
f0229759_23431185.jpg

白い小さな花と細い葉
茎がたくさん分岐して
描きづらいのか あまりボタニカルアートとしては見かけません

デッサンにしてみました
筒状花が開くにつれて盛り上がってくる花芯
最後は花びらを下にしてロケットみたいな形になります
なかなかユニーク
f0229759_23441460.jpg

美味しい匂いを嗅ぎつけて家じゅう蟻だらけになりますが・・・^^;

バラも咲いてきましたね。ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-17 23:50 | ●ボタニカルアート作品いろいろ | Trackback | Comments(0)
今年もガーデンショーの季節ですね
初日は雨でも3万人の人出だったとか
f0229759_21455614.jpg

日曜は晴れ やめておけばいいのに
やはり、早く買いたい、早く見たい、
こんなお天気の日にじっとしておれず出かけてしまいました
f0229759_0582173.jpg

結果人人人で花はよく見えず~~~

疲れた~っ
f0229759_0572534.jpg

でも、各ブースは憧れの世界を演出しておりました

お気に入りは神田隆さんのガーデン
f0229759_046945.jpg

群馬県の片品村で ターシャテューダのような暮らしをしているそうです
おっしゃるとおり、庭も美しいけれどヤギもいて野菜も植わっている
そして椅子には汚いタオルもかかっていたりするけれど
素朴な暮らしが伺える庭はまさに理想
TVインタビューでも「家庭とは家と庭でできているのです」
「小さいことでも少しづつやっていけば良い」
「何度もめげそうになったけれど、何か美しくなるって確信したんだよね」
などと語る内容がとても共感できます

ご本人はひょっこり現れて まるで自分家のようにのそのそと入っていって
庭をいじっていました

皆 あのおじさん誰?と思うのですが
あまりにも馴染んでいるので、すぐにこの家の主とわかります^^

16日木曜まで開催です


バラも咲いてきましたね。ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-14 01:01 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

安曇野パート3

安曇野で1日100名限定予約制のガーデンが
こちら「ナチュラルヒーリングガーデンLa Casta」

f0229759_0312783.jpg


流石に入場者制限しているだけあって空いていてゆったりです

アロマ化粧品会社「アルペンローゼ」経営ですから建物内はアロマや化粧品を体験できます

f0229759_0404555.jpg


ちょっと残念なのが人工的なガーデン

地元とはあまり関係のなさげな小奇麗なお花たち

もっと安曇野の早春の野山の花達がナチュラルな感じで咲いているのを期待していたのですが

遠景のアルプスの山々の方に心奪われます


かわいいゴールドイエローのお花発見 ドロ二カムです

f0229759_021760.jpg


その後La Castaを後にして こちらの木々に囲まれた落ち着くカフェ

「書翰集」にてゆったりとお茶をしました

f0229759_0322616.jpg


小さな図書室のあるカフェ とても気に入りました

それから最後に国営アルプス公園にも寄りまして日も傾いてきました

f0229759_0415396.jpg


山々もこんなに綺麗に見えたたのは久しぶりだったとのこと

夕方渋滞覚悟で高速に乗りましたが不思議なことに全く渋滞せずスムーズ

たった一日のシアワセなGWでした


バラも咲いてきましたね。ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-10 00:52 | ●旅の話 | Trackback | Comments(0)

いわさきちひろ美術館

安曇野の話の続きです

いわさきちひろ美術館にも行きました

f0229759_2348944.jpg


ちひろさんの水彩画はたくさんの絵本になっていますから 小さい頃から親しんでいます

だからでしょうか 私にとっては昭和初期の絵本作家の印象が濃くて

少し過去の人 そして過去のタッチのようにも感じていました

ですが改めて作品として見ると 素晴らしい才能に感動します

デッサン力の高さは言うまでもありませんが

美しい色で にじみやぼかしを多用して

偶然をコントロールして描く(これは私と同じなんだけどな)

余白を生かした詩情あふれる大胆な構図

迷いのない筆運び

子供を慈しみ その表情も生き生きとしています

f0229759_2348061.jpg


昭和初期の女性が最初から絵を仕事にしようと決めた人生

今風に言うと 持ってる人だったのだなあ・・・

展示されている原画は少なくて残念でした

この時代は酸性紙に描いていたらしく

劣化を恐れて原画はしまってあるのかもしれません

いずれにしてもこんなに才能にあふれた方が 若くしてお亡くなりになっている

もっと極めたかったであろう その無念さを思い 心痛みます

ちひろさんが使用していた透明水彩絵の具:
チューブ入り:ホルベイン(日本)、ブルジョワ(フランス)固形絵の具:ウィンザー&ニュートン(イギリス)が、遺品として残されているそうです


バラも咲いてきましたね。ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-08 00:10 | ●旅の話 | Trackback | Comments(0)

荻原碌山とロダン

安曇野の続きの話です

蔦の絡まる碌山美術館は行ってみたかった美術館でした

彫刻家荻原碌山の作品が並びます

f0229759_132695.jpg


驚くべきはその才能と作品

まるで生きているかのように今にも動き出しそうで

目は凹凸だけの表現なのに視線と目力を感じるし

僅かな筋肉の動きや流れで苦悩や感情までもが読み取れる

こんな才能を持つ人がわずか30歳ほどで亡くなってしまったとは

22歳でNYに飛び出しフランス、イタリアと修行し、ロダンと交わり影響を受けた

私もパリのロダン美術館には何度か足を運び、彫刻作品のスケッチなどしましたが

ロダンより荻原碌山の作品の方が深い内面の感情をたたえているような気がします

f0229759_153235.jpg


館内の庭にはタチツボスミレとイチリンソウが群生しており

綺麗な湧水がありました

安曇野には園芸種の花は絶対似合わないな・・・と思うのでした



春爛漫!ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-06 00:46 | ●旅の話 | Trackback | Comments(0)

シアワセな一日

ゴールデンウィークはたった一日だけ遠出しました
・・・安曇野に
f0229759_1021537.jpg


北アルプスに雪が残り

菜の花や桜も美しく

水を張った田んぼに雪山が映り込む

この季節ならではの美しい風景がありました

太陽の輝きと
山々と緑と
綺麗な空気と水と
そして自由な時間

お金になんか変えられないシアワセです


春爛漫!ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-05 01:02 | ●旅の話 | Trackback | Comments(0)

ケマンソウ

ケマンソウ・タイツリソウことディセントラ スペクタビリス

うちの庭に毎年咲いているのですが

一度も絵にしたり写真を撮ったりしたことがありませんでした

f0229759_19411769.jpg


何故なら可愛すぎるから・・・

勿体なくて・・・そして どんな素敵な絵も写真も敵わないから

ただただ 咲いているのを眺めていました・・・


でも今年は思い切ってカット!

一輪挿しにさしてテーブルの上に置いておきましたが

誰からもコメントはありませんでした

f0229759_19405896.jpg

そんな派手さのない楚々としたところが好きです

春爛漫!ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2013-05-02 14:00 | ●色々な季節のお花 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre