カテゴリ:●日々の生活の話( 224 )

出版のお祝いに沢山お花も頂きました
有難うございます

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
f0229759_18263049.jpg


ここのところアマゾン部門別ランキングで1位です
有難うございます


f0229759_18300542.jpg
そろそろ皆様のお手元に届き始めたようで
メールを沢山頂いています

お近くの本屋さんで
見当たらなかった方は残念ですが
本屋さんでお取り寄せもできますし
アマゾンでは送料もかかりませんので
宜しくです

次は本の中身のウェットオンウェットについてご説明しますね!!


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-01-21 18:32 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
私が日本で一番好きなカフェはここです

f0229759_01464068.jpg


目と鼻の先にに3年ほど住んでいたので
しょっちゅう来ていました
江の島のサムエルコッキング苑内にある
「ロンカフェ」

私の大好きなサントリーニ島の景色とカフェに
とても似ているので
江の島の事を勝手に日本のサントリーニ島と呼んでいます

ウラシマソウの咲いている裏道もあり
デイゴやブーゲンビリアなども沢山
苑内はちょっとした植物園です

青い海と空と風とを独り占めして
美味しいコーヒーとフレンチトーストを食べれるのは
嘘じゃなくホント地中海に居るかのようです

夫も私も仕事から解放されて
一年で一番ほっとした幸せな時間でした

この日はちょうどクリスマスでした
娘達の結婚式場の下見を兼ねて
鎌倉で4人でランチ♪

f0229759_01465685.jpg


娘たちを後部座席に乗せて
湘南海岸をドライブしていたら
聞こえてきました

「この辺におしゃれな家を建てて暮らそうか~♡」
「うん!♡♡♡」

あ~~~~~
うらやましすぎる!!!


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2017-01-05 01:47 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(4)
2017年明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします~



f0229759_01142763.jpg



ボタニカルアートのバイブル
「自分時間を楽しむ花の細密画」
は1月18日 日貿出版社より発売です
宜しくお願いいたします


f0229759_01172661.jpg



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-01-01 01:18 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

2016年末のご挨拶

12月にずっとアップしていた写真は
殆どが本の中に使用したものです


f0229759_12262962.jpg

バタバタとした出版話でしたが
読んでいただき有難うございました
この27日まで Oさんと
まだ色がどうのこうのやっていましたが
ようやく私の手を離れました


来年は本の内容や購入方法など
詳しくお話しできそうです
発売日は1月18日です

f0229759_13014697.jpg




今年も沢山の方にこのブログに来て頂き
拙い文や写真を見ていただきました
心よりお礼申し上げます

皆様が健やかな穏やかな年末年始を迎えられますように

そして また来年宜しくお願いいたします


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-12-31 13:05 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

Merry X'mas!

皆様が愛する人と
素敵なクリスマスを過ごせますように!
Merry X'mas!!

いよいよ出版のお話も終わりに近づいてきました
続きはクリスマスの後にしますね

本の発売は来年1月半ば予定です

f0229759_20592410.jpg


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2016-12-24 21:17 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
昔昔のお話です

初めて家電メーカーのデザイン室でお仕事し始めて
まだ右も左も上も下もわからない頃
企画会議に呼ばれて意見を求められました


f0229759_23422614.jpg



目の前には炊飯器がずらっと並べてあり
本体側面には花のブーケの絵が貼り付けてあって
どの花柄が良いと思うか?という質問でした

そんな緊張の場で私は何と、
「花柄より無地のほうが良いと思います」
と言ってしまったのです

勿論その場の空気は凍り付きましたとも!!!

思い出しても恐ろしい話ですが
その時上司は
「無地は売れないんだ。花柄はよく売れる」
と言ったので 逆にそれにとても驚きました

その後経験を積むにしたがって
日本では無地のすっきりしたものより
何でも柄物のほうが売れるのは本当だということが分かりました
理由ははっきりとはわかりませんが
まず一つにはインパクトがある
もう一つはアジア人の特性で
ヨーロッパ人に比べて賑やかなのが好きということです
全体のコーディネートはあまり考えないのです

私は家電品に花柄は合っていないと思うし
何よりキッチン全体のコーディネートが大事と考えたのですが
当時はそんなこと言っても相手にされませんでした

デザイナーがいくらクールなデザインを考えても
売れなきゃ話にならないという現実がありました

だから無印良品ができたり
シンプルでクールなデザインが
世の中に増えるにつけひそかに喜んでいました
そのうち炊飯器の花柄も消えていき白物家電の時代になりました
ほら 私が言った通りじゃない?と思っていました

ところが先日ふと思い出して
この花柄の炊飯器を
ネットで検索してみました
すると懐かしい炊飯器たちの写真が出てきました

昭和な花柄が側面に描かれており
ボディーはマジンガーZのよう!
何と何と キュート!!!

             
              出典元~WORLD★K~


懐かしさでうるうる

これこそ・・・
一周回ってレトロ!!!


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-12-03 01:00 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

廃版の額

個展後にお渡しするはずだった
Tさんご購入の作品
f0229759_18590766.jpg


結局入れるはずだった
イタリア製の額が
注文しても入らずに
廃版になってしまった

すごくいい額だった

その後イタリアに行くことになったTさんが
現地で額を見繕うなんて話も出て
だけど行ってみたらバカンス時期で
額屋はお休み
それに旅先で注文なんて所詮無理

じゃあとイタリア製を結構扱っている
額屋さんを紹介するも
値段がバカ高い!!

結局 私が以前に他の作品に使った
額が良いとなって
依頼しに行ったらこちらも廃版

f0229759_18591939.jpg

一体あんな素敵な額縁達が廃版廃版で
どうなってるの???

と 不満を言っても仕方がなくて

結局この額に落ち着き
面金など施して完成!

「お待たせいたしやしたあ!」と
今日お渡ししようと思ったら
Tさん葬祭にてお休み~

…なかなか嫁げない可愛い子?

******
お知らせ
来年1月名古屋にてレッスンをやることになりました
詳細はまた決まり次第アップします~
*****

読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
by Art-de-vivre | 2016-11-27 01:06 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

絵を飾るということ

フランスに居た時

娘の通っていたパリインターナショナルスクールでは

クラスのお友達が自分の誕生日に

誕生会を開いてお友達を招待します



f0229759_21363679.jpg


あるお金持ちの子の誕生日会の話には驚きました

まず 会場がル・サンクという超高級ホテル

会場に入ると 正面に飾られていたのが

その子の巨大な肖像画だったとのこと


…日本ではありえない話でした


欧米では壁というものは

絵を飾るためにあるようなものでした


イタリアで絵の仕事をする友人も

絵の需要が日本とは全く違うと言います

アートが普通に家庭の

インテリアに取り入れられている

私も水彩画やボタニカルアートを始めたきっかけは

インテリアアートとして壁を埋めるためでした


ですが描いてみると

水彩画の紫外線ダメージを恐れて

原画は全く飾っておらず

一部のプリントと写真だけしか飾っていませんでした


本にも飾り方の提案をしたいし

額もたまりにたまっているので

本当に壁に配するしかありません


うちの玄関は毎年中身だけ変えて
いつもこの額でした

f0229759_21481811.jpg


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
by Art-de-vivre | 2016-11-19 21:55 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
リンゴを描いていると

どうしても頭に浮かぶ

ペンパイナポ~アポ~ペン~♫

やられた!


f0229759_01272838.jpg



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-11-12 01:54 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
山形のラフランスマラソンに出た夫が
ラフランスと
カリンを買って帰りました

f0229759_17462595.jpg

ところがこのカリンが本当に
カリンなのか怪しい
「これ本当にカリン?」
「だって売ってたおばあちゃんがカリンだって言っていたよ」
「???」
うちの近くにカリンの木があって
よく確認すると

夫の持ち帰ったものの葉には鋸歯が無く
実には白い毛が生えていた
形も梨型と俵型で違う
f0229759_17461867.jpg
調べてみると
それはマルメロでした
全部バラ科ではあるけれど
属はそれぞれ違う

長野や山形ではカリンとマルメロは
使い方がほぼ同じことからか
総じてカリンと言っているようです

ボタニカルアートで
果実や花が必ず枝や葉付きで
描かれているのは
こんな風に品種の特徴を伝えるためなのです



読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ















[PR]
by Art-de-vivre | 2016-11-10 00:10 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre