カテゴリ:●日々の生活の話( 224 )

私達晴れ男晴れ女ですから大丈夫!
両家の両親が互いに胸を張って
宣言しただけあって
昨日までの雨が嘘のように
良いお天気に恵まれ
結婚式の朝が始まりました

久々の日差しに
湘南の海にはヨットが沢山浮かび
ビーチは賑わっています

結婚式場は海を借景にしています
新郎新婦の後ろに窓越しに
広がっていた風景がこれです

f0229759_00591735.jpg


思えば長い道のり
昨年突然婚約をしてから1年余り
ようやく無事にこの日を迎えられました
(婚約秘話はこちら→★

でも 滞りなく式を終えられるのか?
来ていただいた方々に失礼の無いように
喜んでお帰り頂けるのか?

夫:「ヴァレンタインンの日に必死で作って
そっと箱に入れたチョコを
玄関でつまずいてぶちまけていたよなあ・・・」

私:「そうそう、ミラノの高級ホテルの
フロントでパンツ落としたり・・・」

天然エピソードの尽きない娘なら
ウェディングドレスの裾踏んづけて
ウェディングケーキに顔突っ込む
ぐらいの事が起こっても全然不思議じゃない

つわりも酷いらしく
式の途中で吐いちゃうんじゃないか?

・・・なんてもう心配は尽きない


f0229759_01205706.jpg





でも沢山の華やかなお客様を迎えて
ご挨拶したり
親族紹介
挙式リハーサル
挙式本番
披露宴と式は滞ることなく
進んで行きました


f0229759_00112143.jpg


つわりも不思議と治まっているよう

パリからの同級生 高校バスケット部メンバー 
会社同僚 ゼミ仲間 クラスメートなどなど
お友達は皆とても聡明で美しく元気一杯です

職場だったANAの皆さんが
大勢で駆けつけて下さり
替え歌ならぬ 替え機内アナウンス
を披露してくださいました

「ただ今より皆様を
愛のチャーターフライトへご招待いたします

皆様~本日はANAをご利用いただきまして有難うございます

当機は予定刻通り離陸後 甘い甘い新婚生活 夫婦喧嘩 
仲直りを通過し 限りない幸せに向かってまいります

予報によりますと到着地の天候は極めて快晴
気温はご覧の通り熱々
湿度はべったべたの為測定不可能となっております♪

新郎がお持ち込み頂ける手荷物は新婦への
溢れる愛情と給料袋のみとなっております・・・
…・略」

会場は大盛り上がり


そしてお色直しの間披露されたのは
娘を溺愛する夫が精魂込めて制作した
幼少期からのビデオ
本当なら私が作ったほうが慣れていると思うのですが
夫はこの仕事を私に奪われまいと必死でした
でも、毎日必死で作って最後に仕上がった時に悲劇が・・・
データーを保存しようとしたら
何故か全部消えちゃった!!!
私は哀れな夫にかける言葉もなく
ドアの陰から見守りました
「がんばれ~パパ!」

結果出来栄えは上々!
だってパパの汗と涙の結晶~

そして新婦の持つブーケは
関西で生花業を営む私の兄が作ってくれたものです



f0229759_00293408.jpg

スタッフの皆さんと制作 
車で7時間かけ運び
更に当日の朝生のお花を組んでリボン掛け
ブーケとブートニアとお色直し用のブーケ
そしてブーケトス用のブーケを別に用意してくれました

白いドレスにもお色直しのドレスにも
清楚でよく合いました


f0229759_01223807.jpg


新郎新婦は終始明るくて元気一杯
幸せな笑顔で溢れています

そして新郎がサプライズ報告
「僕たちに赤ちゃんが出来ました!」
「オーーーーーーーッ」歓声!1
娘は涙103.png

これでも母親ですから
娘の笑顔と涙でわかります
娘の言う通り
賢くて優しい素敵な旦那様と結ばれて
心から嬉しい 幸せと感じていることを!

本当に 本当によかったね

終わった後の親族の感想は
「若いって・・・いいね!!!」でした


f0229759_00164001.jpg


参列していただいた皆様
遠方よりお越しいただき
式を盛り上げていただいてありがとうございました

そしてこの長文のブログを
最後まで読んでいただいた皆様
心より感謝いたします


f0229759_15492682.jpg


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-16 00:18 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(4)
結婚式1週間前

普段LINEばかりで
全く電話をかけてくることの無い
娘からの突然の電話に
いやな予感が脳裏をよぎります

f0229759_02181244.jpg


今まで身の回りで
結婚式1週間前に結婚を取りやめたカップルを
2組ほど知っています

結婚式前に交通事故や
病気やそういったこともよく耳にします

こわごわ電話に出ると
シリアスな感じの娘の声

「ママ あのね
今病院なんだけど・・・」

「・・・赤ちゃんが出来たの!」

「えーーーーーーー
ーーーーーっ!!!」

大きなサプライズ

結婚するだけでも嬉しいのに
赤ちゃんを授かるなんて
嬉しすぎます

勿論この事は
結婚式までは他の皆には内緒です
ビッグサプライズですからね~

(続く)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-13 02:26 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
f0229759_21432444.jpg


結婚式の母の装いと言えば黒留袖
...という印象が
何故か私にはありませんでした

外国映画の見すぎだったのか?
結婚式のお母さんの衣装は
エレガントなひざ丈のドレスに
大きなつばの帽子

確か映画「マグノリアの花たち」
の中でそんな母親の姿を見た様な気がする
(ホントか?)

兎に角自分の娘の結婚式には
そういう格好をしようと思っていました

でも、いざ結婚式が近づいてくると
皆から当然のように聞かれました
「黒留袖着るんでしょ?」

そうかそうなのか・・・
でも今どきはそんなに着物着ないよね?
と思って
Youtubeで色々な結婚式動画を見て驚いた!
ほぼ全員黒留袖だった!!!

ありえへん事だわと心折れながらも
フォーマルドレス売り場に行ったら
店員さんは口をそろえて
旦那さんがモーニングなら
奥様は黒留袖かロングドレスが同格です
とおっしゃる

何で男性は紋付羽織袴でなくてモーニングで
女性だけが着物なのかが不思議で仕方がない

昔と違って今では式場も洋風が多く
招待客に着物を着る人もいない
動画で見たお式でもすべてお母さんだけが
着物なのです
着物文化を冒瀆するようで申し訳ないけれど
私は着物を着るのが苦手です

結局黒のShibiraのドレスか
紫勲章の授章式にも着ていけるという
ウンガロのピンクベージュのツーピースにするか
すごく悩んで

普段から黒ばかり着ている私は
明るいピンクベージュを選びました

f0229759_21433563.jpg


予算の2倍の値段でしたので
ネックレスや
コサージュは手作りです

これで準備オッケー!
と思ったウェディング1週間前
思わぬ電話が娘からかかってきました

(続く)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-11 22:07 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

海外出版へ

今年一月に発売開始した
私の著書
「自分時間を楽しむ花の細密画」は
引き続き好評でアマゾンンランキングにて
ずっと上位をキープしております!!
カスタマーレビューも本当に
沢山頂いておりまして感謝感激です💕

f0229759_00120794.jpg
更には
海外からの引き合いも多く
中国・タイで出版契約を済ませ
韓国でも発売の予定でおります

一昨日は立山登山をしていたら
出版社担当O編集者からお電話を頂き
タイの出版社との契約を済ませましたよとの
ご連絡

何故か日本の倍の初版部数なんですよね~とのこと

そんなにタイにボタニカル愛好者がいるのか?
…謎です(笑)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-08 00:13 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

秋のカラメルの香り

秋が来たなと感じるのは
散歩していて
この香りをかいだ時です

黄色く色づく
かつらの木の葉
f0229759_01013719.jpg
香りは甘いカラメルのようです

沢山集めて
お部屋に置いておくと
焼き菓子のような匂いが漂います

可愛いハート型の葉
こおばしい香りの木を見つけたら
それがかつらの木です


カレンダーは完売で
ブログにて販売分は残りませんでした
申し訳ございません

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-10-06 01:04 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

ウェルカムボード完成

花をつけて

出来た!!
f0229759_13133087.jpg


f0229759_13133368.jpg

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-09-24 02:18 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

ウェルカムボード


もうすぐ娘の結婚式
頼まれていた
ウェルカムボードの絵を
ようやく仕上げました

f0229759_22112358.jpg

本人達にあまり似ていないので
心配です


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2017-09-23 22:26 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
パリに行っていたananの記者田代わこさん
がお土産を沢山送ってくださいました

f0229759_00461633.jpg

田代さんは
私のボタニカルの教室に生徒さんとして
長くそしてとても熱心に通っていただいた
本当に素敵な女性です
f0229759_00463237.jpg


芸術にとても造詣が深くて
当時からPC版ananの
アートの記事を担当されていており

f0229759_00463899.jpg

勿論現在もアートや美術館情報
スマホやデジカメの撮影方法
の記事なども連載されています

私のフォトレッスンも受けていただきましたが
フリーカメラマンの佐藤朗さんとコラボして
初心者のためのカメラテクの記事を書かれています

とても勉強になるので
ぜひ覗いてみてくださいね


カメラマンが教えるイイネ!がつく
スマホの撮影テク↓



ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-09-17 01:36 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
秋の夜に
古澤巌のバイオリン

f0229759_00215850.jpg

1曲に2本のバイオリン
1723年グァルネリ・デル・ジェス
は低音
1915年アンサルド・ポッジ
は透き通る高音

シックなファッションも
いつもバイオリンに当てている布も
とても素敵な粋な柄

何て
何て綺麗な音色だろうか・・・
透き通る音


人の心を打つ芸術は
絵も音楽も
濁らず透き通っている




ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2017-09-16 01:19 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)
MRI当日
担当技師はちょっとオタクっぽい感じの男性でした
「私 閉所恐怖症なんですが・・・」
と改めて言ってみましたが特にリアクションはありません

着替えてMRIの部屋に入るととても寒く
「寒いです」と言うと「毛布掛けますから横になってください」
横になると毛布を掛けすぐに頭部の方にスライドしていきます

え?もう始まるの?
何か説明は?と思うのですが
その間に上から大きな円盤状の機械が降りてきました

f0229759_01394336.jpg

確かに筒状ではないので目の前の板は圧迫感はあるものの
サイドを向けば部屋の中は見えます
特に説明が無く始まっていきそうな気配なので
慌てて質問します

「あのう、どれくらいの時間ですか?」
「1時間くらいです」
「えっつ?!!1時間???20分ぐらいかと思っていました!
その間動いてはいけないのですよね?」
「そうです。動かないでください」
「あのう、ヘッドフォンで音楽とかあるのですよね?」
「ありません」
「えっ無い・・・ではアイフォンで音楽を・・・」
「この部屋は強力な磁t力で覆われますので使えません」
「だめだと思った時の押しボタンはあるのですか?」
「ありません」
「夫を部屋に呼んで話し相手になってもらっては?」
「だめです」
「では では もうダメだという時どうするんですか???」
「まあ・・・ずっと見ているわけではありませんが
一応隣の部屋には居ますので・・・では始めます。」

「え~~~~~っ」
ああーーーイケメンだと例えおばさんでも女子に優しいのですが、
オタク男子は女子に冷たく
おびえている私を全く励ますこともなく
強引にMRIを始めて隣の部屋に去っていこうとしています

あかん!やばい!音楽無し、ボタン無し 励まし無しで
1時間身動きしないなんて無理でしょ!

0.5秒で決断!
「スミマセ~~~ン 私無理です!」
「無理でえーーーす!!!」

ポンコツおばさんは0.5秒であえなく撃沈し
また一つ恐怖の閉所体験エピソードが増えてしまいました



ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-09-04 01:47 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre