カテゴリ:●フランスにまつわる話( 20 )



f0229759_00124965.jpg

パリでの自由時間は1日のみでしたので

2階建て観光バスに乗ることにしました

7年も住んでいたのに夫は初めて乗ります


f0229759_01590428.jpg


風を切ってとても気持ちよく

車でごったがえす下界が嘘のように気持ちが良いです

世界遺産の街を快適に眺められてもうたまりません

お世話になったルーブルは今もそこに!

ああ 何度も通ったけれど・・・何度でも行きたい


f0229759_02585904.jpg



でも上から見ているとこんなものも見えます

警察に荷物検査させられているスリの子達

尋問を受ける赤ちゃんを連れた若い物乞いのお母さん


ちょっぴり切ないけれど変わらない風景です



f0229759_02354097.jpg


モンマルトルで降りてランチをして

最後ノートルダムあたりで日が傾いてきました



地図も持たずにただ懐かしい場所をふらっとしただけの一日でした

1日半で撮った写真は1000枚を越え

家帰って見るのが大変だ!(^▽^;)




f0229759_02591214.jpg




次はいよいよイタリア アマルフィー海岸へ向かいます


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★
f0229759_22021350.jpg


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-06-15 02:07 | ●フランスにまつわる話 | Trackback | Comments(0)
夕方到着したパリのオペラ

ちょっと足を延ばせばラファイエットやプランタンのようなデパートに辿り着けるので

懐かしさで飛び込み早速屋上へ行きました

一番好きな場所はプランタンの屋上カフェだったけれど今はやっていません

その代わり昔しょぼかったラファイエットの屋上が

より開放的になっていました


f0229759_01391102.jpg

パリは上から見ると本当に素敵です

こんな芸術的な屋根…世界遺産という言葉でも足りないくらい

ここからだと オペラ座の屋根も良く見えます

時計を見て分かる様に午後9時にてこの明るさで羨ましい

f0229759_01392314.jpg



次の朝はちょっとカフェに寄ることにしました

ぶらぶら歩いていたら昔好きだった

マドレーヌ近くの Le Villageに辿り着きました

パリの中では一番スノッブでかつ静かなカフェだと思う

f0229759_14073052.jpg

フォーブルサントノーレの雰囲気です

ホワイトのコーディネートが美しいい椅子が並び

シックなマドモアゼルが朝から優雅にお茶してました

f0229759_14073315.jpg

香ばしいバゲットにエシレバターとフーケのジャム

それとカプチーノで最高の朝

f0229759_02072336.jpg

街角の何気ない古いカフェも

朝は静かに素敵な佇まいです

f0229759_02072797.jpg


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

クリックでランキングアップご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-06-12 02:11 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)
マルシェに行くのは楽しみでした

果物やチーズを買う時はいつも

「いつ食べるの?」と聞かれた
f0229759_01574240.jpg

最初は・・?だったけれど

そのうち食べる日に合わせてちょうど熟れるものや

熟成度が合うものを勧めてくれているとわかって驚いた

食べごろが大事

一日でも違うと一番美味しい状態ではない

美食の国のこだわりデス



今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村




[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-20 02:00 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)

フランスの思い出3

日本からいらしたフラワーアレンジメントの先生方に

パリで一番好きなお花屋さんをご案内しようとお連れしたところ

そのお店は閉店してしまっていたということがありました 


お客様にお見せできなくて残念と同時に 

とても好きだったそのお店の存在が無くなったことにショックを受けました

残されたのはi以前に撮っていたこの写真だけ

f0229759_23494899.jpg

そのお店のショーウィンドウのバラがとても大きくて丸くて

日本ではこんな素晴らしい品種の切り花は無いと驚いて撮ったものです

今思えば シャクヤクだったのかもしれません

背後の街並みや空(ついでに自分)も映り込んでいて懐かしい写真です



このことがあってから

それまであまり写真を撮っていなかった私も

写真を撮り始めました

今の瞬間はずっと続かない すぐに変化し 多くは無くなっていくもの

写真があれば その時の感情さえリアルに蘇ります


写真ばかり撮っている人を呆れていた時期もあったのに

今はどんな写真も撮っておいて本当に良かったと思っています




今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-11 23:18 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)

フランスの思い出

パリではペットのワンちゃんを連れて歩いているのは殆ど男性でした

ご主人様が カフェでお茶する間も 立ち話の間も

いつもじっと足元で待っていました

パリで犬の鳴き声を聞いたことはありません

f0229759_23324098.jpg

そして 子供も同じでした

大人の話が終わるまでじっと待っていて

子供が騒ぐのを聞いたことがありません



今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-08 14:24 | フランスの話 | Trackback | Comments(2)

フランスの思い出1

フランスの思い出はだんだん遠のいていく

住んでいた頃は

殆ど写真を撮らなかった

何故なら日常の風景だったから

またいつでも撮れると思っていた


何故か雪の降るような日に 

残されたわずかな写真を懐かしんで開いてみることがある

f0229759_23212479.jpg

好きだったのは らせん階段

日本には存在しない曲線

巻貝の中にいるような

不思議な感覚




今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
by Art-de-vivre | 2015-02-05 16:55 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)

壁の色

フランスに居た頃
オルセー美術館に足繁く通いました
f0229759_1362752.jpg
             オルセーの時計窓から見たルーブル

毎月第1日曜日は入館料が無料でした
長い行列ができますが、朝一番で入ればさほど並びませんから
ちょっと好きな絵を覗きに行ったり
お茶やレストランの利用だけでも行くこともありました

f0229759_0294743.jpg


その当時の壁の色は・・・もちろん白
本当に白だったのか記憶すらありませんが
昔の写真を見てみると
やっぱり全て白!
それを昨年10月完全リニューアルしてこのような壁の色に!


f0229759_23262584.jpg

色というものは絶対的なものではなくて
相対的なものですから
近くにある色同士影響し合っています

よく、写真を額装する時は黒いマットを使いますが
それも写真の色を引き立たせて鮮やかに見せるためのもの

それと同様印象派の作品の鮮やかな色を引き立たせるために
壁の色を濃いグレーにしてみたとのこと
前の写真と同じマネの「草上の昼食」も壁の色でこんなに違う

さすがはオルセー
これは成功でしょう~
部屋が狭く圧迫感を感じるのを除けばね・・・

ちなみに壁色は作品ごとの部屋によって違います
古典的な大きな絵は重厚な紫
ゴッホやゴーギャンはブルー
グラフィックなどはグリーン

そして絵の前にあるのは観賞用の腰掛椅子
選ばれたのは日本の吉岡徳仁さんの「Water block」です
何てモダンな椅子なんでしょう!!

これはまた、行かねばなりませんねえ~~~
いつか・・・ね
本日もBSプレミアム9時~「美の饗宴」あります ご覧ください


春を待ちます。 ポチっと応援宜しくどうぞ
にほんブログ村 写真ブログ 静物写真・テーブルフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2012-03-05 00:39 | フランスの話 | Trackback | Comments(4)

ハロウィンの日

色々な国のハロウィンシーズンを見ましたが

やっぱりフランスはアーティスティックなのです

f0229759_18058.jpg


f0229759_0555599.jpg
うん!?
どちらへ?


f0229759_0552474.jpg

秋深まるシャンポール城での出来事でした




秋も深まってきましたね、ポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 静物写真・テーブルフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2011-11-01 01:13 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)

初秋のセーヌ河畔にて

初秋のパリです

セーヌ川のほとり

絵になるカップル

f0229759_23584778.jpg


これが日本なら

「こりゃこりゃそこのふたりぃ~っ!」

と言いたくなる

悔しいとも思いませんが

まったくフランス人は

同じことやっても

洒落て見えるのですから不思議です


秋も深まってきましたね、ポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 静物写真・テーブルフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by Art-de-vivre | 2011-10-03 23:46 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)

窓辺のゼラニウム

スイスの家の窓辺にはこんもりとしたゼラニウムが
必ず色鮮やかに飾られていました

花の都パリでは意外にも
それほど窓辺に花はありません
理由は・・・どうせ長いバカンスの間手入れできないから?

でも たまに街中で
こんな素敵なゼラニウムのハンギングを見かけます
f0229759_2340992.jpg
ようし!
と思って日本で真似ても
こんなには上手くいきません

きっと高温多湿だからでしょう

そうでなかったら
日本中の窓辺がもっと美しく飾られているはず~



いつもご訪問有難うございます
幸せくれる花達に ポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 静物写真・テーブルフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
by art-de-vivre | 2011-07-01 00:00 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre