カテゴリ:花と風景の水彩画( 64 )

バラ色を入れる

そして 
マスキングを取って

バラ色を入れます
f0229759_21154923.jpg







ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★


JWS(日本透明水彩会)の展覧会は今年から案内状をお送りせず
代わりにメールマガジンをお送りするシステムとなりました
メールマガジンで先生方の講習や展覧会の情報などなど
色々なトピックスをお送りします
是非ご登録をお願いいたします。

今年の丸善での展覧会は4月19~25日
登録はこちらJWSのホームページから→
JWSメールマガジンと書いてあるところから
登録をクリック


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-03-15 01:53 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)

薔薇のある風景


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★



今年も4月に行われるJWSの展覧会

今それに向けて絵を描いています

薔薇のある風景

これは私のずっと描いているテーマの一つです

まだ制作中

これからマスキングを取ってまだまだ描きます

f0229759_21124843.jpg

2年前に行ったジェルブロアの街

全ての建物の窓に薔薇が這わされていて

全く美しい!!

こんな村日本にもないかなあ
あったら是非住みたいでものです


f0229759_21375847.jpg



JWS(日本透明水彩会)の展覧会は今年から案内状をお送りせず
代わりにメールマガジンをお送りするシステムとなりました
メールマガジンで先生方の講習や展覧会の情報などなど
色々なトピックスをお送りします
是非ご登録をお願いいたします。

今年の丸善での展覧会は4月19~25日
登録はこちらJWSのホームページから→
JWSメールマガジンと書いてあるところから
登録をクリック


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-03-12 01:00 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)
毎月行っていた水彩画クラスを
無期限で辞めることにしました
当日はとても寂しかったな~
もう何年?
5年くらい?

f0229759_12150445.jpg

初回からずっと来てくださった方もいらっしゃいましたし
私がお勧めしたばかりの筆を早速買って
握りしめとても楽しみにしてくださっていた方々
また、秋には戻ってくるから先生その間に辞めたりしないですよね?
といって夏のバカンスに行った方もいらっしゃったのに
すみません戻って来たら無くなっていた!!になってしまい

でも、理由はこうなのです
来年早々にボタニカルの本を出版することになり
それが決まったのが約1月ちょっと前
8月は勿論旅予定で一杯でしたから
10月までに入稿なんて
絶対無理!だったのです
何かを諦めて時間を作らないと無理

そこで少しばかり準備に時間のかかる
この水彩画クラスが犠牲に。。。
そしてまた少し 本当に自分が描きたいものとは違う
生徒さんのためのネタ作りというのにも
少し違和感というか
もっと自分しか描けない自分ワールドの絵を
展開する時間を設けたいという気持ちもありました

そんなかんやでしばらくお休みをということになってしまったのです
最後のレッスンは皆さん放心状態
私も寂しく誠に申し訳無く思いました

不思議なことに私のクラスに来てくださり
長く在籍してくださる方々はとても素敵な方たちばかりです
この人好きだなあと思える人は不思議と
辞めずにずっと来てくださっていました

私自身はこれから水彩画の風景や花の絵は
辞めるどころかバンバン描いていこうと思っています
出版のお仕事が終わるまでは
そちらにかかりきりになるかもしれませんが
今後もたくさん水彩画をお見せしていきますので
このブログをチェックしてくださいませ

そして勿論ボタニカル出版情報も
沢山アップしていきますね
今年の秋は楽しみです♪

読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-08 00:43 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)
月に一度の水彩画教室「優しく描こう花と風景」
9月1日(木)2:00~のテーマは軽井沢の湯川の風景です


f0229759_16415670.jpg


軽井沢のハルニレテラスに行ったことがある方なら
見たことがあるはずですが、湯川とはその脇に流れている川

ずっと奥のほうはかすかにカスミがかっていて
趣きがあります。

このスモーキーな雰囲気さえつかめれば手前の岩は簡単!
。。。なはずですが(笑)
いつも簡単って言って後で怒られる(反省)

ところで
重要なお知らせがございます
この度、長らく多くの皆様にご愛顧いただいたこのレッスン
「優しく描こう花と風景」ですが
諸事情にてお休みいただくことになりました
(今のところ無期限)

受講されていた皆様にはご迷惑をおかけいたしますが
詳細はまたレッスンにてお話させて頂きます
突然で申し訳ございませんが宜しくご了承くださいませ

ということで最終回ではありますが
お申し込みはこちら
池袋コミュニティーカレッジ 03-5949-5486 まで
水彩画・「優しく描こう花と風景」藤井クラス



読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2016-08-29 16:46 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)
月に一度の水彩画教室

「優しく描こう花と風景」

8月4日(木)2:00~

今月のテーマは「イギリス牧歌風景」
f0229759_20355283.jpg


去年イギリスを訪ねた時の車窓風景です



折り重なる草原と緑
f0229759_20354640.jpg

フラットに塗り重ねるのがコツです



読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2016-07-31 00:21 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)
月に一度の水彩画レッスン

優しく描こう花と水彩

7月7日(木)2:00~のテーマは「アジサイ」です

f0229759_01152715.jpg

これもこの季節の定番のテーマですね

基本に返ってアジサイのみを描いてみましたが

上級者の方は自分なりの構図づくりをトライしてみてください


f0229759_01354906.jpg


花器や小物と組み合わせるのもOKです

お申し込みは池袋コミュニティーカレッジ 03-5949-5486 まで
水彩画・「優しく描こう花と風景」藤井クラス


読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2016-07-05 01:06 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)
月に一度の水彩画教室「優しく描こう花と風景」
6月2日(木)2時~のテーマは「バラ」
f0229759_12521171.jpg


年に一度はこのテーマですねえ
皆さん上手くなってきているかな
難しいが諦めないでずっとやっていると
ある日壁が破られるものです

そう、コツはある日降臨する
私自身が何度もそういう経験をして上手くなってきたのです
(上手いか?突っ込まないで~)


f0229759_12574167.jpg



教室の照明がうまくいかないのが悩みの種
生花にするか
写真にするか考え中
きっと両方用意することになるでしょう
初心者の方は一輪から描いてみましょう~

お申し込みは池袋コミュニティーカレッジ 03-5949-5486 まで
水彩画・「優しく描こう花と風景」藤井クラス


アジサイがすぐそこまで
読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へにほんブログ村にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ








[PR]
by Art-de-vivre | 2016-05-30 12:55 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)
月に一度の水彩画教室

優しく描こう花と風景

5月5日(木)2時~のテーマは

「白ユリ」
f0229759_00241647.jpg

5月連休は避けたいのですが他の教室が空いておらず

レッスン日はゴールデンウィーク真っ只中の5日になってしまいました

皆さんから簡単なもので~

というリクエストにお答えして白い花に・・・

白い花は陰と背景だけ塗ればよいので

簡単といえば簡単です

ユリは形をとるのが難しいかもしれません

他の白い花もお持ちしますね

お申し込みは池袋コミュニティーカレッジ 03-5949-5486 まで
水彩画・「優しく描こう花と風景」藤井クラス




春が来た!
1日1回ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ






[PR]
by Art-de-vivre | 2016-05-01 00:41 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)

幸せな水彩画日和

個展以来ゆっくりする暇もなく

JWS日本透明水彩会が始まりました

そんなある日1日だけ

雑用に時間の取れる日がありました

ふと庭を見るとチューリップがまだまだ沢山!

これは描かねば!


f0229759_00595112.jpg

水彩画は乾かす時間が必要なので

家事をしながら合間に絵を描けます

あ、 いや 正しくは 絵を描く合間に雑用を済ませるかな



まずはスケッチ

これは5分程度

その後逆さまにしてゆがみを確認

マスキング液をスパッタリングでかける


f0229759_08434812.jpg

ここでマスキングを乾かす間に洗濯物を2階に干しに行く

その後ついでに掃除機もかける


それから絵に戻り

5~6種類のイメージカラーを作り

全体に大きな刷毛でランダムに水のみをかけ

この時全体にきれいに塗らないのが藤井流

作っておいた絵具をランダムにかける

各色混ざり合ってもチューリップにもかかっても平気

ハイライトだけはティッシュで白く抜いておく


f0229759_08440682.jpg

これは乾くのに時間がかかるので

畑に野菜の収穫に行くことにする

畑でアスパラガス5本と葉物野菜と

ローズマリーなどのハーブをゲットして帰る


お陰で絵具は乾いているので

チューリップの陰影から描き始める

f0229759_08574301.jpg

花の影が入ったところで

チューリップの赤いラインを描いていく

鮮やかな赤で下地を描くと後で発色が良くなる

f0229759_08444255.jpg

ここでまた乾かす

その間に発送する荷造りを梱包

ダスキンさんが来るので

モップで家じゅうを拭き掃除した後

軽くランチ


次に花器や花の影を2度ほどまた入れる


ダスキンさんが来てくれて換気扇のお掃除をしてくれました

モップも新品に変えてもらいました


f0229759_08451416.jpg

だいたいの形ができたところで

赤のラインをもう少し濃くし

背景のブルーを濃くして花の形を

浮き上がらせる

マスキングを取る前に十分描き込みをしておく

f0229759_08453561.jpg


マスキングを取ってから

全体のバランスを見て

スパッタリングで絵具を飛ばす

最後はカラーマットに入れてみる

出来上がりです

1時間ぐらいで軽く描く気分でいても

乾かしながら家事をしながらですので

結局は3~4時間はかかったかな?



f0229759_08470982.jpg

藤井流水彩画の描き方でした~

水彩画お申し込みは池袋コミュニティーカレッジ 03-5949-5486 まで
水彩画・「優しく描こう花と風景」藤井クラス


春が来た!
1日1回ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ








[PR]
by Art-de-vivre | 2016-04-25 01:58 | 花と風景の水彩画 | Comments(2)

日本透明水彩会2016

日本透明水彩会JWSの展覧会が今日から開催です

今年は東京丸の内の丸善4Fにて開催

もう私は直前の個展とその後の処理で手がいっぱい

どうしようかなとぼーっと考えた挙句

丁度3日前にお庭のチューリップが咲いて

描かせていただきました~
f0229759_01213532.jpg

もう一つはフランスで訪問した

アンジェリークさんの庭です
f0229759_01223726.jpg


その他先生方の力作70点余り

見応えありすぎかも!

今年は水を描くがテーマの

水彩画の描き方の本にも掲載して頂きました

本に掲載していただいたのは

同じ水盤シリーズの薔薇

f0229759_01325067.jpg


今年発売の日貿出版さんのJWS水彩画の本

ものすごく中身の濃い本です

何しろ32名のメンバーが水をテーマに作品掲載

そして様々な水を描くテクニック紹介

さらにさらに海外の作家さんや

またまたメンバーの自己紹介ページもあります

私も自撮りプロフィール写真で頑張りました~


f0229759_01164395.jpg

こんなお得な水彩ハウツー本があるでしょうか?

ぜひぜひご購入を!

土日在廊しております

お気軽にお声がけください



春が来た!
1日1回ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ














[PR]
by Art-de-vivre | 2016-04-21 01:25 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・様々なジャンルの作品・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre