カテゴリ:ボタニカルアートの描き方( 9 )

昨日のデモンストレーションでは
薔薇も一層だけ塗りました

デモ用に皆さんによく見えるように
わざと鉛筆の線を濃くしました

実際にはこのような濃い鉛筆の線での
下描きはいたしません
ほとんど見えなくなるまで練ゴムで消して
ピンクを塗ります
お間違いのないように!!



f0229759_01471660.jpg

一層で陰と中心部の赤みも入れました
ニュアンスを大事に

でも、難しい人は最初フラットに塗って
2回目3回目で色のニュアンスを付けても大丈夫
詳しい薔薇の描き方は
「自分時間を楽しむ花の細密画」
96ページに掲載しています

日本植物画倶楽部の季刊誌に
私の提唱するウェットオンウェットの
記事を載せていただきました



f0229759_01471908.jpg

何故ウェットオンウェットが早く綺麗に塗れるのか
解説させていただきましたので
お読みいただければ幸いです


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
by Art-de-vivre | 2017-05-14 02:06 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(0)
ミドリ色の絵の具の話の続きです

最近植物画をアクリル絵の具や
ガッシュで描く人が増えています

薄く塗れば透明水彩と似た感覚は得られるのかもしれませんが
やはり植物画には透明水彩のほうがふさわしいと思います

f0229759_11155703.jpg

何故なら植物は透けているのです
光を通し中の組織の色が透けて見えます

そして表面は紫外線の影響を受けています
紫外線が多ければ多いほど植物の青味は濃くなります
青い色で紫外線の影響から身を守るためでもあります

f0229759_11161606.jpg



それに対して中は薄い黄色い組織で
満たされています
これは虫に見えやすくするための色でもあります

植物全体を見た時に
まずこの黄色味を帯びた色が感じられるはずです

だから私は最初に黄色を下地として塗っているのです
それから表面に見えている青味がかった色を塗ります
下に塗った黄色が透けて見える事が大事です
上に塗った青の発色も良くする効果もあります

そんな風にして透明水彩の
透ける特性は植物を描くには不可欠なのです


[PR]
by Art-de-vivre | 2017-02-03 22:46 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(2)

緑の絵の具は使わない

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

ところで
私はミドリ色の絵の具を使いません

パレットには一応入れてありますけれどね・緑
これは赤と混ぜて
茶色を作ったりする時のために入れてあるのであって
植物を描く時には
全く使わないのです

本をお買い上げ頂いた方は
葉っぱを描くのに使っている色を見ればわかります

f0229759_17482917.jpg

ミドリ色の絵の具はどれも植物の緑を描くには
とても違和感がある色です
勿論他の色と混ぜて
思う色に近づけることはできますが
これはかなり遠回りで無駄なアプローチ

基本的に色は3色以上は混ぜません
それ以上は混ぜる意味が無いから

自然界に存在する色は
色相環の中から
3色だけ選べば大概の色は作ることが出来ます

緑の色はブルーとイエローの混色でできるもので
こちらのほうが鮮やかな美しい緑が得られます
また、植物の緑をよく観察すると
レッド系の色も見えます
アントシアニンの色です
なのでレッドも入れます
(続く)


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
by Art-de-vivre | 2017-02-01 17:49 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(5)

色が濁る人は・・・

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

色がどうしても濁ってしまう方は
いつまでも筆でいじってしまう人です

f0229759_02081680.jpg
乾きかけているところを
筆でいじったりすると
水分の無い絵の具がよれて
絵具の粉が乱れたまま乾燥じます

そうすると光が当たった時に
乱反射が起きて
濁った色に見えます

一旦さっと色を塗ったら
そのままいじらず乾かしてください

いじらず乾かすためには
綺麗に塗れている必要fがあります

綺麗に塗れていないといじりたくなるからです
ウェットオンウェットで綺麗に塗ってください

♡さっと塗って乾かす♡
♡乾きかけはいじらない♡
♡乾いてから塗り重ねる♡

を守って塗り重ねていくと
透明度のあるきれいな色に塗れます


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2017-01-28 02:09 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(0)

デッサンから始める

出版するにあたって

心配な事がいっぱいある

f0229759_17342872.jpg


こんなデッサンの工程など

全ての工程を写真で説明していくわけですが

こんなものを描くのでも 

とても時間がかかるので


「カメラマンさんの前でちゃちゃっと描いてくだされば

工程撮っていきますから~」

と言われても困る

こんな小さなモチーフでも一日かかります

…と説明してもあまり通じていない気がする

素敵なモチーフが目の前にないと描けません

…と説明してもあまり通じてない気がする




ただ単に私が心配性なのだあろうか???

いや、まさか!!!



読んだよ~の印にワンクリック→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
by Art-de-vivre | 2016-09-09 17:42 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(0)
さくらの枝を買いました

春が待ちきれませんね

f0229759_00461268.jpg

ボタニカルアートの描き方に少し戻りましょう

植物の観察を済ませて

構図が決まったらスケッチ をします

下書きのことです

さっさと描かねばなりません

切り花ですとすぐに枯れてしまいます

スケッチや下書き、下準備に使うお道具

f0229759_00554352.jpg

基本原寸大で描くので

そのままの大きさを写し取るために

定規で測ったりディバイダーを使ったり

スケールを使ったりすると正確かつスピーディーに描けます

もちろん写真でも押さえておかないと

後々この時のこの花の姿形と光は

記憶の片隅におしやられてしまいます

長時間に渡って細かく観察しながら描くには

ちゃんと観察できる現物も写真や調べた情報も

全て揃わないと描けません

そしてなるべく花を長持ちさせるための工夫は必要です

万が一枯れても捨てないで取っておけば

読み取れる情報は沢山あるのです


初心者の方はなるべく時間のかからないもの

動かないものから描きましょう




3月10日~16日「藤井紀子ボタニカルアート展」開催
ギャラリーコンセプト21(港区北青山3-15-16)
11時~7時(最終日3時まで)
f0229759_00170883.jpg


春はそこまで
1日1回ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ


[PR]
by Art-de-vivre | 2016-02-18 00:42 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(0)
今 寂しくなった我が家の庭で
沢山花をつけていた白万重です

f0229759_14343621.jpg


さて、構図についてさらに考えます
今度はもう少し大きな植物で構図を考えましょう

前回と前々回ご説明した通り描きたい花が決まったら
その花についての植物学的情報を調べます

その後よくモチーフを観察し見せるべきポイントを確認

そして構図を決めます

白い紙や額縁の手前にかざしてみたりして
素敵な角度を探します
その時同時にこんなポイントを
考えています


f0229759_15030379.jpg



何個かの花がある場合はメインの花が一番目立つように
花の序列がある時は
つぼみや種を見せ花に至る前後の様子がわかるように
雌蕊や雄蕊が見えるように
蕚の形かわかるように
葉の序列、付け根が見えるように
葉の表裏が見えるように
茎の様子がわかるように
茎の分岐の序列が見えるように
茎断面を見せるか見せないか
光を当てた時にできる陰影が造形として美しいか

等々言い出したらきりがないくらい
注意点はあります

沢山の情報が描き込まれていればいるほど
植物学的な観点からは良いのですが

全てを描かなくてはいけないということはありません
説明が優先してアートとしてのインパクトを失うこともあります

重要なのはその植物の特徴を良く知って描くということです
表現したい特徴を1点に絞って描いてもよいのです
逆に隠れた部分まで観察して説明したい時は
部分図や断面図や拡大図を描くこともあります
何処までどのように表現するかは全て自分自身で決めることです


f0229759_15222856.jpg
また画面の中の構成要素で重要なのは茎の流れです
その植物はどのように生えていたのか?
直立?風になびいて?垂れ下がって?
生えていたように自然な角度で絵の中に収めると良いでしょう

茎をどれだけ長く描くべきかとの質問がよくありますが
基本的な情報として
葉が対生か互生かなどが分かればよいので
3段~5段以上の葉を見せれれば十分で
それ以上葉を入れても同じ情報になるのであれば必要はありません
後は 花や葉のボリュームとのバランスで描く茎の長さを決めます
植物全体の高さを表現するために
折ったり切ったりして画面の中に収める場合もあります

個々の植物によって描くべき個性が違うので
結局のところ構図はその植物をよく知れば
おのずと見えてくるものです
そして、どの情報を重要と考えるかで
表現は変わります

次回は光の当て方と
紙の配置について
考えたいと思います


1日1回ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村

[PR]
by Art-de-vivre | 2015-11-17 15:23 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(0)
ボタニカルアートの定義がお分かりいただけて
モチーフの観察が終わりましたら
構図について考えましょう
構図はボタニカルアートをを仕上げる中で
最も重要な要因です


f0229759_01565925.jpg


植物全体の構図は次にお話しするとして

まず初心者の方は
小さなパーツから描いてみてください

葉一枚でもきちんと特徴が描かれていれば
その植物が何であるか特定は可能です


この写真の葉
植物に詳しい方ならキク科であることはすぐにわかるはず
大きな切れ込みが特徴的です
色はシルバーグリーン
ビロードのような毛でおおわれています
葉の裏はかなり白く
主脈・側脈の線が浮き出ています
切れ込みは片側5~6箇所
側脈は交互に出て
それぞれの脈に沿ってまた切れ込み(深裂があります
葉の付け根 葉腋部分から
はまた芽がでてきています
3枚の小さな葉が見えます
f0229759_01553910.jpg

まず、こんな風にモチーフを観察しながら
後ろに白い紙をあてがって
紙に描いた感じを想像してみます
動きのある絵にしたいのか?
それともシンメトリーに描きたいのか?

特徴を表すためにどこをどう見せるか?

答えは一つではありません

葉裏を見せるために表裏2つ描こう
反り返った葉のカーブが美しいし
厚みも表現できるから
斜めにしよう
2つの葉を少しだけ重ねて描くことにしてみよう
重ねることによって絵に
奥行きも出る
f0229759_01560969.jpg

…色々試しつつ
このような感じで大体の構図が決まっていきます

簡単に決めてしまわずに
魅力的な構図にたどり着いて
納得してから描くという癖をつけましょう

ちなみに今回の植物は白妙菊の葉でした
このようなすぐに枯れてしまわないものですと
写真も撮る必要がなく完成させることができます

小さなパーツを丁寧に描いて
成功体験を積んだら

徐々に全体を描いていきます
次回は全体の構図について考えましょう




秋の風だね・1日1回ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村




[PR]
by Art-de-vivre | 2015-11-12 02:07 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(2)
ボタニカルアートの描き方の続きです

さて、描き始める前に
ボタニカルアートって何?という話をしておきたいです

ボタニカルアートとただの綺麗な花の絵
の違いをご存知でしょうか?

ボタニカルアートが魅力的に見ええる理由の一つが
細密に描いているということです

何故細密に描くのか?

ボタニカルアートの最も重要な役割は
その植物の「種」を表すということです
f0229759_17594928.jpg

名もない植物なんてよく言われますが
すべての植物には学名があります

植物学的に分類されており
他の植物とは違った特徴を持っています

棘や産毛のような繊毛までその植物の特徴ですから
見える特徴を描こうとするとと細密にならざるを得ない
ということです

ただ植物を描いたものではない
植物の種を特定するだけの特徴が
描かれていることが重要です

そうやって植物学的に細部まで観察し
時には何年もの観察を経て表現された絵がボタニカルアートです

そしてボタニカルアートのもう一つの大きな役割は鑑賞です

もともと植物画は薬草などの分類という
必然から生まれてきたものですが
同時にアートとして鑑賞しようという
人々の自然な要求が付随し
現代ではアートとしての鑑賞価値も求められています

人の心を和ませ
うっとりとさせるほど美しく詳細な植物の絵

描いてみたいものです



秋の風だね・1日1回ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村



[PR]
by Art-de-vivre | 2015-11-06 18:03 | ボタニカルアートの描き方 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・様々なジャンルの作品・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre