ブーゲンビリアって?…

沖縄の花・植物と言えば
まず、ブーゲンビリア、ハイビスカス、デイゴなどなど

夫は「ブーゲンビリアってどんな花?」
とのたまうので
「こんだけリゾートに行っていて
そんなことも知らんのかい!」
とのけぞります


f0229759_21582426.jpg

左上から時計回りに
合歓の木・デイゴ・ブーゲンビリア・ハイビスカス


f0229759_23021881.jpg

最近通訳案内士の資格を取って研修中の夫は
昔と違って花の名前や特徴を素直に覚えようとしています

「ブーゲンビリアの花は真ん中の白い3本だよ
ピンク色の部分は花ではなくて苞なので
いつまでも枯れなくてきれいなんだよね~」
「へ~~~」


f0229759_23113856.jpg

富島では牛さんもハイビスカスでおしゃれに~




ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ





[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-24 01:22 | | Comments(0)

沖縄へ

娘が旅行をプレゼントしてくれました
沖縄に~
f0229759_01513737.jpg


久々の海
沖縄の海
色が全然違う!!

竹富島で
星砂を探す人々

あまり見つからないので
かえって病みつきになる


f0229759_01570205.jpg



ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-23 02:03 | | Comments(0)

ミモザの花は…

ミモザを今年も頂きました


f0229759_01553990.jpg

マメ科は空気中の窒素を取り込んで
養分を作る力があるので
どんな過酷な環境下でも
良く育ってしまいます

毎年怖いくらい大きく成長して
ついうっかり狭い場所に植えたりすると
困って切ってしまう方も多いのです



f0229759_01555009.jpg


ミモザの花の仕組みをご存知ですか?
ルーペで覗くと
長いめしべと
それを取り囲む沢山のおしべ
そのまた集合体で頭状花序となり
ポンポン状に見えるのです

初めの頃は花びらに包まれていたのですが
花弁は見えなくなってしまいます

ボタニカルアートに描く時は
この仕組みを描いてくださいね


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-20 02:11 | | Comments(0)
夫はふるさと納税を沢山しております
だから色々な物が届きます

最近届いたのは鹿児島県の志布志市からの
フランス料理の招待券

ひらまつの「サンス エサーブル」でした
f0229759_22204995.jpg

志布志市の特産の食材を使ったフレンチを提供しています

ひらまつはフランスで初めてミシュランンの星を獲得したレストラン
あれは2002年の事でした

日本人が初めてミシュランの星を取ったんだって!!
…とパリじゅう大騒ぎ

初めてひらまつでお食事した時は
余りのおいしさに感動しました

あれから14年 あれよあれよという間に
日本でひらまつグループは大きく成長
一昨年銀座のお店に伺ったら平松さんがいらして
ご挨拶してくださいました
すっかり白髪のおじさんになっていて年月を感じました

そんなことを懐かしく思い出しながら
丸ビル35階へ
平日なのに満席

とても気持ちの良い眺めで
皇居を展望

f0229759_22423873.jpg

アミューズブッシュはお肉のフライからです
f0229759_22224539.jpg
そしてもう一品のアミューズは
ごぼうや根セロリのサラダ


f0229759_00430523.jpg

そして前菜は志布志市からの天然ハモと
有機野菜、デコポンとレモンのソースと共に
f0229759_22194100.jpg

鹿児島県産薩摩黒豚のロティジャガイモのガレットと

f0229759_22194609.jpg

季節のキノコカルダモン香る焦がしオニオンのソース
グリオットチェリーのアクセント

f0229759_22323322.jpg


チーズはいつも頂いてしまいます
エポワス・ブリ ド モー・ポン ド ㇾベック

f0229759_22195114.jpg

ビスキュイショコラ
サツマイモと薩摩焼酎「晴天なり」のマリアージュ

f0229759_22195531.jpg
カフェと小菓子は
3段重箱に詰められて厳かに~

f0229759_22195555.jpg

f0229759_22195853.jpg

f0229759_22200357.jpg

f0229759_22431140.jpg
さすがはひらまつ
凄ーく美味しかったです

ひらまつグループの中でも
このサンスエサーブルはとても素敵なロケーション
平日のお昼はパワーランチのビジネスマンも多くて
活気がありました

35階からの眺めも素晴らしく
久しぶりにゆっくりとお食事出来ました~~



ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-18 01:50 | グルメ | Comments(0)

バラ色を入れる

そして 
マスキングを取って

バラ色を入れます
f0229759_21154923.jpg







ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★


JWS(日本透明水彩会)の展覧会は今年から案内状をお送りせず
代わりにメールマガジンをお送りするシステムとなりました
メールマガジンで先生方の講習や展覧会の情報などなど
色々なトピックスをお送りします
是非ご登録をお願いいたします。

今年の丸善での展覧会は4月19~25日
登録はこちらJWSのホームページから→
JWSメールマガジンと書いてあるところから
登録をクリック


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-15 01:53 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)

薔薇のある風景


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは
こちらから→★



今年も4月に行われるJWSの展覧会

今それに向けて絵を描いています

薔薇のある風景

これは私のずっと描いているテーマの一つです

まだ制作中

これからマスキングを取ってまだまだ描きます

f0229759_21124843.jpg

2年前に行ったジェルブロアの街

全ての建物の窓に薔薇が這わされていて

全く美しい!!

こんな村日本にもないかなあ
あったら是非住みたいでものです


f0229759_21375847.jpg



JWS(日本透明水彩会)の展覧会は今年から案内状をお送りせず
代わりにメールマガジンをお送りするシステムとなりました
メールマガジンで先生方の講習や展覧会の情報などなど
色々なトピックスをお送りします
是非ご登録をお願いいたします。

今年の丸善での展覧会は4月19~25日
登録はこちらJWSのホームページから→
JWSメールマガジンと書いてあるところから
登録をクリック


読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-12 01:00 | 花と風景の水彩画 | Comments(0)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは


久々にお友達と
展覧会帰りのランチに向かったのは
「Keisuke Matushima」
教えたくないけれど
さくっとリーズナブルなフレンチいただくならで此処です♫


f0229759_01365884.jpg


メニューのイラストも素敵
お皿はシャガール

f0229759_10583906.jpg

大きな窓から緑が見えて
素敵な白いクロスの
フランス料理・・・といえば
普通ランチで最低でも5000円はするでしょうが
こちらは何と2800円



f0229759_10590739.jpg


クオリティーの高いお料理と
竹下通りから数分のロケーションで
この静けさはとっても貴重



f0229759_10585064.jpg


シェフは南仏仕込みです

お写真は2月だから緑は無いけれど
初夏からは清々しい緑も目に美味しい~

f0229759_01360636.jpg


サクッと軽く展覧会帰りのランチにお勧め

平日も必ず予約して行きましょう

読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-09 11:04 | グルメ | Comments(0)

2017 ロビー展


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは

とてもささやかな
カルチャーの受付脇のスペースでの展示ですが
生徒さん達の日頃の力作が並びます

たまたまこの日作品をお持ち込みになった
4作品のみお写真を撮らせていただきまして
許可を得てアップいたします


f0229759_00235593.jpg

Nさんの作品
いつも額装に凝っていて
今回も渋くて素敵です~~
マットは柿渋を塗った和紙だそうです
ご自分でマットとを作っておられます


f0229759_00235743.jpg

Kさん男性
いつもながら力強い作品
根っこから先端まで
植物の全体の仕組みをきっちり説明
しようと試みておられます

f0229759_00235910.jpg
Mさん
とってもキュートで繊細な細密画
横長のレイアウトが生きた作品です


f0229759_00240111.jpg
同じくMさん
原種のシクラメンの造形の面白さ
うまく生かした魅力的な作品!
額装も良く考えてセンス良く

その他沢山の生徒さんの力作が並びます
お近くまでお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ

3月8日~21日まで池袋東武カルチャー5階受付横
9時~18時




読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-06 00:25 | ボタニカルアート | Comments(0)

ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みは




f0229759_00404282.jpg


皆様にお買い求めいただいております
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンはじめ各書店にて好評販売中ですが
ここで訂正でございます

実はこの訂正
間違っていると気づくのは私だけなので
(おかしいと思っていた方は凄い!)
心にしまっておこうと思っていたのですが
やはりお伝えしておいた方が良いと思いました

何故なら真似して描いてしまう方がいらっしゃる
そうなると大変申し訳ないのでね


f0229759_00290950.jpg


P62のデッサン(写真左)がコントラストが無く
グレーののっぺりになって印刷されてしまっているという訳で
実際の原画は右のようなものです

これはレッスンで生徒さんに描いてもらっているものなのですが
本を見ないように自分で実際の物を見て描いてね
と言って描いていただくのですが
やはり見てしまうのですよね
この間違った印刷のページを~

そして全く明るい部分の無いデッサンを描いてきてしまう!!
本を見ちゃったのね!となるわけです

これを印刷した方が悪いので
皆さんは是非実際の物を見て
光と陰が織りなすコントラストについて
考えて描いてくださいね!!

何度もコントラストがおかしいから直してくださいと
校正段階で伝えたのにもかかわらず
最後の最後まで修正されず印刷されてしまっており
「ガ~~~ン」だったのですが
回収するわけにもいかず

本が再版時には修正予定ですが
初版をお買い求めになった方には申し訳ございません

読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-04 00:32 | フォト&エッセイ | Comments(0)
本日よりワークショップお申し込み開始いたしました~
お早めにどうぞ

お申し込みになられた方にはまずお返事を差し上げております。
一両日中に返事の来なかった方はもう一度トライしてみて下さい。


f0229759_16052963.jpg

ワークショップのお知らせです。

東京で開催してご好評いただきました
「ウェットオンウェットで描くパンジー」
そして、水彩静物画のワークショップが
大阪と名古屋に参ります!

私の加入している水彩画グループJWS(日本透明水彩会)が
大阪展を初めて開催することになりました。
その会場にてボタニカル講習も同時開催!
よって講習費もJWSで足並みそろえて決まっており、
東京でのワークショップより低料金にて受講いただけます。
この機会に関西地方の皆様ぜひお越しくださいませ!

大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月17日(水)13:00~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5000円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com




f0229759_01265829.jpg


大阪会場:江之子島文化芸術創造センター(西区江之子島)
5月18日(木)10;00~13:00水彩静物画「ワインとブドウ」
レッスン料 5000円
先生の段階的なデモに従ってステップバイステップで描いていきましょう。
こちら宛にメールでお申し込みください→mogura5507@aol.com

f0229759_01263996.jpg


名古屋会場:セントラル画材 (ホームページhttp://www.central-gazai.co.jp/
5月19日(金)13:00~16:30ボタニカルアート「パンジーを描く」
レッスン料 5400円
ウェットオンウェットの塗り方をマスターしてパンジーを描く練習をしましょう。
植物観察・ボタニカルアートの描き方基本などの解説も致します。
先生の作品を見本に模写する形でレッスンいたします。
こちら宛にメールでお申し込みください→nishimura@central-gazai.co.jp

f0229759_01265829.jpg

お申し込みは3月1日からです。
お申し込みになられた方に当日の持ち物等の詳細ご案内をいたします。
お道具はボタニカルアートや水彩画をされていらっしゃる方なら
基本お持ちのもので大丈夫です。
水彩画の経験がおありの方ならどなたでもお申込みいただけます。

各クラス20名程度

●大阪ワークショップのお申し込み先
mogura5507@aol.com

●名古屋ワークショップのお申し込み先
nishimura@central-gazai.co.jp

ワークショップ希望と書いて
お名前、ご住所、携帯番号を添えて
大阪・名古屋それぞれの申し込み先にメールでお申し込みください。
大阪は17日のボタニカルか、18日の静物画か明記してください。

ご質問等のお問い合わせもメールにてどうぞ。

また、先にお話ししたJWSのホームページがリニューアルされました
昨年までと違ってメールマガジンをお送りして
定期的に会の催しや講座等をご案内するシステムに変わりましたので
是非、ご登録のほうお願いいたします!


今年のJWS東京展 (4/19~25)丸の内オアゾ
大阪展(5/16~21)江之子島文化芸術創造センター

****************
読んだよ~の印にワンクリックお願いです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
















[PR]
# by Art-de-vivre | 2017-03-01 16:09 | レッスンお知らせ | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・様々なジャンルの作品・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre