美しき水彩画 吉田博 展

またもや伊藤若冲に続く
海外で高い評価を受けていた
こんな人がいたのか!
f0229759_23140415.jpg




と思わせるのが ダイアナ妃もコレクション
していたことで有名なこの吉田博という人

黒田清輝と闘った細密な水彩画は
海外で高い評価を受け
その後この時代によくこんな所までと
感心するくらい旅に旅を重ね
世界の名勝を訪れて
制作に没頭しています

中でも独自の版画スタイルを模索し
同じ版木で色を変え朝昼夜と刷り分けたものは見事です

高い完成度を追及して諦めない心
技術的に上手いのは当たり前
独自性がなければ芸術ではないとばかりに
誰もやっていないことにチャレンジする精神は
見習うべきところばかりです

私は前期展を見ましたが、後期展も8月27日まで開催しています


ボタニカルアートの決定版
「自分時間を楽しむ花の細密画」
アマゾンよりお申し込みはこちらから→★


クリックでランキングアップになります
ご協力していただけると嬉しいです→にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ




[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/28052540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 夏実 at 2017-08-16 15:12 x
吉田博は仕事でよく扱います。
飾っていると焼けてしまうんですよね~。
シミ抜きや焼け抜きが多いです。
素敵な絵ですよ。
確かダイアナ姫も集めていたような。
Commented by Art-de-vivre at 2017-08-17 13:40
夏美様

そうです。
ダイアナ妃ご本人が
購入して執事室の壁に飾られていました。
油絵や版画の修復は想像がつきますが、
水彩画の修復って大変そう!
水の力で描かれた偶然の着色だからねえ
日焼けを元に戻すなんて
時間を逆行させるってことだから、
凄い事ですね。
by Art-de-vivre | 2017-08-16 01:06 | ●日々の生活の話 | Trackback | Comments(2)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre