フランス・イギリスガーデン旅~ライ・レ・ローズ

長らく欧州に足を運んでいませんでしたので
なんとなくヨーロッパの風に吹かれたくなりました
いつもの添乗員であるうちの夫は
さすがにこの時期はお休みなど取れません

そこでチョコチョコ検索
フランス・イギリスの行きたいと思っていたガーデンが
たくさん詰まったツアー発見

ちょっと長いけれどこれにしよう
とりあえず申し込んだのは3月の事

それは大野耕生さんの案内してくださるツアーでした
大野さんとは面識がないのでどのような方かも存じ上げずでしたが
兎に角ヨーロッパの風に吹かれて花々に遭いたい一心
後は何とかなるでしょう

そしてあっという間に出発日が来てしまい
気が付くと6月のある日
シャルルドゴールに降り立っておりました~~~

パリに着いてまず最初に尋ねたのはこちら
「ライ・レ・ローズ」

フェンスに絡まるのはオールドローズ アレキサンドルジロー


f0229759_00290707.jpg

パリ郊外のオールドローズコレクションで有名なガーデンです
ただ単にコレクションというよりは
学術的な意味合いからいろいろな場所の
重要な品種を保存するという役割を担っている場所ですので
オールドローズ好きには聖地のような場所です


f0229759_00500364.jpg



元々はパリの百貨店ボンマルシェの従業員だった男性
Jules Gravereauxが48歳で始めた
薔薇コレクションがもとになっています


f0229759_00295600.jpg


スタッフが 日本には感謝していますと何度も言うのですが
それは このロサルキアエ(テリハノイバラ)やロサムルチフローラが
ランブラ系ーやポリアンサ系の元となったから


f0229759_00302666.jpg


コンパニオンプランツである花は植わっていませんから
バラだけに専念できる場所です

つい先日も日本のテレビクルーが来たとか
BSだとは言っていたけれど何処の局だったか・・・



f0229759_00300202.jpg


この辺一帯がL'Hay les Rosesという街です
私は3度目の訪問でした
今回はちょっとだけ咲き進んでいたかな?
フランスもかなり暑かったようです


梅雨もまた良し
ポチっと応援よろしくね~~~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村


[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/24162783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Art-de-vivre | 2015-06-22 00:56 | | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre