フランスの思い出3

日本からいらしたフラワーアレンジメントの先生方に

パリで一番好きなお花屋さんをご案内しようとお連れしたところ

そのお店は閉店してしまっていたということがありました 


お客様にお見せできなくて残念と同時に 

とても好きだったそのお店の存在が無くなったことにショックを受けました

残されたのはi以前に撮っていたこの写真だけ

f0229759_23494899.jpg

そのお店のショーウィンドウのバラがとても大きくて丸くて

日本ではこんな素晴らしい品種の切り花は無いと驚いて撮ったものです

今思えば シャクヤクだったのかもしれません

背後の街並みや空(ついでに自分)も映り込んでいて懐かしい写真です



このことがあってから

それまであまり写真を撮っていなかった私も

写真を撮り始めました

今の瞬間はずっと続かない すぐに変化し 多くは無くなっていくもの

写真があれば その時の感情さえリアルに蘇ります


写真ばかり撮っている人を呆れていた時期もあったのに

今はどんな写真も撮っておいて本当に良かったと思っています




今年もポチっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村





[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/23657971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Art-de-vivre | 2015-02-11 23:18 | フランスの話 | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre