ボタニカルアート・栗

子供が小さい頃 栗拾いに出かけました

「わーい!たくさん落ちているぅ~」

と、テンションマックスで拾い始めたところ

「痛ーーーっ」と 飛び上がった私

クリを拾おうと勢いよくしゃがみ込んだお尻の下にイガがありまして

お尻にイガが突き刺さったのです

お尻押さえて走り回る私にパパと娘は抱腹絶倒

・・・そんな痛い思い出しかない栗・・・

一生描かないと思っていましたが

丹波ぐりを頂きましたので 勇気を出して描いてみることに

f0229759_2129382.jpg


マスキングを使いましたが イガの針が細くなりすぎて上手くは描けなかったかな

技法は簡単でも表現は・・・難しいものですね

栗の実は 透明水彩で描くにはうってつけです

色を重ねてもなお下に塗った色の効果が出せるのは透明水彩ならではです

f0229759_13195623.jpg


クラスのレッスンの時にデモンストレーションして披露しましょう


秋を満喫!ぽちっと応援いただけると嬉しいです~
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/20645029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Art-de-vivre | 2013-10-21 13:23 | ボタニカルアート | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre