イギリスの水彩画

昨年末に開催された「巨匠たちの英国水彩画展」には
最終日に駆け込みました

マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵の
70名もの作家達の作品

何度かイギリスを訪れるたびに
イギリスの水彩画が見たいと思い
ロンドンを中心に様々な美術館を訪ね歩きましたが
一度にこれほど大量の水彩画を見れるところはありませんでした
f0229759_022353.jpg

美しい透明水彩の輝きは年月を経てもなお変わらず
霞のような遠景から浮き出る鮮やかな近景
空気の層を感じる風景画の美しいこと

買って帰った図録の色合いはたまらないものでした

・・・英国の色・・水彩の色・・・

ページを開いて、そっとパンジーを載せてみたら
まるで絵の中に描かれているかのように溶け込んで見えました
f0229759_2223119.jpg

やっぱり・・・

だから私はパンジーやビオラが好きなのだわ
f0229759_0121090.jpg

微妙に移り変わり・混じり合い・そして影響し合う色
その絶妙感がたまりません
f0229759_016155.jpg

まるで水彩絵の具を垂らしこんで出来た花のようです
f0229759_010347.jpg



ぽちっと応援いただけると嬉しいです~。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/18707678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Art-de-vivre | 2013-03-02 00:30 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre