第14回国際薔薇とガーデニングショー

今年も薔薇とガーデニングショーに行ってきました
f0229759_16314275.jpg

同じ埼玉なのにどうしてこんなに遠いのか・・・
あー時間がもったいない
まだ絵を全然仕上げていないのに・・なんて
いつも行きの電車の中でくよくよしています

。。。が、着いた途端忘れますね、そんな事は~

f0229759_129039.jpg
やっぱり来て良かった~
こんなにたくさんの品種がいっぺんに見れて買えるのです
脇役のお花まで全てベストコンディションで盛ってくれています
f0229759_12979.jpg

皆のお目当てはやはり自分のお庭に迎え入れる新しい仲間の品定め
散々眺め、ランチに舌鼓を打っている間に何となく決め打ちをして
あとはナーセリーコーナーに突撃してお目当てのものをゲットして帰る
というパターンでしょうか?

今年の展示は育種家の方々にスポットライトをあてておりましたので
とても興味深く拝見しました

前評判で河本純子さんのル・ブランやキムタクこと木村卓功さんのモン・クールが見たい!
と思っていました

ル・ブランは本当にエレガントで美しい白です
f0229759_1394817.jpg

ちょっとこの写真は白すぎ?
ル・ブランだけモノクローム写真のように写っています

モン・クールはあっと驚く小ささでした
f0229759_139334.jpg

ありがちな事なんですが アップで撮られた写真しか見ていなかったので
もっと大きな花かと勝手に思っていました
オールドローズよりもっと小さいかも
直径4センチくらいかな・・・カップの中はびっしりと花弁が詰まっていて
散る時はさぞかしお掃除が大変だろうな^^;

その他もフランスのメイアン社、デルバール、ドリュ、ギョーなど
各育種会社ごとの展示でとても分り易かった
f0229759_1404053.jpg
誰かが薔薇の流行はイギリスからフランスに移行したなんてささやいていました

カップ咲きが好きなので我が家の薔薇はまだイングリッシュローズばかりです
日本のミサキやトットちゃん、ストロベリーマカロンなど素敵だなーと思うのですが
日本作出はまだ買ったことがありません

2010年に作られた小川宏さんのストロベリーマカロンは
コロコロキュートな薔薇のイメージにぴったりのネーミング
とにかくこの薔薇の前に来ると一人残らず心をわしづかみにされ
カワイイ!!と叫んでしまいます
f0229759_10122135.jpg


コルデスのツル薔薇ボニーも可憐な愛らしさ
f0229759_10135765.jpg


最後に私は白いツル薔薇ソンブレイユをゲット
半日陰でもよく育つ四季咲きです
そして四国と九州の山アジサイもゲット
春日井園芸さんの新作クレマチス・レディーキョウコに一目ぼれしましたが
こちらは様子見で購入せず

ああ、もっといっぱい買いたーい!
でも庭が狭ーい!

庭から追い出される植物があったら可哀そうですものね
様子を見ながら少しづつお気に入りを増やします


春爛漫! ポチっと応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 静物写真・テーブルフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/17555966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by time2009 at 2012-05-19 08:58
今年も行かれたのですね~
ワタクシも予定はしていましたが
オープン前にそちらに行く用事があり二度の東京入りは無理と
諦めました 涙。。。
素敵な写真と丁寧な解説で行った気に・・
モン・クールはカップの中に詰った花びらが素敵ですね

只今、懲りずに素敵なオールドは無いかと検索中です^^;
Commented by Art-de-vivre at 2012-05-19 09:50
ポットママ様
神奈川まではいらしていたのね
お泊りすればよかったのにぃぃぃ
いつも今年はやめとこうと思うのですが
私はまだ知識不足なもので行ってみました
行ったら行ったでパラダイスです~^^
結論、やっぱオールドローズがいいです
by Art-de-vivre | 2012-05-19 01:53 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(2)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre