ルドゥーテ展

ルドゥーテ「美花展」が東急文化村で開催されています
ちょうど今薔薇を描いている最中ですから見てまいりました

海外ではコンディションが悪いものも多く
また、本場の様に思われているフランスでは
ルドゥーテの展覧会などありませんでしたから
結局あまり作品を見かけたことはありません
日本が一番状態の良いものが一度にたくさん見れるようですね
f0229759_137225.jpg

1800年代に制作されて、今もこの人気を誇る完成度の高さ
気の遠くなるようなスティップルという点刻彫版法のお陰ですが
さらにその上から手彩色を施すという念の入れようには
恐れ入りすぎて私など消えて無くなりたい感じです

それにしてもルドゥテの描いた薔薇はすべて
現代薔薇のご先祖様にあたるオールドローズというわけですから
写真のないこの時代、よくぞ描いておいてくれましたよね~
徳川家康とか、聖徳太子の肖像みたいなもので
あると無いでは大違い(ちょと違う?)

f0229759_1295373.jpg


会場にはパフューマリー・ケミストによる
ティーローズとダマスクの香りが仕掛けてあったらしい
・・・というのも、あまりはっきりと感じなかった私
でもお連れは、あ~~いい香りだわ!と叫んでましたから
判る人にはわかる
年寄りは嗅覚も衰えるとか・・・うるさいっ
食べ物には敏感なのにー^@^;

ランチは自然にカフェ・ドゥーマゴという流れになります
イギリス人ガーデンデザイナーマークチャップマンさんによる
プランターガーデンのお花を眺めながら、まったり~

f0229759_1301450.jpg


ところでこの花火の様なお花は何かしら?
どなたかご存知の方教えて下さいまし*.*


ご訪問有難うございます
ポチっと応援宜しくお願いします!!
にほんブログ村 写真ブログ 静物写真・テーブルフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 静物・植物画へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/16090364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by art-de-vivre | 2011-06-07 01:43 | フォト&エッセイ | Trackback | Comments(0)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre