ピッツバーグ・ハント植物画展の旅最終日

f0229759_11482272.jpg



最終日の4日目は1日中Vellumという皮紙に絵を描くレッスンを受けました
大昔紙の無い頃はこの動物の上質皮紙が使用されていました
海外ではこのベラム紙に描くのがシックで好まれています
透光性があり、滑らかなので柔らかい表現ができます



f0229759_1165534.jpg
さて、これでレッスンも全て終わりました
最後はサイレントオークションというイベントがありました
持ち寄った物(絵や本等)を時間制限内に紙に値段を書いてせり落とすというものです
日本では手に入りにくい貴重本や素敵なものがあって
私も3点ほど入札しましたが、買えたのは1点のみでした


f0229759_1141832.jpg
その後は全員で晩さん会
ボタニカル協会の新役員たちの挨拶などで盛大にこのカンファレンスが終了しました


最後になりましたが、今回の入賞作は立派な本になりましたので
私もハントとニューヨークのInternational Exhibitionの本2冊に3作品載せてていただきました
f0229759_118781.jpg

そして嬉しい事に
ニューヨークの2点のうちチューリップの方は
アーサスブックアワードという賞をいただきました
予期していなかっただけに嬉しかったです
有難うございました
f0229759_1191221.jpg


久々のアメリカは、人も自然も大変心地良く、素敵な旅となりました
アメリカ人も日本人も、お世話になった皆さんに感謝感謝です
[PR]
トラックバックURL : http://botaniqart.exblog.jp/tb/14729407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なつ at 2010-10-05 20:26 x
こんにちは!
誰だか分かりますでしょうか?
レッスン前からメールがウルサイ(笑)ハイテンション女子です^^;
チューリップ素晴らしいです!!!
ボタニカルは同じ植物を描いても、その方の個性が実に光って、
先生の作品は、優しさに溢れた、本当に美しい絵です。
絵の中に埋もれていたいです(人´▽`*)。°

昨日は花弁とガクを描きました。
今日はブルーのバラを描いています。ブルー・ムーンという、素晴らしい香りの花です。

Commented by art-de-vivre at 2010-10-05 22:33
こんにちはなつさん

すごいですね本当に毎日描いていらっしゃるから
腕が上がったと思います
それに比べて私は雑用に追われ・・・ているふりをして
何も描いていないんです!

なつさんを見習わなきゃ(汗)
by art-de-vivre | 2010-10-05 11:19 | ●ボタニカルアート作品いろいろ | Trackback | Comments(2)

爽やかな風・光・緑を感じながら描くボタニカルアート・風景画・そしてフランス四方山話などなど


by Art-de-vivre